リシマキア ミッドナイトサンの育て方【庭のグランドカバー草花】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

庭が映えるグランドカバープランツを育てよう!

銅葉を持つミッドナイトサングランドカバーとして、おしゃれな雰囲気の庭造りに最適です。小さいブロンズ色の葉が地面を這うように広がる姿と、5月~6月頃に咲く、星型の黄色い花のコントラストはとても美しいです。ツルが長く伸びるので、ハンギングや背の高い鉢に植えて垂らして、西洋風ガーデンの雰囲気づくりにも適しています。 丈夫で生育スピードも早く、シックな雰囲気の銅葉は、お庭のグランドカバープランツに、お薦めです。

画像出典:http://blogs.yahoo.co.jp/tri_anthus/


Sponsored Link


リシマキアミッドナイトサンとは

midnight-2出典:http://blog.goo.ne.jp/tom33aa/e/

開花期:5月~6月

草 丈:つる性

性 質:耐寒性宿根草

分 類:サクラソウ科オカトラノオ属(リシマキア属)

リシマキアは、北半球を中心に、アフリカ、南アメリカ、オーストラリアなどに約200種が分布し、茎が直立するものと匍匐(ホフク)するものがあります。ミッドナイトサンは旺盛に匍匐し、暑さ寒さに強いため、グランドカバーとしてよく利用されています。

ガーデニング雑草対策にグランドカバープランツ【おすすめ植物8選】
庭が映えるグランドカバープランツ ガーデニングの悩みのタネの一つに雑草対策があります。 人の意に反して、生い茂る植物を「雑草」と言い...

リシマキア その他品種

ヌンムラリア・オーレア

orlea出典:http://gbiz.saloon.jp/kaidan/

やや半日陰のグランドカバーに適し、ライムゴールドの葉が地面を覆うように茂ります。草丈が低くマット状にびっしりと広がり、草姿がきれいです。葉色は日当たりがよく乾燥するほど黄色が出ます。また、日陰で水分が多いほど緑色が出ます。

シューティングスター

syutingusutar出典:http://nijinohanabana.seesaa.net/

ミッドナイトサンの枝変わりで、銅色の葉に不規則にピンクの斑が入る品種です。日当たりのよい場所で、少し湿り気がある所を好みます。比較的、丈夫な植物ですが、夏場の蒸れと冬場の乾燥に弱いところがあります。

リッシー

rittsi出典:http://plaza.rakuten.co.jp/


Sponsored Link


明るい色の葉で斑がランダムに入り、カラーリーフとしても楽しめますが、固まってボール状に咲く黄花はとても美しいです。乾燥を嫌いますので、湿り気のある場所や半日陰のカバーに向いています。

栽培ポイント

用 土

湿り気のある※腐植質に富んだ土壌を好みます。腐葉土や堆肥を多めに入れて育てますが、
庭土の水はけが悪いようであれば、赤玉土などを入れて水はけをよくしてください。

鉢植えの場合、市販の草花用培養土を利用するか、赤玉土6、腐葉土3、軽石1の割合で混ぜたものを用いるとよいです。

※腐植質=良質な有機肥料。保水性、通気性、排水性に富み、植物の栽培に適した団粒構造の肥えた土。

植え付け

3月上旬から5月中旬と、10月上旬から11月中旬が植えつけ、植え替えの適期です。鉢植えの場合、植えっぱなしにすると、芽が混み合いすぎて、急に生育が衰えたり、中心部の生育が悪くなることがあるので、2年に1回を目安に、株分けを兼ねて植え替えをしてください。

置き場所

基本的に暑さ寒さに強く、生育旺盛で日当たりから明るい半日陰まで、あまり場所を選ばず育ちますが、極力日当たりの良いところで育ててください。あまりに日陰では※徒長してしまい、花付きも悪く、きれいに育ちません。

※徒長=植物の枝や茎が間延びして伸びること。日照不足になると、草花は日の光を求めて伸びるので徒長になりやすい。

水やり

土が乾き始めたらたっぷりと水を与えます。特に鉢植えの場合は、乾燥しすぎないように注意してください。

肥 料

元肥として緩効性化成肥料を土壌に混ぜておきます。基本的に肥料を好みますので、2ヶ月に1回の割合で追肥として、化成肥料を与えてください。

腐植質の多い土壌で育てている場合、肥料が効きすぎると梅雨時期に倒れやすくなるので、特に追肥(芽出し肥)は必要はありませんが、花後の秋に肥料を施し、地中の芽を太らせるようにしてください。

日常の手入れ

ある程度、刈り込みを行わないと、先端のほうに栄養が行ってしまい、株元がスカスカになり、見た目が悪くなります。思い切って刈り込んで、肥料を与えてください。また、開花後は必ず花の穂自体をきってやってください。

どんどん成長して、他の植物の生育領域まで進行してしまう場合があります。他の植物に影響しないよう、注意して管理する必要があります。

まとめ『花言葉より』

gareobdolon-5
花言葉勝負好き・強気

栽培のポイントとして、いろいろありますが、基本的に『もう、いいよ!』と言いたくなるぐらい、よく育ちます。花言葉どおり、他の植物と勝負して打ち負かし、生育範囲をどんどん広げていきます。まさに強気一辺倒の植物です栽培主の責任として、他の植物を守るためにも、たまに、思い切って刈り込んでやってください。少々刈り込んでも、反省する様子もなく、旺盛に育ちます。

※栽培方法、植物の生態については、環境により異なります。また、個人的な見解・解釈もありますので、栽培方法や生態については事前によく調べる必要があります。

参考=花と雑貨の情報館

参考=楽天販売サイト:おぎはら植物園

参考:みんなの趣味の園芸:リシマキア


Sponsored Link