7月29日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月29日【獅子座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月29日生まれの人は、個人よりも集団を優先させます。そのせいで、個性の大切さを見過ごしてしまいがちです。親になったら、子供を一個人として扱い、個性を伸ばしてやるよう心がけなければなりません。グループへの帰属本能があまりに強いため、一個人としての決断が必要になるということを忘れてしまいそうです。自分も自由意志と意見をもった一人の人間だと、自覚することが大事です。


Sponsored Link


7月29日が導く運勢

【査定の達人】

周囲の人たちの特質、可能性、徳性、業績を正しく評価できる人です。おまけに、家族や社会、組織の今後について、適切な予測をすることもできます。ビジネス、政治、軍隊といった競争社会に放り込まれた場合、持ち前の洞察力で対する相手を評価し、値踏みすることになるでしょう。

【長 所】

  • 観察力が鋭い
  • 忠実
  • 頭でっかち

【短 所】

  • 自分の意見に固執する
  • 身びいきが強い
  • 自分を抑え過ぎる

心理/性格

文化や民族、国家を観察するとき、ついつい固定観念や先入観で見てしまう癖があり、これが難点です。自分が忠誠を誓うグループや組織については、間違いないとして、マイナス点に気づかず見逃してしまうことがあります。逆に、他のグループについては、よく観察しマイナス点を的確に指摘できます。これはおそらく、身びいきが強いあまり、冷静な目が曇ってしまうからでしょう。

大抵は、子煩悩なタイプで、仲間や親戚を誇りに思っています。そして、家族ぐるみの公式行事をとても重視するでしょう。特に配偶者と子供を大切にし、物質的にも精神的にも危険な目に遭わせないよう努力します。また、グループを構成する人々の性格や力関係を敏感に把握できる人なので、争い事が起きてもうまくさばく能力があります。ですから、労使の調停役や政党人などになれば、素晴らしい手腕を発揮できるでしょう。

基本的に失敗しても、個人としては責任を取ろうとしません。また弁明もしません。その代わり、成功したら自分のグループの功績に帰します。しかし、こんなことを続けていては、自分の理想がどこかにいってしまい、しっかりした自分の考えが育たない恐れがあります。ここぞというときは、しっかり前に出て、個人の力で対応することも必要です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

獅子座(7月23日~8月23日)の特徴

獅子座は、人の一生を星座の12期に分割すると第5期(28歳~35歳)に当たります。この獅子座は、若い力が社会の中で全力を注ごうとする「成熟した大人」に例えられ、世の中を明るく照らし出す創造的な力をあらわします。また、獅子座は、地上に足跡を残したいという自我の欲求を象徴し、「野心」「権力」「自信」が大きな特徴になります。

獅子は、勇気と王者の風格により、尊敬され、畏(おそ)れられます。この要素をもつ、獅子座の人は、先頭に立つことを好み、他人は従うのが当然だと思っています。また、必要とあらば不正や抑圧や悪と戦うことも辞しません。一方で、分かち合いと心の温かさも重視し、享楽と満足と調和を求めます。

ケチ臭い事や惨めったらしいことが大嫌いで、百獣の王の名にたがわず、価値がないと判断したことは無視する傾向があります。自分のやりたいようにやるだけでなく、気に入らない申し出を断わる強さや、決意を守り通す意志を誇示したがる傾向もあり、獅子座生まれの人にとって、口にした約束は絶対です。ただし、頑固な態度や古くさいやり方に固執することが、成長の妨げにもなります。

基本的に獅子座の人は、誉められることが大好きで、容貌だけでなく行為についてもそれを求めます。このため、他人から祭り上げられることは少しも苦ではありません。生まれながらのリーダーも多く、家族や社会、政治など様々な集団の手本となるでしょう。しかし、本来は、黙々と物事をやり遂げ、自信と信頼のイメージを伝えることを好む人です。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

29日生まれの人は、ナンバー2(2+9=11➡1+1=2)と月に支配されています。ナンバー2に支配される人は、良き同僚、良きパートナーとなりますが、リーダー向きではありません。また、月の支配を受けることで、協調性は強くなりますが、自分で物事を決め行動する気持ちが抑圧されます。

7月29日は、獅子座を支配する太陽の影響も受けます。太陽は、創造力や生産力を象徴し、人々に活力を与える存在です。

これらの性質を受ける7月29日生まれは、月と太陽がバランスよく影響することで、やるべきことを予測し物事を順序よく組み立てることができます。しかし、内省的で受け身がちなところがあるため、個人の独創力や行動力にブレーキがかかり、欲求不満になりがちです。太陽の明るい性質を活かすためにも、自分の考えをオープンにし、様々な人に意見を聞いてもらうことが大事です。思っているだけでは、事態は何も好転しないものと心得てください。

タロットが導くカード

29日の大アルカナ・カ-ドは女祭司。玉座につき、冷静で何事にも動じない姿が描かれています。女祭司は秘められた力や謎を超自然的な能力で解き明かし、その知識をもって人間に力を授けます。

このカードがもつ良い面は、沈黙、直観、慎み、思慮分別。悪い面は、誰にも打ち解けず、人を信頼しないこと。また、すべてに無関心で、ものぐさなことです。

7月29日生まれの人は、このカードの悪い面が心配されます。特に、議論ばかりで、なかなか行動に移さない態度には要注意です。

健康について

身内が遺伝性の病気にかかると、自分もやがて、そうなるのではないかと悲観しがちです。ですから、自分が依存症に陥ったり、精神的に不安定になったり、あるいは欠陥を抱えたりすることになると、遺伝だと思って諦めてしまうところがあります。確かに遺伝性の病気は多いでしょうが、ライフスタイルや健康管理も影響します。元々、理論的なタイプなので、健康管理にも前向きなはずです。「病は気から」といわれるように、病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなります。体によい食事と睡眠のパターンをよく理解し実行すれば、おのずと健康はついてきます。

7月29日生まれの方へ

一般論にこだわり過ぎず、人それぞれだと肝に銘じることです。自分の軌跡を無視してはいけません。先祖から受け継いだものに誇りをもち、同時にそれを隠れ蓑にしないようにしてください。

【瞑想の言葉】

覚えておく必要はない。さっぱり忘れてしまおう。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link