7月18日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月18日生まれの人は、自分の所属している集団の意見をまとめ、具体的な形にして明確に示すことのできる人です。ですから、代弁者として社会的な問題と関わる場合も多いようです。実際に積極的な政治活動をしているかどうかに関わらず、はっきりした価値観、倫理観をもっていて、それを自分の生き方であらわそうとする人です。


Sponsored Link


7月18日生まれ 特徴

【信念と改革の人】

抜群の理解力に加え、改革を成し遂げるパワーをもっているので、小さな集団から大きな組織に至るまで、代表者となるには理想的なタイプです。何らかの集団のシンボル的存在になることもあります。ただし、集団から切り離されるとひどく不安になり、信念が揺らぎ自信喪失になる場合があります。ですから、家族や同僚などとの関係を常に緊密に保ち、孤立しないことが大事です。我慢しすぎて感情を爆発させたり喧嘩腰になったりしないよう気をつけてください。

【長 所】

  • 勇気がある
  • 積極的にコミットする
  • 果敢

【短 所】

  • 感情を抑えがち
  • 束縛されやすい
  • こだわりすぎる

心理/性格

強烈な個性の持ち主です。集団のしがらみから飛び出す自由、冒険心、気概があるなら、集団を離れていても、良い結果が得られるでしょう。しかし、本来の性格を考えれば、集団を離れるのは少々考えものです。集団の中では、思想の自由、行動の自由、選択の自由はある程度制限されますが、そういった枠の中で活躍し、創造力を発揮するタイプです。

自分の所属する集団の価値観や目標が社会のルールと相容れないような場合、社会のほうが間違っていると判断すれば、ためらうことなく現状打破に乗り出します。或いは、自分の集団を支配や抑圧から守ろうとします。こんなときは、疲れ知らずの、勇敢そのものです。

社会の中では有能でも、プライベートな人間関係、特に家族関係に問題を抱えてしまいがちです。周りの人々の愛情や心遣いを失いそうになると大いに弱り、不安になってしまいます。社会生活と同じくらい、家族にも力を注がないと、有能な力を失う場合があります。大事な家族が仕事の犠牲にならないよう注意してください。


Sponsored Link


色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

健康について

激しい感情や怒りをうまく処理しなければなりません。こういった感情は、抑えつけても爆発させても体によくありません。理性的に見せたいあまり、感情を意志の力で無理に抑え込むのは危険です。何か感情を解きほぐすような活動をして、心のバランスを保つようにしてください。円満な家庭生活が心と体にはとても大切です。家族でくつろぐことや子供とのコミュニケーションを心がけましょう。また、食べ物の好みを広げたり、適度な運動は、感情の安定におすすめです。

7月18日 生まれの方へ

仕事にかまけて、自分を見失わないようにしてください。いつも、自分中心に物事が動くわけではありません。不満を溜め込まず、言いたいことはその場で言って、悪い感情を引きずらないようにしましょう。プライベートな人間関係は拒絶を恐れずに本音でぶつかり合うことも大事です。

【瞑想の言葉】

1個の人間と宇宙は別の物だと考えがち。しかし、宇宙は人間の内側にもある。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。