10月8日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月8日生まれの人は、人生を夢実現のための冒険と考えています。ですから、夢のために、すべてを捨て去ることもあるでしょう。また、常に別の世界に心を奪われ、一線を越えてしまう危険を秘めています。経験が第一だと考えているので、限界や境界は気にせず、刺激を求めるあまり、感性に身を任せてしまうこともあります。そんな態度なので、様々なトラブル、特に感情面のトラブルに巻き込まれる可能性があります。


Sponsored Link


10月8日生まれ 特徴

【この上ないロマンチスト】

ロマンチックな気持ちは男女の愛に限ったことではありません。自然の不思議から宇宙の神秘まで、この世のすべてに胸をときめかします。そのせいか、家庭や組織の中にいても、何事にも縛られない精神を持ちます。その常識や判断基準は、周囲から理解されないかもしれません。特に理性的な人からは反発されるでしょう。

【長 所】

  • 想像力に富む
  • ロマンチック
  • 役に立つ

【短 所】

  • 軽はずみ
  • 気分にむらがある
  • 強い者の傘下につく

心理/性格

周囲の人との関係が複雑で、時に危険にさえなります。変わった人に惹かれ、奇妙な環境に身を置くことで、相手の身勝手な行動の犠牲になることもあるようです。逆に、自分にはふさわしくないほど素晴らしい人物と付き合うこともあるでしょう。

知性派で、他人の気持ちを見抜くのが得意です。しかし、自分自身の性格には疎いようです。自分は普通に生活し、やるべきことを能率的に片付けているつもりでも、その突拍子もない行動で周囲をびっくりさせることがあります。

たくさんの本を読み、熟考を重ねる人です。しかし、基本的に、知恵や判断力は人生経験から学ぼうとし、そこになによりも価値を置いています。ですから、行く手にどんな怪物が立ちはだかろうと、立ち向かい、闘う経験をしたいと考えています。ただ、面白いのは、その怪物といつの間にか、一緒に歩んだり案内してもらうことで、大きく成長することもあるようです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

Sponsored Link


健康について

肉体的なトラブルよりも精神的なトラブルが多いでしょう。特に、感情面が問題です。落ち込みやすく、心の傷をなかなか癒すことができないため、苦痛から目を背けたり、逆に悲しみに翻弄されたりします。精神が大変デリケートなので、心理カウンセリングを受けるとよいかもしれません。

自分の原点を見失わないようにしなければなりません。権威に弱いため、それに振り回されたり、高い地位を求めて不幸な道を進んでいく恐れがあります。幸せや安定は、本来の自分を持ち続けられるかどうかにかかっています。本来の自分を維持するためにも、大地から取れた食物を、シンプルに料理して食べることです。穀類、根菜類、煮込み料理などがおすすめです

10月8日 生まれの方へ

自分を見失わず、着実に人生を歩みましょう。しっかりと身を入れて、脱線しないように。他人に尽くすことばかり考えないで、知恵は自分のために使いましょう。経験とは、そこから学ぶためのものです。たまには人を疑ってみてもいいでしょう。

【瞑想の言葉】

占星術とは、宇宙の心理を学ぶこと。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。