10月22日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月22日生まれの人は、人に傷つけられるより、むしろ傷つけるタイプです。そのためか、本能的に自分を守るすべをもっています。ただし、それは必ずしも攻撃的になったり防御的になったりするのではなく、相手に優しくして、良識を見せ、気配りするという形で身を守るのです。なかには、控えめでクールな印象の下に荒々しさを秘めている人もいますが、ごく親しい友人意外にそうした感情を見せることはありません。自分の感情を表すよりも、他人の感情を引き出すほうが得意な人です。


Sponsored Link


10月22日生まれ 特徴

【危険な誘惑者】

あらゆる面で他人を誘惑し、魅了し、惹きつけ、惑わします。ほとんどの場合、誘惑する側ですが、自分が誰かの虜になることもあります。いずれにしろ、ロマンスは、なぜか危険なものになることが多いようです。特に第三者(三角関係)が関わってくると問題は深刻で、とてつもない敵意や嫉妬に駆られることもあります。また、激しい感情が、それまでの状態を覆してしまうこともあるでしょう。いってみれば、「チョット危険な人」でもあります。

【長 所】

  • 周囲に人が集まる
  • チャーミング
  • エキサイティング

【短 所】

  • トラブルメーカーになりやすい
  • バランスが悪い
  • おせっかい

心理/性格

不思議なことに、この日生まれの人の前に出ると、とても隠し事などできません。部屋に入ってきただけで、その場の雰囲気がガラリと変わってしまうこともあります。しかし、このパワーを使うには細心の注意が必要です。気をつけないと周囲に影響を与えるばかりか、それが裏目に出て結果的に自分を傷つけることにもなりかねません。

大抵の場合、感情をうまくコントロールし、その気になれば落ち着いて、見事に人の感情を操ることもできます。また、この日生まれの人と、五分に渡り合える相手は、誘惑的な魅力をもち、相手の心を読み取る力を持った人でしょう。そんな相手には一も二もなく膝を屈し、感情さえ委ねてしまう恐れがあります。

強い反抗心を持っています。とはいえ、若いうちに徹底的に反抗してしまうと、やがて保守的な社会に安住の地を見出すようになります(特に40歳代から)。なぜそうなったのか、本人も不思議に感じるかもしれません。ただ、反抗することで、得るものはなく、失うものが多いということを、経験から学ぶことで、保守的な性格に変わるようです。


Sponsored Link


色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

健康について

ルックスを気にします。このため、体重や健康的な肌を保つために食事に気を使うでしょう。ただし、内臓、免疫力、循環器に弱点があります。感染症にかかったら、すぐに手当てをすること。

運動好きなので、新陳代謝も活発で、さほど運動不足の心配はないようですが、定期的に筋力をチェックし、ストレッチ運動で体力を保つといいでしょう。

美食家なので、動物性脂肪や砂糖の摂り過ぎには要注意。アルコールが胃や肝臓、腎臓の負担になることを忘れないように。

10月22日 生まれの方へ

相手を操作する能力を乱用するのは禁物です。やさしさや良識を忘れないこと。気持ちを素直に表現しましょう。いつも状況をコントロールする必要はないはずです。この日生まれの人にとっての課題は、自分や他人の中にある魅力的なパワーの扱い方を学び、最終的に偽りのない無償の愛に幸福を見出すことです。

【瞑想の言葉】

魔力や念力で操ったとしても、真に望む方向にはいかない。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。