7月15日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月15日【かに座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月15日生まれの人は、周りの人を自在に操り、望みの物を手に入れる力があります。何げなく周囲をコントロールできてしまいます。対する人に、まず刺激と活力を、次に大きなプレッシャーを与え、自分の思いどおりの方向にもっていきます。関係する人やお金を賢く上手に利用することこそ人生最大のテーマとしているところがあります。


Sponsored Link


7月15日が導く運勢

【物事を思いどおりに運ぶ人】

初めは、テストで良い点数を取りたいとかレギュラーポジションが欲しいなど、ごく当たり前の気持ちがきっかけだったかもしれませんが、努力して欲するものを手に入れる喜びを知ってしまったら、諦めを知らない執着心が生まれる場合があります。人の心など努力しても手に入らないものもあります。執拗な執着心は克服しなければなりません。そうでないと、独りよがり、嫉妬、性的妄念などに陥る危険があります。

執着心を捨て、欲望を抱きがちな心を理解し、飼いならし、上手に心をコントロールして、前向きな目的を立てることが大切です。

【長 所】

  • 影響力が大きい
  • ダイナミック
  • ひらめきがある

【短 所】

  • 物欲が強い
  • お節介

心理/性格

「人、物、金」との関わり方がユニークなため、重要な選択を迫られることになるでしょう。つまり、「人、物、金」の奴隷になるか、支配者になるかです。支配といっても、搾取するのではなく、周囲との関わり方を常に変化させ、いい方向に利用するという意味です。世の中の役に立とうとするなら、制度、決まりごとの改善にエネルギーを注ぐことです。人間的に成熟してくると、富、幸運、所有物を人と分かち合うという素晴らしい精神の持ち主になります。

周りにの人々に対して大きな責任を負うことがあります。ですから、できるだけ若いうちに自分なりの道徳観念を確立し、心から信じられる主義をもって生きることが大事です。もちろん、職務を果たすのは大切でしょうが、私利私欲のために人を利用しないよう注意してください。そして、子供、使用人、同僚などの悪い見本にならないよう、言葉や振る舞いには気をつけてください。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蟹座(6月22日~7月22日)の特徴

蟹座は、人の一生を星座の12期に分割すると第4期(21歳~28歳)に当たるため、人生を理解するための手段でもある、内省を身に付ける時期の星座と言えます。いうなれば、大人になったばかりの細やかな感情の発達の時期が蟹座です。
この蟹座は、深い感情と防御と家庭をあらわし、初めて子供を持つことで、強い保護本能が引き出されます。
月に支配される蟹座は、きわめて個人的な感情と潜在意識に関係します。月の作用で潮が満ち引きする海が、散漫な感情の世界をあらわすとすれば、蟹はそれらの感情が一つの存在のうちに結晶したものといえるでしょう。つまり、蟹の甲羅の中には、極度に敏感な内面が隠されているのです。
甲羅に守られて、時機を待つことを知っている蟹ですが、だからといって蟹座生まれの人を受け身の人間だと考えるのは間違っています。欲しいものを手に入れるためとなればきわめて積極的です。しかし、どちらかというと自分で要求するよりは、他人が自分の願望や繊細さや変わりやすい気分を察してくれることを期待します。理性や論理よりも、他人との強い共感の絆のほうがはるかに大事なのでしょう。つまり、青年期によく見られる、豊かな深い友情と、それにふさわしい信頼と分かち合いが何より大事と考えています。ただ、相互理解という個人的な絆を共有できない人とうまくやるのは難しいようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

15日生まれの人は、ナンバー6(1+5=6)と金星に支配されています。ナンバー6に支配される人は、カリスマ的な魅力をもち、人々から崇拝されることさえあります。また、金星は美しさと愛を意味し、社交的なところが強調されます。

7月15日は、蟹座を支配する月の影響も受けます。月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。

これらの性質を受ける7月15日生まれは、月と金星双方の影響を受けることで、大きな魅力と、巧みに人の心を操る能力が与えられ、難無く人を支配することができます。この能力は、執着心を捨て、欲望を抱きがちな心を理解し、飼いならし、うまく利用して前向きの目的に役立てることが大切です。

タロットが導くカード

15日の大アルカナ・カードは悪魔。お金や権力に魅力を感じたり、情熱や不条理を感じたりしたときに、頻繁に生まれてくる不安や欲望をあらわすカードです。

悪魔は、物質的な満足感や金銭を求める人間の気持につけこみ、虜にしてしまいます。悪魔が象徴するのは、安定にしがみつく人間の本質なのです。また、男女の気質のなかにある相容れない部分を利用して、人間を混乱させようとするのも悪魔です。しかし、男女の性的魅力と情熱的な欲望の表現は、このカードのあらわす良い面でもあります。

このカードは、肉体に縛られていても精神は自由に羽ばたけることを思い出させてくれます。7月15日生まれの人は、自分が何をしたいかを理解し、それに忠実になることが大切です。

健康について

何事も、好き放題にやりすぎないよう注意してください。お酒の飲み過ぎは肝硬変や胃潰瘍の元ですし、煙草の吸い過ぎも心身共に危険な状態になります。健康を保つには、自制心が必要です。また、過食にも要注意。菜食主義を試すなど、低脂肪食を心がけてください。

のめりこみがちな性格なので、家庭菜園はおすすめです。自ら収穫する新鮮な野菜を中心にした食生活にすることで、健全な心と体を手にすることができるでしょう。

7月15日生まれの方へ

人と、うまく関わっていける力を利用して、プラスの方向にもっていくことが大事です。こだわりや執着心は足手まといになるので、気をつけましょう。成長とは、常に変化していくことです。こうなりたいと思い描く人物像について、道徳面の基準を高く設定するようにしてください。

【瞑想の言葉】

死は消滅ではない。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link