初心者でも楽しく飾れるハンギングバスケットの作り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link


初心者でも作れるハンギングバスケット

ベランダでもアプローチでも花を飾るだけで、雰囲気が華やかに変わります。
好みの草花の寄せ植えを飾るなど、装飾的な演出が楽しめるハンギングバスケットは、初心者でも簡単に壁やフェンスに吊ったり、掛けたりできるので、ちょっとしたスペースを手軽に季節の草花で彩ることができます。

ガーデニング庭花壇の作り方【初心者の人に知ってほしい 基礎知識】
花が絶えないガーデニング花壇作り 簡単に美しい花壇を作るコツは、なるべく花を絶やさないような植え替えのプログラムを組むことです。咲いて...

ハンギングバスケットの飾り方

hangingu1

  • 手すりやフェンスに飾る時は等間隔にシンプルに並べることで、お手入れがしやすくまた見た目の美しさがアップします。
  • 大きい花よりも小さな花で埋まるもののほうが鮮やかに美しく見えます。花色も、原則としてはっきりした色のほうが効果的です。株は低く育ち、横に広がるタイプのものが向いています。
  • 混植する場合は、少し背が高くなったり、株の立つもの、つる性の垂れ下がるものや、観葉植物などを入れると変化があって、アレンジのおもしろさが出せます。あとは、丈夫で育ちが速いもの、花期の長いものがよいでしょう。
  • 壁かけ型バスケットは壁面のほか、門柱、門扉、フェンスなど、どんな場所にも効果的に飾れます。単植のものは、色別に並べたり、数多く使うことで豪華さが楽しめます。混植した場合には、目立つところにポイントとして利用するとよいでしょう。
  • 円形バスケットは、玄関の軒や窓のひさし、ベランダの天井に数多く吊るすのもよいものですが、これも一点豪華主義で飾るのが効果的です。

Sponsored Link


鉢花を購入するときの注意点!
鉢花は購入時期を誤らないように! 鉢花は、花の咲いているものや蕾がほころびかけているものを購入すれば、そのときから観賞できます。ですか...
パンジー&ビオラの育て方や寄せ植え・花言葉を紹介!
パンジー/ビオラ育て方のポイント! パンジーとビオラは、晩秋から春のまでの間、鉢花や庭花壇などを彩る代表花です。 一昔前の品種は、冬...

ハンギングバスケットの作り方と手入れ方法

  • 大株の苗を株分けして使う
    葉が育っている5~7号サイズの鉢物を株分けして使うと、植込み直後から完成度の高い作品に仕上がります。株分けは無理に引っ張らず、根をほぐす要領でおこなうのが、ポイントです。また株分け後は、根が乾燥しないように注意してください。
  • 余分な根鉢の土を除いて植え込む
    植込みの際は、根鉢の余分な土を取り除き、生長しやすい環境を整えましょう。ただし土を落としすぎると、急に新しい乾いた土に触れて根の生長が止まってしまうことがあるので注意してください。根と直接関係のない根鉢の方の部分の土や、古くなっている真ん中の土だけを取り除くようにしてください。
  • 摘芯と切り戻しで草姿を整える
    美しい姿をキープするには、伸び過ぎた枝をカットする切り戻しや茎の先端を切る摘芯の作業が大切です。摘芯は繰り返して行うことで、わき芽が出て枝数が増え、株の充実にもつながります。どちらの作業も他の植物とのバランスを見ながら、整えてください。
  • 水やりと肥料に注意
    ハンギングバスケットは、風通しと日当たりのよい場所に吊ったり、かけたりするので、想像以上によく乾きます。ですから、水やりは欠かさずに行うようにしてください。天気のよい日は、午前中に土が乾いていたら、底から水がポトポトと落ちるくらい十分に与えます。特にワイヤバスケットのようにウレタンなどで囲っであるものは、再度やるくらいにしましょう。
    水やりが多いだけに、肥料も流れやすいので、7日に1回液胞を与えるか、錠剤や粒状の緩効性肥料を1~2ヵ月に1回追肥として与えます。

