8月18日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月18日生まれの人は、あるがままの現実を受け止め、それを最大限に生かそうとする現実主義者です。議論から得たり、テレビや本で知ったことは、参考にすることはありますが、実戦ではほとんど役に立たないと思っています。また、あえて「いばらの道」を進もうとするところがあります。これは、「人生は戦いの場であり、どんなに辛いことがあろうと人は生きていかねばならない」ということを、信念としているためで、それ以外の道を選ぼうとしません。


Sponsored Link


8月18日生まれ 特徴

【幾多の試練に忍耐力で立ちむかう人】

大きな困難に行く手をふさがれ、真正面からぶつかって克服しなければならないことが多々あるでしょう。どれだけ成功して幸せな日々を送っていても、まるで、試されているかのように、深刻な問題がもち上がります。

非常に感情が豊かなため、他の人より悲しみや苦しみを強く感じます。だからといって不幸なわけではありません。人生の試練をくぐり抜け、初めて自分を高められると知っている人なのです。

【長 所】

  • 順応性がある
  • 辛抱強い
  • 洞察力が深い

【短 所】

  • ジタバタする
  • 執着が強すぎる
  • 喧嘩っぱやい

心理/性格

困難が大きいほど成功のチャンスも大きいと考えているため、リーダーとしても優れた面をもっています。しかし、そういった困難、あるいは争い事の一つが生活の中心に居座ってしまい、長い年月をかけて、おそらく中途半端な妥協ができないまま戦い続けなければならないというケースもありそうです。

しかし、たとえそんなことになっても、へこたれません。戦いは延々と続き、責任は日に日に重くなっていきますが、何とか生き延びて、幸せをつかむでしょう。愚痴はこぼさず、受難者ぶるようなこともありません。困難が訪れれば真正面から受け止め、一つ一つ処理していきます。

楽天家でも厭世家(えんせいか)でもなく、開放的でも閉鎖的でもありません。生きていくのは楽なことではないけど、それでも元気を出して最善を尽くすというのがこの人の人生観です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

Sponsored Link


健康について

健康に関しても、経験を重視するので、テレビや雑誌から得たような情報は無視します。その代り、病気に関して経験豊富な医者のいうことには、よく耳を傾けます。ですから、定期的な健康診断は健康維持におすすめです。

しかし、日々忙しいため、基本的に健康に気を配る暇がありません。とても頑張り屋で、多くの困難を乗り越えようとするタイプなので、休息しリラックスする時間を毎日のスケジュールに組み込まなければ、本人の体も心配されますが、周りの人たちがついていけません。

長期間にわたってエネルギーをフル回転させるためには、規則正しく睡眠をとることが大切です。休むことは怠けることではありません。休息・休暇も仕事の一つと考えてください。

8月18日 生まれの方へ

苦労がいつも必要なわけではありません。克服することが前に進む方法とは限りません。あまり自分の考えにとらわれないようにしてください。頭を上げて世の中をよくみてください。結構みんな楽しんでいますよ。あなたもリラックスしましょう。

【瞑想の言葉】

最も困難な道が最良の道ではない。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。