7月4日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月4日生まれの人は、誇りにできるような集団の代表者となることに深い満足を覚えるタイプ。例えば、地域集団、民族集団、政治団体、経済団体、社交界など、さまざまなものが考えられます。また、ルーツをとても大切にしていて、生まれ故郷をけっして忘れず、そればかりか周囲の人々にも覚えていてもらいたがります。


Sponsored Link


7月4日生まれ 特徴

【思いやり深い統率者】

自分のためだけの活動では心が満たされませんが、世のため人のためなら喜んで頑張ることができる人です。とはいえ、一人きりで働いたり、すごしたりするのを嫌がるわけではありません。何らかの計画を練り、段取りを決め、じっくりと一人で考えた成果は、より大きな社会の枠組みのなかで生かすことができる才能をもっています。

【長 所】

  • 誠実
  • 気前がいい
  • 誇り高い

【短 所】

  • 利己的
  • 偏見をもちやすい
  • こだわりすぎる

心理/性格

成人に達すると、ある時点で何らかの集団と強いつながりをもつようになります。そして、リーダーを目指すか、グループの一員としてその集団のために尽くすか、どちらのケースも考えられます。いずれにせよ、新たな天地を得た人はそれまでの経歴から身につけたものを自信満々で披露するでしょう。

定期的に家族で集まることをとても大切に考えます。「正邪は問わず祖国第一」といった、やみくもな愛国心とまではいかなくても、国をよくしたいという願いや、建設的な批評眼をもつ人が多いです。

人の気持ちを察する才能に恵まれており、他人の胸の内にある思いを感じとるのが上手です。しかし、やたらと感情移入して個人の領域に、ずかずか踏み込むことはせず、客観的な立場を守ります。

普通の人とは違う、際立った特質をもっています。そういった特質は、肉体的なものであっても、内面的なものであっても、まわりの人々が、すぐそれと気づく場合もありますが、本当に親しい人にしかわからない場合もります。

実体は違うのに、表面的に単純なタイプに見えることが多いです。これは、自分の人間らしい矛盾した感情を否定したり、抑えたりすることが多いためです。そして、そんな矛盾を抱えていたら、世の中の役に立てないと思っています。


Sponsored Link


色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

健康について

無理な計画を立てて体を酷使しないこと。グループの長という意識から、感情を抑え、個人的な問題に見て見ぬふりをしがちです。これが健康に悪影響を及ぼすこともあります。食べ物にはなるべく気を配り、新鮮な果物、野菜、穀類をバランスよく摂りましょう。思いついた時だけ運動するよりも、規則正しく、少々激しい運動をすることをおすすめします。できれば、チームスポーツが最適です。

7月4日 生まれの方へ

所属している集団の社会的地位をむやみに信じないこと。常に客観的に批判する余裕をもつようにしてください。いつも、いい顔ばかりしなように。ときには個人としてふるまったり、自分のことを考えたりしてもいいということをお忘れなく。

【瞑想の言葉】

すべての物事にはそれぞれに価値があり、重要性の序列はつけられない。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。