インパチェンスの育て方と花言葉【夏~秋に咲くガーデニング草花】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏のガーデニング代表花

インパチェンス夏のガーデニングの彩に欠かせない花のひとつです。品種にもよりますが、一般的に高温多湿に強く、半日陰でもよく育つため初心者でも育てやすい花です。庭植えやコンテナ植え、また下垂性があるため、ハンギングにも適しています。色や花姿が豊富で熱帯の花らしく、夏の庭を鮮やかに演出してくれます。

画像出典:販売サイト=園芸ネット


Sponsored Link


インパチェンスとは

inpachiensu-2出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

性 質:一年草または常緑低木

分 類:ツリフネソウ科ツリフネ属

別 名:アフリカ ホウセンカ

花 色:赤・紫・桃・白・複色 など

原産地:アフリカ東部

通常インパチェンスと呼ばれているのは、アフリカ東部原産の『アフリカホウセンカ』とその園芸品種です。本来は毎年花を咲かせる常緑多年草で低木状に育ちますが、寒さに弱く霜の降りる頃には枯れてしまうことが多いので、日本では一年草として扱うのが一般的です。

栽培のポイント

日光を好みますが、乾燥に弱いので、水切れに注意し 真夏は直射日光を避けてください。、次々と花が咲くので、花ガラ摘みを忘れないようにしてください。また、開花期が長いので肥料切れしないように2週間に1回程度、液肥を施してください。

寒さに弱く、気温が5℃を切ると枯れてしまいます。一年草として扱うのが一般的ですが、元来は毎年花をさかせる多年草で、乾燥気味に管理し気温を保てば冬越しは可能です。

【栽培日程】

開花時期:6月~10月

栽培場所:日向(真夏は半日陰)

タネ蒔き:4月中旬~5月中旬

植え付け:5月~6月

参考動画=育て方・ 植え付け

参考動画=育て方・摘芯

苗の選び方

インパチェンスの苗は十分に暖かくなる5月以降に、購入してください。大きく伸び過ぎたものより、関節が短くよ締まったものを選びます。下葉の落ちたものや、葉が黄色くなったものは避けます。

植え付け

赤玉土・ピートモス・バーミキュライトなどを混合した草花用の培用土を用い、プランターでは10㎝間隔に、5号鉢で2株を目安に植え付けてください。


Sponsored Link


置き場所

暑くなる梅雨明け頃からは、風通しのよい明るい半日陰の涼しいところに置いてください。

11月頃になると花も少なくなって、そのままで戸外に置くと枯れてしまいますが、10℃以上ある日当たりのよい室内で、管理すると、冬越します。

ニューギニア インパチェンス

インパチェンスの仲間でよく栽培されているものに、『ニューギニアインパチェンス』があります。 本種は高地に自生しているため、その性質を受け継ぎ、やや暑さを苦手としています。

野生種は草丈が高くなるものが多いですが、園芸品種の多くは草丈20cm~30cmくらいから花が咲きはじめます。葉は先端のとがった長楕円形で、葉色は緑、濃緑、銅色などがあり、中心が黄色で緑の縁取りが入る斑入り種もあります。

通常のインパチェンスより株が大きく、1株でも見栄えのする鉢植えに仕立てることができます。葉、花、株姿などの変異に富み、バラエティー豊富なところも魅力です。

※主に鉢植えで、出回るニューギニア インパチェンスは暑さ・寒さに弱いので、管理には注意してください。

インパチェンスの花言葉-まとめ-

PURUPUREA-5

花言葉=強い個性

花名はラテン語で「我慢できない」という意味で、成熟した実に触れるとはじけ、タネを蒔き散らすことに由来しています。とかく『強い個性』を持つ人=『我慢できない』人をイメージしがちですが、『強い個性』=『強い信念』という見方もできます。『強い信念』を持つ人は、現状に我慢できず、さらに良い方を目指すため、目先の欲をすべて我慢しています。インパチェンスの咲き誇る花姿を見ると、まだまだ現状に我慢できないで、いつまでも咲き続けようとする、並はずれた『強い個性』を感じます。

※栽培方法、植物の生態については、環境により異なります。また、個人的な見解・解釈もありますので、栽培方法や生態については事前によく調べる必要があります。

※花言葉や花名の由来はさまざまに表現され、紹介されています。他で紹介する花言葉と異なる場合もあります。

参考=ヤサシイエンゲイ:インパチェンス

参考=株式会社ナツメ社:想いを贈る 花言葉


Sponsored Link