2月1日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月1日生まれの人は、常にエネルギッシュで若々しい人です。しかし、まるで子供のように堪え性がない面もあるため、感情的なトラブルに悩まされます。特に若いころは、衝動に駆られ、自分を抑えきれないことが多く、繰り返しトラブルに巻き込まれるようです。

精神的な強さと感情の弱さの差が激しいため、時によっては全く別人のように感じられることもあるでしょう。強い意志を養うことによって心の動きを制し、欠点を把握して自分自身を理解するまでは波乱に富んだ人生を送ることになりそうです。


Sponsored Link


2月1日生まれ 特徴

【荒々しくも知的な人】

一番の特徴は、荒々しいけれど知的なところです。滅多なことでは驚かず、当意即妙(とういそくみょう)のセンスを駆使して、都合の悪い場面や自分が取り上げたくない話題をうまくかわしてしまうため、敵に回すと厄介な人です。

この日に生まれた人は思索をめぐらせるだけでは満足できず、自分の考えを周りの人に印象付けようとします。また、頑固で強情、度胸があり、自分が正しいと思えば一歩も譲ろうとしません。

【長 所】

  • 意思が強い
  • 頭の回転が速い
  • 地道

【短 所】

  • 頑固
  • 屁理屈をこねる
  • 自己認識の欠如

心理/性格

多岐にわたる才能を調和させて有能で洗練された人間になることは出来ますが、そうなるまでには時間がかかりそうです。それまでは仕事も非常に不安定で、紆余曲折も多いでしょう。周囲はそんなあなたに当惑して、野心があるのに何故もう少し頑張らないのかと首をかしげてしまうでしょう。

この日に生まれた人の最も強い性質は知性で、次は感性、最後が感情です。そのため、理性や倫理的な思考が強すぎて、感情の爆発や気まぐれを招きます。必要なのは自制心というより、自分に対する理解であり、何よりも人格の異なる面を調和させて1つに統合することです。

性格や性質とは違う重要な特徴として、本質を見抜く優れた直観力を持っています。この直観力は見過ごされがちですが、才能を発揮するためにも、この直観を磨き、頼るようにすべきです。ただし、欲求と直観が混同するときがあるので、勘違いしないように注意してください。心の内にある直観は必ず正しい選択をするはずです。


Sponsored Link


色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

健康について

感情面でのトラブルに見舞われがちです。緊迫した感情が災いしてトラブルをなかなか解決できないことも多いでしょう。聡明で行動が早いため、心身ともに疲れ果ててしまいますが、気を紛らわそうと、中毒性があるものや有害な活動に手を出したりしないように注意してください。

糖分やアルコール、煙草は控え目に。こうした刺激は一時的には気分が落ち着いても、長い目で見れば余計に神経を苛立たせます。穀類、生野菜、パン、手作りのスープやシチューなどは気分を落ち着かせます。栄養のあるバランスのとれた食事が、感情面のトラブルを防いでくれるでしょう。

2月1日 生まれの方へ

直観を養いましょう。それは自然の恵みです。もっと忍耐強く気分を鎮めて。恋人を喜ばそうと躍起になり過ぎないこと。あなたのボスはあなたです。

最大の目標は充実した人格と深い感性を備えた人間になることです。やる気と決意だけがそれを実現させてくれるはず。

【瞑想の言葉】

精神は自分専用のコンピューターではなく、宇宙につながるモデムにも接続されている。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。