7月1日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月1日生まれの人は、とても繊細なタイプ。有能かつ臨機応変で、同時に素直でもあります。我慢強く傷つきやすい心の持ち主ですが、権力、不正、抑圧などに立ち向かい、最後には勝利を収めることのできる人です。


Sponsored Link


7月1日生まれ 特徴

【魂の解放者】

自分で自分を苦しめてしまう癖があります。くよくよ考えすぎて、なかなか前進できないようです。否定的な思考回路にはまりこむと危険。どうにかして気分転換をはかることが必要です。ショック療法もいいでしょう。そうすれば、ふと我に返り、前向きな考えが湧いてきて、もう一歩成長できます。人間的に成長すれば積極性が身について、自ら進んで人の役に立とうと思うようになり、社会的に成功を収めることもでき、家庭や恋愛もうまくいくでしょう。

なかには、いったん自分の殻を破ってしまうと非常に外交的になり、積極的に人生を楽しもうとする人もいます。そのレベルまで達すれば、残りの人生は魂の開放を祝うお祭りのようなものです。

【長 所】

  • 人間性に深みがある
  • 気前がいい
  • 決然としている

【短 所】

  • トラブルに巻き込まれやすい
  • すぐに落ちこむ
  • くよくよする

心理/性格

底知れぬ深みのある人です。複雑な性格の持ち主で、心の奥に自分の世界をしっかりともっています。その反面、人との関わりをとても大切にし、自分のことは二の次にして人のために尽くします。ですから、もらうよりも与える方を好みます。

男女を問わず憂うつな気分になりがちです。往々にしてそんな性格が最悪の敵になる場合もあります。仕事が順調なときも、人に遅れをとるのでは、家庭がうまくいかなくなるのでは、などという不安が常につきまといます。親しい人やグループに対して、心と裏腹な態度を見せがち。時には自分自身に対してひねくれてしまうことも。

包容力があって、人の気持ちがよくわかるので、話の分かる頼れる友人と見られていることが多いでしょう。しかし、自分が悩んでいるときは全くダメで、そんなときは人のことなど考えられません。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

Sponsored Link


健康について

あまり体力に恵まれているわけではありません。優雅にさまざまな活動を楽しんでいるように見えて、享楽と禁欲の間を行ったり来たりしています。最も健康によくないのが、憂うつ。カウンセリングが必要になるかもしれません。たまには友人や、親身になってくれるカウンセラーかセラピストに本音を語ることが助けになります。

少々変わった、あるいは極端な食習慣をもつ人が多いようです。過食と拒食を繰り返すなど、食生活が不健康になりやすいので、できるだけ若いうちに少しずつ改めていくことが肝心です。

7月1日 生まれの方へ

深遠なものでも難解とは限りません。洞察力を見につけたら、世の中に足を踏み出しましょう。1人で立つことを恐れてはいけません。力になってくれる人や友人が必ず現れます。与えるだけでなく、受け取ることも覚えてください。人から、いいようにあしらわれないよう注意してください。

【瞑想の言葉】

小さいものもあれば、大きいものもある。それが世の常。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。