壁掛けスリットバスケット作り方動画



Sponsored Link


鉢花を枯らさない効果的な肥料の与え方!
肥料の働きを知ることが大事! 鉢花に限らず、植物が生長していくには、日光や水の他に、様々な養分が必要です。植物は光合成を行うことで、炭...
鉢花への「水やり」は環境や季節を考慮したタイミングが大事!
「水やり」は簡単ではない! 鉢花の場合、毎日の管理で最も大切なのが「水やり」ですが、この大事な「水やり」をついうっかり忘れて、花を萎れ...

ハンギングバスケットに適した植物

  • 春=バーベナ・ペチュニア・ナスタチューム・ニーレンベルギア・ロベリア・ネモフィラ
  • 夏=ペチュニア・アメリカンブルー・サフィニア・インパチェンス・花手毬
  • 秋=パンジー・ビオラ・ベゴニア・ゼラニウム
  • 冬=パンジー・ビオラ・ノースポール
  • 通年=アイビーヘデラ・プミラ

鉢花の置き場所は環境や季節に注意しよう!
鉢花は置き場所が重要! 植物は環境が大切です。鉢花も置き場所が適切であるかどうかで、その後の生育や花のつき具合に大きな差が生じてしまい...

季節ごとの鉢花/紹介記事

鉢植えだと簡単に置き場所を移動できるので、寒さに弱い植物は冬の間、室内や軒下などに取り込むことが可能です。また、夏の間の強烈な西日を避けるための移動も簡単です。

庭がない場合や、あまり日が当たらない庭、庭土があまりよくないなどの場合も、鉢やプランターに植えることによって、植物を育て楽しむことができます。

早春のおすすめ鉢花13選【枯らさない育て方ポイント】
早春のあたたかさを感じる鉢花13種を紹介! 早春に楽しめる花は、いろいろありますが、まだまだ寒さの残る季節なので日当たりや冷たい風雨を...
春から初夏のおすすめ鉢花20選【枯らさない育て方ポイント】
春から初夏を華やかに飾る鉢花20種を紹介! 鉢花は簡単に場所を移動できるので、春の暖かい日差しが当たる場所を選んでに置くことや、夏の日...
夏から秋のおすすめ鉢花20選【枯らさない育て方ポイント】
夏から秋の育てやすい鉢花20種を紹介! 夏から秋は、最近の猛暑もあり、草花のお手入れが滞りがちです。特に、庭植えの草花の お手入れとな...
冬のおすすめ鉢花20選【枯らさない育て方ポイント】
冬の鉢花おすすめの20種を紹介! 鉢花は簡単に場所を移動できるので、冬の寒さに弱い植物は、室内や軒下などにとり込むことが可能です。また...

初心者でも楽しく飾れる
ハンギングバスケットの作り方のまとめ

世界各国で人気のあるハンギングバスケットの魅力は、草花を壁に飾ったり、吊るしたりと思い思いのアレンジが楽しめるところにあるようです。
最近ではハンギング作りに便利な道具もたくさんでていますので、花のある暮らしを楽しんでください。

※栽培方法、植物の生態については、環境により異なります。また、個人的な見解・解釈もありますので、栽培方法や生態については事前によく調べる必要があります。

ガーデニング草花・庭木選び【花の性質や用途別一覧】
ガーデニングは育てる環境と植物の特徴を知ることが大事! 植物は、さまざまな特徴から、いろいろなグループに分類されますが、花や葉、果実を...

【記事参考】

  • 成美堂出版:はじめてのコンテナガーデン
  • 主婦の友社:「園芸店で買った花」をすぐ枯らさない知恵とコツ
  • 株式会社西東社:これだけは知っておきたい園芸の基礎知識
  • NHK出版:みんなの趣味の園芸https://www.shuminoengei.jp/

Sponsored Link