4月7日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月7日【牡羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

4月7日生まれの人は、ある段階に達すると精神的な成長が止まってしまい、重大な転機を迎えることになります。ある段階とは、年齢でいうと28歳頃と42歳頃です。この時期の人生の岐路をうまく乗りきれば、周囲の気を引こうとする気持が薄れ、自然に向こうからやって来るであろう幸運を待つ、心のゆとりが生まれます。そして、その後の人生で、さらなる飛躍が可能になるでしょう。


Sponsored Link


4月7日が導く運勢

【熱意に燃える人】

あらゆることにエネルギーを注ぎ、熱心に取り組みます。しかしながら、親や環境に恵まれない不幸な子供時代を過ごした人は、漠然とした寂しさを生涯もち続けるでしょう。

若い頃は、物事に熱中したり独創力を発揮したりしますが、中年以降は型にはまった楽な生き方をする人が多いようです。

子供のうちは反抗的で、そのために多くのエネルギーを無駄にします。しかし年齢を重ねるごとに賢明さを身につけ、それとともに無鉄砲なところも減っていくでしょうが、一方で怒りっぽい性格にはずっと悩まされるでしょう。

【長 所】

  • 考え方や態度が前向き
  • エネルギッシュ
  • 想像力に富む

【短 所】

  • 短気
  • イライラしやすい
  • 現実離れしている

心理/性格

年齢を重ね落ち着きが出てからも、他の人の持つプラスのエネルギーには敏感に反応します。特に、精神的に成熟した人には霊媒のような能力が備わることもあり、その場合、プラスのエネルギーを社会や宗教に向けるでしょう。

精神面を重視し、たとえ特定の宗派に属していなくても、宗教的な世界観となってはっきりと表れます。しかし、そんな独特の考え方にはついていけない人も多いので、注意する必要があります。周囲からの批判をよく理解する力と客観性をもち続けることが大切です。

人間的に未熟な人の場合、一見頼りになりそうな印象を与えますが、いざとなるとそれほど頼りになりません。あまり現実的でない上に怒りっぽいので、当てにすると、とんでもない目に遭うことも。成熟した人の場合は、印象通り頼りになりますが、あまり大勢の人に頼られると対応しきれなくなるでしょう。そんなときは、1人になりたがります。

人々の模範になるような地位に就くと能力を発揮できます。人間関係では、パートナーに自信をつけさせ、精神的に支えます。けれども、相手がこの関係に頼ってしまうと、結果的に相手にとってはマイナスになるので要注意。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

牡羊座(3月21日~4月20日)の特徴

牡羊座は、人の一生を星座12期に分割すると、第1期(0歳~7歳)に当たることから、あらゆるものの始まりを意味し、何事も初めてという性質を持っています。このため、既に存在するものの分割や分析、説明を拒否します。
この牡羊座のパーソナリティは、世話されなければ生きられない存在から、一連の発達を経て周囲の環境を理解していく子供に例えられるでしょう。

エネルギーと、力の惑星である火星に支配される牡羊座は、激しい気性と圧倒的な精力の待ち主です。客観的な比較を通じて自らを理解するよりも、自分自身として存在することを望みます。このポジティブな存在は、最も純粋な自己表明 「私は~である」 に熱中します。ですから牡羊座は、誤解されたり、自分以外のものと取り違えられたりすることを嫌います。

牡羊座生まれの人は、幼い子供と同じで、のびのびして率直で開けっぴろげな半面、自己中心的でわがままです。また、無邪気な目で、畏れと驚きに満ちて世界を見つめます。
スターとして輝きたいという欲望と同時に、探求への衝動も強いものがあります。自我を支えるために、他人の承認を必要とすることはありませんが、むしろ注目されたいタイプです。

思考より、行動を重んじる傾向にあります。あれこれ思い悩まず、直観的に行動することが最善と考えているため、邪魔が入ったり、じらされたりすると、強い苦痛を感じるようです。
ときには生活から一歩退いて客観性を身につけ、距離を置いて問題を検討することを学ぶといいでしょう。

リーダーになりたいとの強い願望を見せることも少なくありません。ただし、一番になりたいという欲求をもちながら、それに必要な技量や度量を欠いた場合、欲求不満に陥り、くよくよ思い悩むことになりそうです。うまくいけば独創的で理想に溢れた開拓者となりますが、最悪の場合、目新しいものを追うばかりで無神経な利己主義者になってしまうでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

7日生まれの人は、ナンバー7と海王星に支配されています。ナンバー7に支配される人は、変化や旅行を好み、一か所に落ちつきません。また、物事が中途半端になりがちで、非現実的なところがあり、現実から安易に逃避することが心配されます。
海王星は、想像、夢、神秘的な現象をつかさどるため、海王星に支配される人は、知的で深みがあります。一方で、まわりくどく、態度がハッキリしないところもありますが、不思議と人を魅了し、どんな垣根も取り払うことが出来ます。

4月7日は、牡羊座を支配する火星の影響も受けます。火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。この火星の熱いエネルギーは、仕事に関して良くも悪くも大きな影響を及ぼします。攻撃だけで、仕事をこなすことは難しいと知り、熱い想いはコントロールすることで、大きな成果が得られるはずです。

これらの性質を受ける4月7日生まれは、火星の影響で、神経質になりやすく、自分や他人に対して苛立ちや怒りを感じやすくなります。また、お金の扱いに無頓着なところがあり、金銭的なトラブルを招く恐れがあります。とにかく、苛立ちをお金で解決しようとしないこと(高価な買い物や食事、ギャンブルなど)。
特に、クレジットカードの使い方には十分注意してください。

タロットが導くカード

7日の大アルカナ・カードは戦車。意気揚々たる戦士が、自分の存在を力強く誇示しながら進んでいきます。正しい道が、いかに狭く危険であっても前進しなければならない、と解釈することもできるでしょう。

このカードのもつ良い面は成功、才能、有能です。
悪い面は傲慢。方向を見失いやすいという面もあります。

健康について

落ち着きを身につければ、健康で長生きできます。しかし、何事にも熱心になり、つい無理をしがちです。いくら体力に自信があっても、不摂生が過ぎると命を縮めることにもなりかねません。

人生の転機にさしかかったとき、うまく方向転換できれば、長寿が得られるでしょう。そのためには、忍耐力を培い、待つことを学ぶ必要があります。そうすれば健康にもいい影響があるでしょう。

ストレス性の胃潰瘍になりやすいので、薄味の食事を心がけ、脂肪の多いものや刺激の強い食べ物は避けるように。

4月7日生まれの方へ

これほど何かに熱中できる人はいません。ただし、反応は人それぞれ違うので、自分の熱意や期待感を人に押しつけないよう注意。誰にでも選ぶ権利はあるのです。

幻想の世界に浸っていないで、もっと現実的な考え方をするようにしてください。また、思った通りにいかないからといって、すぐに腹を立てないこと。

【瞑想の言葉】

腕のいい大工は板を切る前に2度はかる。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link