7月14日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月14日生まれの人は、人を納得させるのが得意です。気取らない態度で人を惹きつけ、率直で信頼できるというイメージを抱かせ、必ず信頼を勝ち取ってしまいます。他人には、控えめ、あるいは個性に乏しいという印象を与えがちですが、客観的なものの見方や余裕のある物腰で、見事なほど信用に足る相手と思わせます。専門技術や特殊技術をもったり、事業をてがけたりすると力を発揮します。


Sponsored Link


7月14日生まれ 特徴

【説得力に富んだストーリーテラー】

話がうまく相手を無意識のうちにその気にさせる説得力があるので、聞く人は思わず引き込まれ、納得させられてしまいます。ただし、説得する内容によっては、なかなか真意を分かってもらず、疑いの目を向けられることもありそうです。

【長 所】

  • 人の心を捉える
  • 説得力がある
  • 性的魅力がある

【短 所】

  • 人を惑わす
  • 当てにならない
  • 人を操りたがる

心理/性格

魅力的で自身にあふれ、普段はユーモアを忘れない人ですが、ときにはひどく落ち込んでしまうことがあります。これには、一見はっきりした理由がない場合が多いようですが、この少々悲しげに落ち込む雰囲気を漂わせることで、人を惹きつけてしまうようです。しかし、完全に一人になると自分の内面の奥深くに沈み込み、その姿は普段の外見からは想像もできない姿になります。常に魂の闇に目を向けていて、その傾向は生涯を通じて変わらないようです。

周囲の人から称賛され、発言を重視されがちなので、人に意見やアドバイスをするときは誠意をもって、その内容に気をつけなければなりません。フィクションをファンタジーと混同しないよう注意してください。親しみやすい人柄なので、その気になれば大勢の人々を説得し、誤った方向へ導くことも簡単にできます。その魅力ある力を誤用して危険人物とならないよう注意してください。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

Sponsored Link


健康について

病気との関わり方が少々変わっています。自分や他人を癒すこともできる一方、ときどき自分から病に身をゆだねるという場合もあります。これは、精神の奥深くでなされる悪魔祓いの儀式のようなものなので、病気のように見えても、実は再生の過程にある状態です。つまり、人間的成長のために、いったん落ち込むのが必要という稀有なタイプです。

消化器系、呼吸器系、皮膚の慢性病には注意してください。身体の病は精神力では治りません。食生活が偏りがちになるので、バランスのよい食事と運動を心がけてください。何らかの症状が出た場合、自己判断せず適切な治療を早く受けるようにしてください。

7月14日 生まれの方へ

人を惹きつける力を自覚し、建設的な使い方をしてください。人にどんな影響を与えるかに人間性が現れます。心の闇を見つめることで成長する場合もあるとはいえ、あまりに深く考えすぎて、希望の光を見失わないようにしてください。

【瞑想の言葉】

周囲で起こることのすべてが自分。他に考えることはない

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。