4月7日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月7日生まれの人は、ある段階に達すると精神的な成長が止まってしまい、重大な転機を迎えることになります。ある段階とは、年齢でいうと28歳頃と42歳頃です。この時期の人生の岐路をうまく乗りきれば、周囲の気を引こうとする気持が薄れ、自然に向こうからやって来るであろう幸運を待つ、心のゆとりが生まれます。そして、その後の人生で、さらなる飛躍が可能になるでしょう。


Sponsored Link


4月7日生まれ 特徴

【熱意に燃える人】

あらゆることにエネルギーを注ぎ、熱心に取り組みます。しかしながら、親や環境に恵まれない不幸な子供時代を過ごした人は、漠然とした寂しさを生涯もち続けるでしょう。

若い頃は、物事に熱中したり独創力を発揮したりしますが、中年以降は型にはまった楽な生き方をする人が多いようです。

子供のうちは反抗的で、そのために多くのエネルギーを無駄にします。しかし年齢を重ねるごとに賢明さを身につけ、それとともに無鉄砲なところも減っていくでしょうが、一方で怒りっぽい性格にはずっと悩まされるでしょう。

【長 所】

  • 考え方や態度が前向き
  • エネルギッシュ
  • 想像力に富む

【短 所】

  • 短気
  • イライラしやすい
  • 現実離れしている

心理/性格

年齢を重ね落ち着きが出てからも、他の人の持つプラスのエネルギーには敏感に反応します。特に、精神的に成熟した人には霊媒のような能力が備わることもあり、その場合、プラスのエネルギーを社会や宗教に向けるでしょう。

精神面を重視し、たとえ特定の宗派に属していなくても、宗教的な世界観となってはっきりと表れます。しかし、そんな独特の考え方にはついていけない人も多いので、注意する必要があります。周囲からの批判をよく理解する力と客観性をもち続けることが大切です。

人間的に未熟な人の場合、一見頼りになりそうな印象を与えますが、いざとなるとそれほど頼りになりません。あまり現実的でない上に怒りっぽいので、当てにすると、とんでもない目に遭うことも。成熟した人の場合は、印象通り頼りになりますが、あまり大勢の人に頼られると対応しきれなくなるでしょう。そんなときは、1人になりたがります。

人々の模範になるような地位に就くと能力を発揮できます。人間関係では、パートナーに自信をつけさせ、精神的に支えます。けれども、相手がこの関係に頼ってしまうと、結果的に相手にとってはマイナスになるので要注意。


Sponsored Link


色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

健康について

落ち着きを身につければ、健康で長生きできます。しかし、何事にも熱心になり、つい無理をしがちです。いくら体力に自信があっても、不摂生が過ぎると命を縮めることにもなりかねません。

人生の転機にさしかかったとき、うまく方向転換できれば、長寿が得られるでしょう。そのためには、忍耐力を培い、待つことを学ぶ必要があります。そうすれば健康にもいい影響があるでしょう。

ストレス性の胃潰瘍になりやすいので、薄味の食事を心がけ、脂肪の多いものや刺激の強い食べ物は避けるように。

4月7日 生まれの方へ

これほど何かに熱中できる人はいません。ただし、反応は人それぞれ違うので、自分の熱意や期待感を人に押しつけないよう注意。誰にでも選ぶ権利はあるのです。

幻想の世界に浸っていないで、もっと現実的な考え方をするようにしてください。また、思った通りにいかないからといって、すぐに腹を立てないこと。

【瞑想の言葉】

腕のいい大工は板を切る前に2度はかる。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。