5月5日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月5日【牡牛座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

5月5日生まれの人は、人を教育して啓蒙するのが自分の使命だと信じています。したがって、地位のあるなしに関わらず、人生についてのアドバイスを与えるのが上手です。しかし、それが行き過ぎると「余計なお節介」となり相手を怒らせることもあるようです。とはいえ、相手が一旦は腹を立てても、後からそのアドバイスを有難く思う人も多いでしょう。


Sponsored Link


5月5日が導く運勢

【目覚めを促す人】

この日生まれの人にとって、「目覚め」は重大なテーマです。幻想のベールを引き剥がして人の目を覚まし、やる気を起こさせ、真実を見せようとします。勇気を奮い起こして権利を守るよう伝える一方で、ちょっとした工夫で人々の日常生活を向上させようとも努めます。

メッセージの中身は様々ですが、集合ラッパを吹き鳴らして人々を行動に駆りたてるのが自分の使命だと思っています。家族や友人や同僚などが無知だったり、目覚めていなかったりするのが許せない人です。

【長 所】

  • 説得力がある
  • 洞察力に富む
  • 人を教え導く

【短 所】

  • 自分の主張を押しつける
  • 無神経
  • やきもちやき

心理/性格

優れた頭脳の持ち主ですが、その知性を机上の理論だけに用いることはありません。やりがいを感じるのは、あくまで理論の応用や実際に役立つことだけのようです。ただし、信念を曲げないのは良いのですが、間違った時にはそれを素直に認めることが大切です。挫折や敗北の後、もう一度やり直すガッツがあるかどうかが成功の鍵です。

お手本としての自分の役割を維持しようと、変に用心するところがあります。また、人に無視されるのが何よりこたえるタイプなので、無視されないためなら何でもします。そのため、自分の役割が奪われそうになると躍起になって守ろうとしますが、注意しなければならないのは、ライバルヘの露骨な攻撃です。もう少し、心に余裕を持たないと仲間や支持者が離れていってしまいます。

人に対して先入観を抱きがちです。そのため、家族や友人は何かと気詰まりになることも多いでしょう。誰でも一個人としての自分を認めてもらいたいのに、そのことを無視しがちです。

基本的に、自分を売り込むのは得意なのですが、考えをろくに練らず、売り込みばかりに時間を費やしてしまうことがあります。さらに、許容力の幅がないので、怠惰な人には手厳しい態度をとるようです。自分自信の精神的な成長のためにも、人の成長を見守ることも忘れずに。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

牡牛座(421日~521日)の特徴

牡牛座は、人の一生を星座12期に分割すると、第2期(7歳~14歳)に当たることから、成長と発達を意味し、身辺の管理を覚えていく子供に例えられます。この、少年期から思春期への成長は、何が自分のもので、何がそうでないかを学ぶ時期でもあるため、牡牛座の人は、大切なものを維持管理することが主要なテーマになります。

金星に支配される牡牛座は、調和を求め、身のまわりを美しくすることに関心があります。物質界との関わりが深いため、大切なものを所有することと安全を確保することが、人生に大きく影響するでしょう。

牡牛座は、シンボルの雄牛さながらに頑固で闘争的です。しかし、調和を求めるので、意外に柔軟なところもあります。また、牡羊座は、何にでも興味をもつところがあります。特に、異性、食事、スポーツなど、肉体に関するすべてに関心を寄せるでしょう。

基本的に、プロジェクトを立ち上げ、形にすることを得意とします。
牡牛座生まれの人は、じっくりと考える能力が発達しており、周到な計画をたて、時が熟するのを待って実行に移す慎重さがあります。しかし、物事を先延ばしにして、行動のきっかけをなくすこともあるようです。

牡牛座生まれの人は、集団に属することを好む半面、かなりの部分を自己裁量でやりたいと願います。支配したいという欲求が強いため、いつまでも追随者ではいられません。
頑固者との評判どおり、一緒に働く人々に対して譲れない線を示すことも多いでしょう。

特徴的なのは、周囲の人に対して最もプラスになることを心に留め、人の為に生きようとすることです。しかし、「自分のやり方以外は認めない」と主張するところがあり、誤解を招くことが多々あるようです。
頑固な態度は、自分優先に利益を守ろうとしているのでは? という印象を周囲に与えるため、利己的と非難されないよう言動には注意してください。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

5日生まれの人は、ナンバー5と水星に支配されています。
ナンバー5に支配される人は、辛いことがあっても長くは落ちこまず、すぐに立ち直る明るさを持っています。一方、水星は、頭の回転の速さとコミュニケーションをあらわします。
水星に支配される人は、細部に注意を払い、先読みして行動することを好むため、トランプやマージャン、パズルなどのゲームが得意なこともこの惑星の特徴です。

5月5日は、牡牛座を支配する金星の影響も受けます。金星は社交をつかさどる惑星です。また、美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴でもあります。このため、金星の影響を受ける人は、母性的で世話好きなところが強調され、心地よさや気持ちよさ などの感覚を愛するでしょう。

これらの性質を受ける5月5日生まれは、頭の回転の速さが災いし、起こり得る災難を先読みしすぎて不安をあおり、相手を怒らせてしまうことがあるようです。
人の事よりも、もう少し自分を客観的に判断し、心ない発言など悪いところは直すよう努めたほうがいいでしょう。

注意すべきは、リスクを冒すことに魅力を感じ衝動的に行動すること。たとえ挫折して集中力を失ったとしても、仕事は責任をもってやり遂げる人ですが、間違いを素直に認める態度をとることで、周囲から信頼され、大きく成長出来るでしょう。

タロットが導くカード

5日の大アルカナ・カードは祭司。神聖な秘密を明かす存在であり、人間の知恵と信仰の象徴です。祭司は奥義に通じ、目に見えないものを支配しています。

このカードのもつ良い面は、自信と洞察力。
悪い面は、他者への説教、誇張、独断です。

健康について

仕事や運動、食事や恋愛、遊びなど、バランスが取れた生活をするよう心がけてください。何か一つに夢中になると、他の事がどうでもよくなる癖があるので気をつけましょう。この癖を避けるには、毎日のスケジュールを立てることです。たとえ計画通りに行かなくても、スケジュールを立てることで、大事なことは忘れないはずです。

食べ物は、パイやパン、肉や脂肪分の多い乳製品などが好きなので、食べ過ぎには要注意。どうしても食欲が我慢できないのであれば、メンタルトレーニングによって食欲をコントロールするといいでしょう。無茶なダイエットでは、リバウンドを繰り返すだけです。

5月5日生まれの方へ

人のことは暫く放っておきましょう。自分の問題に専念すれば、悪い流れを変えられるはずです。間違いを認めることも大事。人が間違った結論を出しても、口をはさまないように。手を差しのべる時は、さり気なく。

家族や友人の欠点や我がままなど、風変わりなところを個性として認められる寛容な心を持つようにしてください。

【瞑想の言葉】

道を間違えたら、引き返して別の道を行くこと。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link