7月7日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月7日生まれの人は、自分や他人が胸の内に秘めている夢、感情、思いを白日のもとにさらしたい、暴きたてたいとの思いに駆られがちです。自己顕示欲が旺盛な人と取られがちですが、悪い意味ではありません。自分を大いにさらけ出すことで、人に影響を与え、ときには、誰かを何かに開眼させることもあります。


Sponsored Link


7月7日生まれ 特徴

【隠しごとのできない空想家】

職場や家庭、友達付き合いなどを、うまくまとめるのが得意です。かなりの変人と思われる場合もありそうですが、その奇抜に見える考えや努力が功を奏することが多々あります。深層心理にもよく精通していて、人間にありがちな心の底のひねくれた部分を理解できます。また、変わったもの、意外なことなどには、そう簡単に動じません。

【長 所】

  • クリエイティブ
  • 真実を重んじる
  • 想像力に富む

【短 所】

  • 気むずかしい
  • 周囲の平穏をかき乱す

心理/性格

どんな経歴の持ち主であれ、そのほうが話が早いと思って、心の内を包み隠さず話したがります。そして、こちらが胸の内をこんなにさらけだしているのだから、相手も同じことをするのに不都合はあるまいと考えます。ですから、困ったことに、他人の問題に干渉したり、自分にかかわりのないことに口を出したりして、ひんしゅくを買ってしまう場合もありそうです。

私生活についてあまりオープンにしません。自分の考えや意見は腹蔵なく語っても、身内の恥には口をつぐみます。ですから、語るのは主に行動ではなく、思考についてです。それも、夢、空想、人間らしい感情をめぐることが多いはずです。

たまに神経をとがらせたり尊大になったりすることもありますが、自分より強い人間に対して、ひるんでしまう場合があります。特に仕事の出来について咎められると、うろたえてしまいます。その混乱が後に怒りや憤りにかわり、自分の殻に閉じこもってしまうことになりかねません。人に誤解されたと思って、くよくよする癖は克服したほうがいいでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

Sponsored Link


健康について

きつい仕事を任されたり、出しゃばり過ぎると批判されたりと、緊張することが多いため、ストレスを軽減するよう心がけましょう。心臓、血圧、胃の異常には要注意です。医師の診断を定期的に受けることをおすすめします。

安全な避難場所を夢見ていることが多いのですが、それには安心できるしっかりした家庭を築くのがベストです。定期的な運動はさほど重要ではないので、無理しないこと。それよりも、キッチンに入って思う存分、料理したり食べたりするといいでしょう。

7月7日 生まれの方へ

自分を包み隠さずさらけ出すことが、必ずしも歓迎されるとは限りません。相手の身になって考えるようにしてください。思い描いた夢には忠実に、努力を惜しまず、世間に背を向けられても、くじけないでください。そのうち分かってもらえる時が来ます。

【瞑想の言葉】

絵画は空間、音楽は時間を表現するもの。しかし、絵画の鑑賞には時間が、音楽の概念には空間が必要。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。