7月31日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月31日生まれの人は、経験から身につけたことを誰かに伝えたいと強く願っています。自分の思いを日記、手紙、評論などの文章、あるいはデッサンや絵などの芸術で表現する人もいるでしょうし、外向的な人なら、直接社会に働きかけようとします。いずれにしても、恵まれた観察力と表現力を活かして、自分の考える理想の人間像や社会像を世間に広めたいと考えています。


Sponsored Link


7月31日生まれ 特徴

【人間観察にふける肖像画家】

人間に大きな興味をもっています。人間性に関する哲学的、道徳的な問題に集中し、特に普通とは違う人間の異常な一面に関心を寄せます。ですから、人間の行動について、あれこれと考察を加えたり、人と論じ合ったりするのを好みます。また、受難者や聖人などの情け深く勇気ある行動にも魅せられるでしょう。しかし、そういった特殊な例にだけ興味があるわけではなく、日々の生活や習慣、人の癖などにも興味津々です。

【長 所】

  • 観察力が鋭い
  • 表現力が豊か
  • 視覚的センスに優れている

【短 所】

  • 心配性
  • 情緒不安定
  • 孤立しがち

心理/性格

仕事第一主義の人が多く、家族や友人の受けは必ずしもよくありません。しばしば家族との間にトラブルを起こし、集中砲火を浴びせられることもあるでしょう。そのため、独身を通したり、一人暮らしを選んだりする傾向にあります。周りのことには熱中できますが、個人的な人間関係にじっくり取り組むことを避けたがるところがあります。

概して、物事をありのままに捉えるタイプですが、たまに悲観的な考えに陥ることがあります。現実に失望するあまり自分の殻に閉じこもってしまうとしたら、不幸としか言いようがありません。現実主義も、健全で価値ある考え方をするのならいいのですが、やけを起こして後ろ向きな考えになってはいけません。身の周りの現実は努力次第で改善出来ること、そして、常識や一般論が役に立たない場合もあることを頭に入れておかなければなりません。日々、思いやりのある行動を心がければ、いつか自分が賞賛してやまない理想の人間になれるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

Sponsored Link


健康について

自分の健康に無頓着ではいけません。人のためになることを考えたり、興味のあるものに集中するあまり、バランスの摂れた食事、十分な睡眠、健康維持のための運動がおろそかになりがちです。穀類、新鮮な野菜、果物を中心とするバランスの摂れた食事をし、タンパク質は適度な量を毎日摂ることがおすすめです。

ベッドに入っても「思考のスイッチを切る」ことができず、いつまでも考えているようだと不眠症になります。これを解決するには、読書、瞑想などが効果的です。

個人や集団の行動に興味があるので、チームスポーツが向いています。しかし、プロ選手でない限り、ほどほどにしてください。上達することを意識しすぎて体を壊す恐れがあるので、注意してください。

7月31日 生まれの方へ

仕事も人生も、悲観的な考えにとらわれないようにしてください。現実主義はいいのですが、そこから不幸を生み出してはいけません。周囲の人々にも知識を分け与え、洞察力を身につける方法を教えてあげましょう。

【瞑想の言葉】

言葉は虚しいもの。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。