ガーデニングの花選び!花言葉で家族の幸福を願う花 12選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

庭・花壇・屋内を飾る花は花言葉で!

花言葉を知って、ガーデニングすると花の見方が変わります。花の美しさだけでなく、家族の幸せを願う花言葉で幸福感を味わうことができるのでは・・・。家族の幸福を、花のもつ言葉に託してガーデニングなんて素敵ですよね!また家族全員が花言葉を知って絆が深まるのでは・・・。言葉では、なかなか相手に伝わらない気持ちを代弁してくれる花でいっぱいの、そんな住まいにしてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link


愛妻へ贈る花!【花言葉で感謝と想いを伝える】花12選
愛妻へ贈る花 日ごろの感謝と口にできない想いが、花言葉と一致する花をプレゼントなんていかがでしょう。もし妻から【なぜ、この花を選んだの...
お花をプレゼント!喜ばれるタイミングとマナー
お花をプレゼントするときはタイミングとマナーが大事! お花をプレゼントするときには、プレゼントされる相手の置かれている状況や気持ちを考...

花言葉=【円満な関係】

ユリオプスデージー

gadenkotoba1

半耐寒性多年草

開花時期は11~翌6月

比較的寒さに強いガーデニング初心者でも育てやすい花です。
花壇が寂しくなる冬から春にかけて、マーガレットに似た花形の黄色い花を次々と咲かせます。 大鉢やボックスに植えて、玄関先サイドやアプローチに飾るとよく映えます。

ユリオプスデージーの育て方と花言葉【晩秋~冬に咲くガーデニング草花】
ユリオプスデージーの育て方のポイント紹介! ユリオプスデージーは庭花壇が寂しくなりがちな晩秋から冬にかけて、鮮明な黄色の、ひときは目立...

花言葉=【家族の団らん】

バーベナ

gadenkotoba2

花名はラテン語で「宗教に用いる枝」開花時期は3~10月(品種による)

花言葉は、小さな花が寄り添うように集まって咲く様子を「家族団らん」にたとえています。園芸で栽培されているものは、花後に枯れてしまう「一年草扱いタイプ」と毎年花を咲かせる「宿根草タイプ」の2つに分けられ、「宿根草タイプ」のほうが性質も強健で育てやすいのが特徴です。花壇や鉢植えの他、ハンギングバスケットにも利用されます。

バーベナの育て方と花言葉【春~秋に咲く花】
バーベナの育て方のポイント! 園芸で栽培されているバーベナは、花後に枯れてしまう「一年草扱いタイプ」と毎年花を咲かせる「宿根草タイプ」...

花言葉=【子の愛・孝心】

ユ リ(百合)

gadenkotoba3

花の姿や性質は種によっていろいろ

開花時期は5~8月

キリスト教では、ユリはエデンの園を追われたイブが流した後悔の涙から生まれたとされた伝説があります。日本では、古事記に『神武天皇がユリを摘んでいる娘に惚れて嫁にした』という記述あり、これが日本で最古のユリに関する記述とされています。

  • 白 色花言葉=純潔・高貴
  • 赤桃色花言葉=虚栄心
  • 黄 色花言葉=不安
ユリ(百合)の花言葉と品種や育て方【夏に咲くガーデニング草花】
ユリの花言葉と育て方のポイント紹介! ユリ全体の花言葉は『子の愛・孝心』です。端整な花形をもつユリは花色も豊富で、宗教的な伝説に登場す...

花言葉=【善良な家風】

コリウス

gadenkotoba4

葉の美しさを楽しむ植物

開花時期は6~10月

バリエーションに富んだ葉の模様や形は、花とは違う鮮やかさがあり、夏から秋にかけての庭を彩ます。種子から育てる実生系と挿し木から育てる栄養系があり、最近は花が付きにくい丈夫な栄養系が増えているようです。

他の花言葉に【恋の望み】があります

コリウスの育て方と花言葉【夏~秋の美しい葉を楽しむガーデニング草花】
コリウスの育て方ポイントを紹介! コリウスのバリエーションに富んだ葉の模様や形は、花とは違う鮮やかさがあり、夏から秋にかけての庭を彩ま...

花言葉=【母への愛】

カーネーション赤色

gadenkotoba5

母の日に贈る花

開花時期は2~5月

母の日にカーネーションを贈る習慣は、1907年にアメリカの女性が、母親の命日に教会でカーネーションを配ったのが始まりとされ、これにちなみ1914年にアメリカ大統領ウィルソンが、5月の第2日曜日を「母に捧げる日」としたことで、習慣化したようです。

  • 白色花言葉=生きた愛情
  • 桃色花言葉=熱愛・大胆
  • 黄色花言葉=軽蔑
カーネーションの花言葉と育て方【母の日に感謝を伝える贈答花】
カーネーションの花言葉と育て方のポイント! カーネーションの花言葉といえば、母の日のプレゼントでもよく知られる、『母への愛』や『母への...

