5月7日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月7日【牡牛座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

5月7日生まれの人は、美しいもの、特に音楽を愛します。声や肉体の美しさに惹かれるだけでなく、美しさを作りだす才能にも恵まれています。この日生まれの人の手にかかると、色や形、音や言葉など、すべてが魅力的になります。

精神的に未熟な若年期には、欲しかったものを所有するだけで満足してしまいます。しかし、人間的に成熟してくると、物質的な世界から精神的な世界へと関心が移っていくでしょう。
なかには宗教的な目標を掲げる人もいます。また、無神論者や理論派の人でも、見えない力の存在を感じて献身的な行動をとるようになるでしょう。


Sponsored Link


5月7日が導く運勢

【理想に身を捧げる人】

とても献身的な人です。信じる理想のためなら、命の限り全身全霊を捧げます。宗教、精神、芸術、社会問題など、理想の中身が何であれ、その姿勢は変わりません。お金のことはあまり気にしませんが、生活に喜びを与えてくれるものは欲しがります。蓄財には関心がなく、その反動のためか、贈り物をもらったり思わぬ遺産が転がりこんだりすることもありそうです。また、理想とする仕事からも多くの物質的な報酬が得られます。

【長 所】

  • 威厳がある
  • 愛情を込めて人に尽くす
  • 美的センスに恵まれている

【短 所】

  • 現実離れしている
  • トラブルに巻き込まれやすい
  • フラストレーションを溜めやすい

心理/性格

女性のなかには、引っ込み思案で我慢し過ぎる人がいます。その場合、欲求不満になり、抑圧した感情が神経過敏や不安となって表れることがあります。とはいえ、そんな女性たちは自分の弱点を知ってなんとか克服しようとするので、いずれは心が安定し、落ち着きを取り戻すでしょう。一方、抑圧された衝動や欲望をもった男性の場合、要求をなんとか満たしますが、やり方に強引なところがあって、人間的な成長につながらないことが多いようです。

人間的に成長してくると、自然と身のこなしが優雅で威厳にあふれてくるため、周囲の人達もその影響を受けて自信を持つようになります。また、頭が切れるので、遠回しな発言をせず、ズバリと核心を突く言葉は強い影響力を発揮します。

一人でいるのを好み、人と付き合うより家でゆっくり過ごしたがります。子供を持つと非常に真面目な親になり、精神的にも物質的にも必要と思えるものはすべて子供に与えようと努力するでしょう。

この日生まれの人には独学が多いようです。そのため、人に教えるときも、教訓より実体験を重視し、役に立たないとなったら教科書さえさっさと捨ててしまいます。しかし、本質的には伝統を重んじる保守的な人です。また、専門分野をもっている人は、進んでそのジャンルの前例を調べ、仕事の上で確固たる足場を築こうとするでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

牡牛座(421日~521日)の特徴

牡牛座は、人の一生を星座12期に分割すると、第2期(7歳~14歳)に当たることから、成長と発達を意味し、身辺の管理を覚えていく子供に例えられます。この、少年期から思春期への成長は、何が自分のもので、何がそうでないかを学ぶ時期でもあるため、牡牛座の人は、大切なものを維持管理することが主要なテーマになります。

金星に支配される牡牛座は、調和を求め、身のまわりを美しくすることに関心があります。物質界との関わりが深いため、大切なものを所有することと安全を確保することが、人生に大きく影響するでしょう。

牡牛座は、シンボルの雄牛さながらに頑固で闘争的です。しかし、調和を求めるので、意外に柔軟なところもあります。また、牡羊座は、何にでも興味をもつところがあります。特に、異性、食事、スポーツなど、肉体に関するすべてに関心を寄せるでしょう。

基本的に、プロジェクトを立ち上げ、形にすることを得意とします。
牡牛座生まれの人は、じっくりと考える能力が発達しており、周到な計画をたて、時が熟するのを待って実行に移す慎重さがあります。しかし、物事を先延ばしにして、行動のきっかけをなくすこともあるようです。

牡牛座生まれの人は、集団に属することを好む半面、かなりの部分を自己裁量でやりたいと願います。支配したいという欲求が強いため、いつまでも追随者ではいられません。
頑固者との評判どおり、一緒に働く人々に対して譲れない線を示すことも多いでしょう。

特徴的なのは、周囲の人に対して最もプラスになることを心に留め、人の為に生きようとすることです。しかし、「自分のやり方以外は認めない」と主張するところがあり、誤解を招くことが多々あるようです。
頑固な態度は、自分優先に利益を守ろうとしているのでは? という印象を周囲に与えるため、利己的と非難されないよう言動には注意してください。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

7日生まれの人は、ナンバー7と海王星に支配されています。
ナンバー7に支配される人は、変化や旅行を好み、一か所に落ちつかず、物事が中途半端になりがちです。また、非現実的なところがあり、現実から安易に逃避することが心配されます。
海王星は、想像、夢、神秘的な現象をつかさどるため、海王星に支配される人は、知的で深みがあります。一方で、まわりくどく、態度がハッキリしないところもありますが、不思議と人を魅了し、どんな垣根も取り払うことが出来ます。

5月7日は、牡牛座を支配する金星の影響も受けます。金星は社交をつかさどる惑星です。また、美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴でもあります。このため、金星の影響を受ける人は、母性的で世話好きなところが強調され、心地よさや気持ちよさ などの感覚を愛するでしょう。

これらの性質を受ける5月7日生まれは、金星が海王星に強く働くので、よりいっそう感受性が強まり、ロマンチックな性格になります。

ナンバー7の影響により、気分転換に旅行を好みますが、基本的に、仕事場や自宅からあまり離れたくない気持ちがあるため、海外旅行のような遠出は避ける傾向にあります。
この自分の居場所を離れたくない気持ちは、「もし自分が不在の時に何かあったら・・・。」という責任感から来るものですが、あまりに神経質になるのは考えものです。もう少し周りの人を頼り信頼することで、私生活も仕事も充実し、心も安定することでしょう。

タロットが導くカード

7日の大アルカナ・カードは戦車。意気揚々たる戦士が、自分の存在を力強く誇示しながら進んでいきます。
正しい道が、いかに狭く危険であっても前進しなければならない、と解釈することもできるでしょう。

このカードのもつ良い面は成功、才能、有能です。
悪い面は傲慢。方向を見失いやすいという面もあります。

健康について

人生の早い時期から両極端の性質があります。それは知的な面と感情的な面、精神的なものと物質的なものです。これらのバランスがうまくとれればいいのですが、無理をするとストレスになって神経系の不調を招くことも。とはいえ、自分の事がよく分かってくれば、心のやすらぎを得られるでしょう。

中年になってからも運動は続けるべきですが、瞑想やバランスの摂れた食生活、精神修養や宗教活動もプラスの影響があります。中年過ぎの体力の衰えに要注意。特に不摂生をしなくても、興味が他のことに向いてしまうため、つい健康管理がおろそかになりがちです。音楽を聴くのも健康のためにはいいでしょう。

5月7日生まれの方へ

感情をただ抑えるだけでなく、その抑えた感情をいかにコントロールし、仕事のエネルギーに転じられるかが重要なポイントとなるでしょう。

ありのままの自分を受け入れ、過去より未来に目を向け、自分の信念に捉われ過ぎないことが大事です。あまりに献身的過ぎると、進むべき方向を誤ってしまう可能性があります。定期的に休息をとり、何も考えない時間を確保してください。

【瞑想の言葉】

進化の段階は音階に通じる。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link