宮崎県 ドライブ観光おすすめスポット 5選!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎の海岸線はドライブ観光に最適

昭和40年前後の宮崎県は、新婚旅行のメッカといわれ、憧れのリゾート地でした。特に太平洋に面した、日南海岸はどこまでも広がる青い海と空が美しく、当時「飛行機に乗って宮崎へ行く」ことが、若者たちの夢でもあったようです。そんな宮崎は昔と変わらず今も美しく、いや、さらに美しくなっており、潮風の心地よいドライブルートとして、最高の環境です。新婚旅行ブームで賑わった宮崎は遠い昔の話ですが、最近は恋愛成就を願う人たちのメッカとなりつつあるようです。今も昔も男と女を結びつける不思議な魅力ある土地であることは、間違いないようですね。

画像出典:http://blog.livedoor.jp/


Sponsored Link


青島神社

aosima1 (2)出典:http://www.miyazaki

宮崎市の南部、日向灘に浮かぶ青島全島が境内の神社は国指定特別天然記念物です。

1200年以上前からあったと伝わる由緒ある神社は【海幸・山幸】の舞台としても有名です。また古くから神域として人の出入りが制限されており江戸時代までは一般の入島が許されない霊域とされていました。今では、縁結びをはじめ安産航海交通安全の御利益を求め多くの参拝者が訪れ、ビロウなどここでしか見られない亜熱帯植物や島を囲むように広がる鬼の洗濯板と呼ばれる岩盤。また、青島に架かる弥生橋など見どころいっぱいです。

  • 住 所:宮崎市青島2-13-1
  • TEL:0985-65-1262
  • 交 通:宮崎自動車道 宮崎ICから車で15分
  • 時 間:自由
  • 料 金:無料
  • 駐車場:なし

リンク=宮崎市観光協会

サンメッセ 日南

sanmeese出典:http://hotelwingizumi.

忠実に再現されたモアイ像は圧巻!

世界7不思議に数えられるモアイ像は、高さ5.5mのスケール。右から2番目のモアイ像に触れると金運が、左から3番目は恋愛運が上がるといわれています。

世界で初めて、イースター島の長老会から許可を得て完全復刻した7体のモアイ像が並ぶテーマパーク。日南海岸のなだらかな丘陵地に広がる園内には、モアイ広場をはじめ日時計と地上絵になっている『太陽の丘』や世界の貴重な昆虫標本を展示した『世界昆虫展』、レストランなどがあり様々な過ごし方で楽しめます。

  • 住 所:日南市大字宮浦2650
  • TEL:0987-29-1900
  • 交 通:宮崎自動車道 宮崎ICから車で約40分
  • 時 間:9時30分~17時00分
  • 料 金:大人700円・中高生500円・4歳以上350円
  • 駐車場:220台(無料)
  • 休 み:第1・3 水曜日

リンクサンメッセ日南

都 井 岬

toimisaki出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

今も野生の馬が暮らす県最南端にある岬。現存する日本在来馬のひとつで、国の天然記念物に指定『御崎馬』が生息することで知られており、今も自然環境のなか、馬たちがのびのびと暮らす様子を見ることができる。そのほか都井岬灯台や岬のジオラマなどを展示する都井岬ビジターセンターなど、魅力ある多彩なスポットがある。


Sponsored Link


『御崎馬』の子馬は4~5月に最も多く生まれるため、タイミングがよければカワイイ子馬に出会えるかもせれません。ただし野生の馬なので近づくのは危険です。

  • 住 所:串間市都井岬
  • TEL:0987-76-1546
  • 交 通:宮崎自動車道 宮崎ICから車で約120分
  • 時 間:7時30分~18時00分
  • 料 金:400円(御崎馬保護育成協力金)
  • 駐車場:10台(無料)
  • 休 み:無休

リンク=串間市観光協会

道の駅なんごう
(ジャカランダの森)

zyakaranda出典:http://log01.gozaru.jp/

世界3大花木のひとつといわれるジャカランダの総数700本。日本で唯一、ここにしかないジャカランダの群生林は5月下旬~6月中旬が見頃で、青紫の花は南国の爽やかな雰囲気を満喫できます。「道の駅」なんごうは、宮崎県南部の国道448号線沿い、日南海岸国定公園のほぼ中央に位置します。大小の島々が点在する無類の景勝地でありすばらしい眺めを当施設のテラスから 一望できます。
駐車場やトイレを完備し誰でも気軽に立ち寄れる施設となっており町内農林水産物の直売施設、レストランで語らいながら隣接する宮崎県亜熱帯作物支場・有用植物園の散策や自然を楽しむことができます。

  • 住 所:日南市南郷町贄波3220-24
  • TEL:0987-64-3055
  • 交 通:宮崎自動車道 宮崎ICから車で約70分
  • 時 間:4~9月は8時30分~18時00分/10~3月は8時30分~17時00分
  • 料 金:無料
  • 駐車場:30台(無料)
  • 休 み:不定休

リンク『道の駅』なんごう

花の駅 生駒高原

ikomakougen出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

高原を埋め尽くす花のジュウタンには感動します。
雄大な霧島連山や九州山地が見渡せる、広さ12万㎡を誇る花の高原は、春は35万本の菜の花、秋は100万本のコスモスなど1年を通じて様々な花が高原を埋め尽くします。特に4月中旬~5月中旬頃の25万本のポピーは、まさに花のジュウタンです。
高原内にはカフェがあり、濃厚な風味のソフトクリームやオーダーを受けてから豆を挽く、こだわりのコーヒーが人気です。

  • 住 所:小林市南西方8565
  • TEL:0984-27-1919
  • 交 通:宮崎自動車道 小林ICから車で約5分
  • 時 間:9時00分~17時00分(季節により変動あり)
  • 料 金:高校生以上520円・中学生300円・小学生以下無料
  • 駐車場:1000台(無料)
  • 休 み:無休

リンク=花の駅 生駒高原

まとめ

冒頭にも書きましたが、昭和30年代後半から50年代初めにかけて、宮崎は空前の新婚旅行ブームに湧き、ピーク時の昭和49年に、宮崎市内に宿泊した新婚旅行客は約37万組で、これは同じ年に全国で結婚したカップルの約35パーセントにのぼるといわれています。
最近では、新婚旅行に宮崎を選ぶ人は少ないと思いますが、40数年前に新婚旅行の聖地と云われた土地は、今でも変わりなく男女が語り合う聖地にふさわしい場所です。


Sponsored Link