花言葉=【友愛】

コブシ(辛夷)

gadenkotoba6

花名は、つぼみの形が子供の握りこぶしに似ていることから。

開花時期は3~5月


Sponsored Link


日本各地に自生する花木で、その美しさから観賞用として親しまれています。昔はこの花が咲くと田植えの準備に取りかかったことから、「タウエザクラ・タウチザクラ」という地方の呼び名もあります。また俗説ですが、花が上向きで晴天、下向きで雨といったことで天気占いにも使われていたようです。

花言葉=【理想の夫婦】

グズマニア

gadenkotoba7

明るい日陰を好む植物

開花時期は通年

種類は豊富ですが、グズマニア・マグニフィカという品種は鮮やかな赤色の花(苞ホウ)を咲かせ人気があります。本来は他の木に着生する植物で、根にはほとんど水分吸収の役割はなく、筒状になった葉の基部に水を溜めて、水を吸収します。家庭で育てる場合、春から秋にかけては、この筒状の部分に常に水を溜めておくよう注意が必要です。

グズマニアの花言葉と育て方【色鮮やかな観葉植物】
グズマニアの花言葉と育て方のポイント! グズマニアの花言葉は『あなたは完璧』 『理想の夫婦』です。 グズマニアは基本的に、園芸で...

花言葉=【幸運を祈る・祝福】

ポインセチア

gadenkotoba8

クリスマスを飾る花

開花時期は10~翌3月

クリスマスとの関係は17世紀ごろ、ポインセチア原産地のメキシコ・フランチェスコ修道会の僧が、ポインセチアを誕生祭の行列に使うようになったのが始まりとされています。短日性の植物なので一日のうちで暗い状態を13時間以上、段ボールなどで覆うことが必要です。9月中旬から50日間程度は、毎日欠かさず夕方5時~翌朝8時までいっさいの光を遮断することで、葉がきれいに色づきます。

ポインセチアの育て方と花言葉【クリスマスカラーを楽しむ草花】
ポインセチアの育て方ポイント! ポインセチアはクリスマスを飾る花の代表格ですが、クリスマスとの関係は17世紀ごろ、ポインセチア原産地で...

花言葉=【幸福が飛んでくる】

コチョウラン(胡蝶蘭)

gadenkotoba9

お祝い花に最適

開花時期は通年(温室栽培)

蝶が舞うような華やかで清楚なイメージがあるため、高価な花ですが、カトレアと並ぶフォーマルフラワーとして、結婚や新築また開業などの贈答お祝いに適してします。寒さが苦手なので、冬は室温を15℃程度に保ち、湿度も必要なので、暖房の効いた部屋では乾燥に注意が必要です。

他の花言葉に【あなたを愛します】があります。

コチョウラン(胡蝶蘭)の花言葉と育て方【気品ある人気の贈答花】
胡蝶蘭(コチョウラン)の花言葉と育て方のポイント! 花言葉=【幸福が飛んでくる】【あなたを愛します】 胡蝶蘭(コチョウラン)は、...

花言葉=【幸福の訪れ】

スズラン(鈴蘭)

gadenkotoba10

古くから聖母マリアの花とされている

開花時期は5~6月

イギリスやフランスでは5月1日を「スズランの日」としています。この日に親しい友人や知人にスズランの花束を贈る習慣があり、贈られた人は幸福になるといわれています。

他の花言葉に【純潔】があり、花嫁に贈る花としても有名。

花言葉=【幸せを招く】

フクジュソウ(福寿草)

gadenkotoba11

正月を祝う花

開花時期は1~4月

本来は旧暦の正月前後(現在の2月中旬)に咲く花で、古くは「正月草」という名でしたが、後に幸福と長寿を祝う花として福寿草と名付けられました。この花は花びらを使って太陽光を花の中心に集め、そこで発生する熱で虫を誘引しています。その為、太陽光に応じて花びらを開閉(日光が当たると開き、日が陰ると閉じる)させます。

福寿草の花言葉と育て方【初春の縁起の良い花】
福寿草(フクジュソウ)の花言葉と育て方のポイント! 福寿草の花言葉=『幸せを招く』 福寿草は本来、旧暦の正月前後(現在の2月中旬...

花言葉=【よい便り】

アヤメ(菖蒲)

gadenkotoba12

多くが山野の草地に自生

開花時期は、5~6月

別名アイリスとも呼ばれています。ギリシア神話で神々の伝令を務めるイリスが、ゼウスの妻ヘラに頼んで神酒を振りかけて虹に姿を変えたとき、地上にこぼれた神酒がアイリスになったという伝説があり、花言葉の【よい便り】は伝令神イリスに由来したものです。

まとめ

家族の幸福を願い、幸せな花言葉でいっぱいの住まいにしてみてはいかがでしょうか。
毎日、幸せな花言葉を感じ取ることで、本当に幸せな家庭になるのでは・・・。
花壇や室内に飾る花の花言葉を知ることで、一段と美しく見え、また癒されると思います


Sponsored Link