浴室のカビ防止対策はこれがおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link


浴室カビの防止対策は乾燥が重要!

梅雨時また夏場の浴室は、カビにとって最高の繁殖場所になります。カビの3大発生要因は【温度=25℃~30℃】【湿度=80%以上】【栄養源=垢石鹸カスなど】ですが、この3つの条件がすべて揃ったとき、カビは爆発的に繁殖していきます。
しかし、【カビの3大発生要因】のうち一つでも条件が揃わなければカビは繁殖しません。

このカビの3大発生要因の内、湿度(湿気)をいかに取り除くかが、カビの発生を抑えるのポイントになります。

カビの防止予防と対策
カビの防止と対策 カビ発生の最大の要因は高い湿度(水分)にあります。ですから住宅の中で一番カビが発生する場所は浴室・洗面所などの水廻り...

浴室のカビは乾燥して防ぐ!

kabitaisaku1

毎日の風呂掃除はたいへん!

カビの発生要因である【栄養源】を取り除くための掃除は、カビ防止に有効的ではありますが、こまめな掃除が必要で、まして毎日の掃除はたいへんです。チョット気を抜いて掃除をさぼると、いつの間にか カビが発生して、カビの除去に一苦労です。

そんな風呂掃除の手間を軽減するためには、常に浴室を乾燥状態(湿度60%以下)にすることです。この浴室の乾燥状態をつくる手立てとして、浴室暖房乾燥機はおすすめです。


Sponsored Link


梅雨時のカビ対策に浴室暖房乾燥機はおすすめ!

kabitaisaku5

浴室暖房乾燥機は本来、冬の寒い浴室を暖める住宅機器です。しかし、機種にもよりますが、スイッチを入れるだけで温風が吹き出し、換気しながら浴室全体を乾燥することもできるため、洗濯物を乾かすこともできます。

当然ながら、浴室の湿気や嫌なニオイを追い出し、不快なカビやヌメリの発生を抑えることができるので、お風呂掃除の手間もかなり軽減できるようです。

浴室暖房乾燥機を設置すると、冬は暖かく、夏場はカビを防ぎ、清潔きれいなお風呂で家族が楽しく入浴できます。

浴室暖房乾燥機の電気式とガス式の違い

kabitaisaku2

浴室暖房乾燥機には電気式ガス式があり、どちらも暖房・衣類乾燥・涼風・換気の運転機能があります。

  • 電気式の場合=温風がドライヤーのような感覚で、浴室全体を暖房乾燥するには、少し時間がかかるように思われます。
  • ガス式の場合=外部の熱源機(給湯器のようなもの)で80℃程度の温水をつくり、この温水を浴室内の浴室暖房乾燥機に送り循環させる温水温風式です。
    一般的に、ガス式の方が暖房乾燥能力が高く、都市ガスを使用されていれば、ランニングコストも電気式に比べると、お得なようです。(地域、料金設定により異なる場合があります)

浴室暖房乾燥機/電気VSガス

kabitaisaku6


Sponsored Link


  • 【取付工事の難易度】
    ガス式は外部に別途、専用熱源機を必要とし、また温水を循環させる配管が必要なため、電気式に比べると、取り付けにくい機械です。また、既設マンションに設置する場合、温水配管が難しく、後から取り付けることができない場合がほとんどです。逆に、電気式は、電気の容量と設置スペースさえ確保できれば、比較的簡単に取付できるようです。
  • 【浴室暖房比較】
    その時の気温にもよりますが、冬の寒い時期、電気式は20度以上に暖めることが難しく、ちょっと肌寒い感覚があるのに対し、ガス式は高温水の力でパワフルに暖房するため、30度前後まで暖房でき真冬でも寒さを感じません。
  • 【衣類乾燥比較】
    ガスのパワーは衣類乾燥機でも圧倒的です。ガスなら乾燥時間は電気の約1/4、コストは1/2以下。
    (都市ガス東京地区 家庭用高効率給湯器契約の場合 参考)
  • 【ミストサウナ比較】
    電気の貯湯式給湯によるミストサウナは湯切れを考慮してミスト噴射量に制限があり、10分以上ミスト入浴ができないタイプもあります。他にも、温度調整機能、ルーバー(風向)機能がないタイプなど、ガス式に比べて不便が多いようです。

浴室暖房乾燥機の使用満足度は?

kabitaisaku10

新築やリフォームの際に、取り入れるかどうか悩む方も多い浴室換気暖房乾燥機ですが、設置して良かったという具体的な例としては…。
「浴室がジメジメしないので、掃除が楽になった」
「幼い子供がいるので汚れものも多く、いつでも洗濯物を干せるのが安心」
「花粉症なので、外干しできないから便利」
「介護が必要な高齢の家族がいるので、洗濯はもちろん、暖房機能も重宝している」
「ミストサウナでストレス発散している」
などです。

積極的に活用している方には満足度が高い設備機器と言えます。一方で、「光熱費が気になって、使用頻度は高くない」「多機能すぎて、あまり使いこなせない」「ミストサウナを使う時間がない」という不満足な例もあるようです。

家族構成はもとより入浴スタイル、洗濯の頻度や量によって、どんな機能が必要かどうかは変わってくるもの。便利な機能でも使いこなせなければ意味がありません。

わが家の暮らし方に必要な機能は何か、また予算やランニングコストを含めて検討することが大切です。

浴室換気暖房乾燥機の種類と特徴&選び方のポイント参考
http://allabout.co.jp/gm/gc/290829/

住宅設備はガス機器がおすすめ!
ガス設備機器は、床暖房など温水機器で快適生活をつくる! 【給湯器とコンロだけが、ガス機器ではない】 火をイメージさせるガス機器ですが...

浴室のカビ防止対策はこれがおすすめ!のまとめ

関西地区では浴室暖房乾燥機をカワック(大阪ガス商標)という商品名で販売しているそうで、また、この名前が定着しているそうです。

この商品名は、ジメジメした浴室を乾かすことをイメージさせ、まさにピッタリの名前だと思います。梅雨時のジメジメ浴室をカラッと乾かすことができる浴室暖房乾燥機は、浴室のカビ対策に、おすすめです。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする