5月病の原因と対策・新入社員の対処の仕方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月病の原因と対策を考える!

5月病は一般的に、新人社員新入生など4月からの新しい環境に適応できないことに起因する精神不安定な状態を表します。これは、4月における新年度への期待や意欲また緊張感がゴールデンウィーク期間中にそがれ、体や心の不調を発症する無気力な状態になることで、5月病といわれるようです。


Sponsored Link



色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...
心の病・うつ病で処方される薬(医薬品)【病院でもらう薬の解説】
心の病・ストレスの薬 《8種の医薬品の解説》 憂うつな気分や意欲・集中力の低下、倦怠感などの身体症状がみられる『うつ症状』など心の病に...

正式な病名ではない5月病

5月病は、環境の変化についていけない精神疾患としてとして医学的には考えているようです。

体調の異変が続くようなら病院で受診することをお勧めします。ただ本人が精神疾患とは思わず、単なる体調不良と判断してしまうケースも多くあるので、まわりの人が気づいてあげることも大事です。

5月病になりやすい人は?

真面目すぎる人頑張りすぎる人は、要注意です。また、発症の原因ほとんどは、社内の人間関係によるものと考えられます。

5月病の対処法

五月病は、几帳面な人真面目な人頑張りやの人、などなど一見、世間評価の高い人ほど、かかりやすい病です。でも、この出来上がったすばらしい性格を無理に変えようとしないでください。症状が、なんとなくやる気が出ないなど軽症の場合、5月病は一時の病と考え、職場では、早く自分の立ち位置を(やるべきこと・得意なこと)確保すること、またよく話せる同僚や先輩を見つけることが、大事です。


Sponsored Link


5月病の予防

  • コミニュケーションでストレス軽減
  • 食事に気を使う(栄養バランス)
  • 質の良い睡眠
  • 休日はリラックス(仕事のことは考えない)

一般的には、上記のようなことが言われていますが、持って生まれた性格・生活環境など、難しい場合があります。

五月病対策として、確実な方法はありません。ただ、発症前に周りが気遣う事(言葉を交わす)によって、かなり予防効果はあるようです。特に職場内の上司、先輩方の気遣いの言葉が重要です。

新入社員を迎えた職場の先輩方へ

真面目・几帳面・頑張りや・などちょっと堅苦しい新入社員がこの五月を乗り越えることができたなら、必ず必要な人材となることは間違いないでしょう。たまには怒鳴って怒ることもあるでしょうが、やさしくフォローすることが五月病予防には一番の薬です

五月病の原因と対策のまとめ

「五月病」の画像検索結果この記事を読んでいるとしたら少し落ち込んでいるのかな?新しい環境・仕事・人間関係など考えただけで憂鬱な気持ちになるのは、まじめに生きている証拠です。ただ、そのまじめさがギリギリの精神状態まで頑張ってしまい、大きく心を壊してしまう場合があります。そうなる前に病院での受診をお勧めします。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。