夏のガーデニング草花 おすすめ 8選!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真夏の環境に耐える草花選び

ガーデニングは、草花選がポイントです。とにかく最近の日本の夏は、気温40℃近くまで上がり酷暑となる日がつづくので、暑さ対策として草花を守るにも限界があります。夏の暑い時期に花ガラ摘みや水やりなど、日に何度も庭先に出なければならない、こまめなお手入れを要する草花では、育てる人間がまいってしまいます。ですから、もともと耐暑性があり、極力手間のかからない草花を選ぶことが大事です


Sponsored Link



夏のコンテナ草花【酷暑のガーデニングおすすめ植物 8選!】
夏の酷暑に耐える草花選び 夏のガーデニングは、草花選がポイントです。とにかく最近の日本の夏は、気温40℃近くまで上がり酷暑となる日がつ...

夏場の対策と管理

【夏本番前の対策】
夏の高温多湿に強い性質をもつ品種でも、植付け後すぐの株が、まだ安定していない状態では、その品種の持ち味が十分発揮されない場合があります。本格的な夏が来る前に植え付けて、しっかり根づいた状態で、夏を迎えるようにしてください。

【ローメンテナンス草花選びのポイント】

  • 強い直射日光に負けず乾燥好みで、酷暑のなかでも生長旺盛な植物。
  • 雨に濡れても花が傷みにくく、花ガラ摘みが少ないものや、激しい雨の被害が少ない草丈の低いコンパクトな植物。
  • 株が育つにつれ草姿の色が、夏らしさを演出できる、色鮮やかな植物。

夏の直射日光と乾燥に強い植物 4選

栽培のポイント

水はけのよい土壌に、株間をしっかりあけて、土を盛って植物を高めに植え、風通しをよくしてください。また、梅雨のあとは、伸びすぎた枝や混み合った枝葉、汚くなった下葉など取り除いて、美観にも注意してください。

ルドベキアリトルスージー

ritorusuzi出典:http://plaza.rakuten.co.jp/

初夏から秋まで咲く丈夫な多年草で、夏の高温多湿も冬の厳しい寒さも平気な植物です。草丈が50㎝程度なので、支柱をする必要がなく世話が楽です。

ポーチュラカ サンちゅらか

potyuraka出典:http://sakata-tanet.com/

初夏から秋にかけて、朝から夕方遅くまで、ビタミンカラーの花を咲かせる一年草。乾燥を好むため、水やりが少なくて済み手間いらずです。

ヤブラン

yaburan出典:http://blog.goo.ne.jp/

代表的な手間いらずの植物で、日向でも日陰でもよく育ちます。夏に薄紫色の花を咲かせ、斑入りの葉が特徴的で、秋には黒い実がなります。

リシマキアミッドナイトサン

risimakia-miidonaitosan出典:http://oniwagasuki.blog7.fc2.com/

暑さ寒さに強く生長旺盛で半日陰でも、日向でもよく育ちます。周年楽しめるブロンズ色の葉と、株一面に咲く星形の黄色い花も魅力的です。

高温多湿に強い植物 4選

栽培のポイント

株全体の8割ほどの花が咲き終わり、姿が乱れてきたら花ガラ摘みも兼ねて、こまめな切り戻しをしてください。姿が整うだけでなく、株の蒸れも防ぐので、夏越ししやすくなります。


Sponsored Link


コリウス レッドヘッド

koriusu-reedoheedo出典:http://ameblo.jp/

くっきりとした赤い葉が特徴的です。生育旺盛な栄養系で大きく育ち、こまめにピンチすると葉数が増して、より色鮮やかになります。

ベゴニアパソダブル

begonia-pasodaburu出典:http://hanzui.seesaa.net/

ふんわりとした八重咲きの花が美しく、夏も休まず花を咲かせます。数株まとめて植えると、こんもり茂って草姿よく育ちます。

ペニセタムファイヤーワークス

penisetamu-faiyawakusu出典:http://blog.livedoor.jp/

銅葉にピンクの斑入りのストライプが美しい植物です。秋になり、気温が低くなると葉色が濃くなり、赤やピンクに変わり、ファイヤーワークス=花火の名の通りとても華やかな葉色になります。

ガイラルディアガリアシリーズ

gairarudea出典:http://www.engei.net/

夏の暑さに強く、早春から秋までボリュームのある花を次々に咲かせます。分枝性に優れ、庭植えだけでなく鉢植えにも適し、花物が少なくなる夏以降の花壇に活躍します。

まとめ

夏でも元気な草花は、他にもたくさんありますが、植物の育て方でもっとも大切なことは、その植物が『元気に生育する場所で育てる』ことと『植えつけ後にスムーズに生育する時期に植える』という基本を間違わないことです。そして育てている植物を、気遣うことです。酷暑のなか大変ですが、庭に目をやり、夏バテぎみの植物を見つけたら、助けてあげてください。

参考:主婦の友社 園芸ガイド2015[夏・特大号]

ガーデニング関連記事

Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする