12月13日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月13日【射手座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

12月13日生まれの人は、時間を要する仕事に向いています。短期間の仕事では、思い通りに事が進まず、落胆することが多々あるようです。そもそも、時間をかけずに出来ることは、あまり価値がないものだと、考えているのでしょう。ですから、「近道をする」「計画を端折(はしよ)る」「一攫千金を夢見る」などの努力の無いものには、大きな疑問を抱いています。ただ、そんな風に軽薄さを嫌っていながら、自分の心の奥底を見つめることは苦手な人です。


Sponsored Link


12月13日が導く運勢

【大きな視点と小さな視点を合わせ持つ人】

物事を大局的に見る力を持っていますが、そのうえ細部にまで目配りできます。仕事はとても丁寧で、ゆっくりと慎重に、そして正確に、心を込めて進めます。その間も最終的な目標を見失うことはありません。

大きな視点と小さな視点を同時に持つことができるので、成功するチャンスが増えるでしょう。しかし、何かを始めた時点であまりに細かい部分にこだわり過ぎると危険なこともあります。

慎重すぎたり臆病になったりして身動きが取れなくなり、最後までやり遂げる自信をなくし断念してしまうことにもなりかねません。達成すべき目標が大きすぎて、時間内に済みそうもないような場合、細かい部分にこだわる性向が足かせになってしまうこともあるようです。

【長 所】

  • 注意深い
  • 洞察力に富む
  • 思慮深い

【短 所】

  • 周囲の平穏をかき乱す
  • イライラしやすい
  • 小うるさい

心理/性格

時として、私生活と仕事がゴッチャになって悩むこともあるでしょう。それは仕事の手を休めて人生を振り返ったり、生きる意味を考えたりしないせいかもしれません。

一方で、心理学者にも似ています。家族や友人、同僚などが心の底でどんな欲求を持っているのかに興味があるのです。人が置かれている状況やその状態(自分の欠点なども含めて)を、皮肉のこもった目で観察します。相手が何とか隠そうとしても、心の奥底を読み取ってしまいます。人生の神秘を探る探偵だと自負しているのかもしれません。その鋭い洞察力を周囲の人は必ずしも歓迎しないでしょう。時にはアンテナを伸ばすのをやめて、人のプライバシーを尊重すべきです。

丹念な作業をこなす才能が発揮されるのは、物を形にするときではなく、プロジェクトを思いついたり、計画を練ったり、作業の進行を監督したりしているときです。つまり、大きな目的のために働いているときは、目先のことだけに集中すればうまく行くということです。ドアのノブを丁寧に磨いているときは、ドアを開けることなど忘れていいのです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

射手座(11月22日~12月21日)の特徴

射手座は、人の一生を星座の12期に分割すると第9期(56歳~63歳)に当たります。この年齢から得られる、射手座のパーソナリティは、家族や仕事の責任を離れて、個人的または普遍的な関心事に専念し始める有力な大人に例えられます。また、巨大な惑星である木星に支配される射手座は、人間精神における鉄人的な態度(何ものにもとらわれない楽天的なところや細部にとらわれずに全体が見られる能力)の増大を象徴します。

射手座のシンボル射手は、半人半馬の賢者ケンタウロスです。射手座の哲人が放つ矢は、ものごとの核心を射貫くことで、人間を高い精神に引き上げ、星の世界までも連れて行きます。この射手座の精神世界は、目標を遠くにおきすぎて、挫折することもありますが、一方で、人が下劣な卑しい行為に陥ることを防ぎます。

射手座を支配する木星のエネルギーは、本人だけでなく他人にも、物事の良い面を見るようにしむけます。また、木星から豪放さや楽天性、全体像を見ようとする欲求などが与えられます。ところが、理想主義的な意見が災いして論争に巻きこまれることもあります。
射手座生まれには、より高い真実を求めて現実社会の価値観を否定するところまで行ってしまう人も少なくありません。自分と異なる信念をもった人をあまり非難しないよう気をつける必要があります。

射手座生まれの人が移動と旅行を好むことはよく知られていますが、居心地がよければ、同じ場所に留まって、思索の世界を探求することに満足することもあります。基本的に、退屈することは滅多になく、常に新たな自己表現の方法を求めています。また、世界をもっとよく知ろうと努めますが、人間が見習うべき理想として、自然や動物に特別の関心を示すでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

13日生まれの人は、ナンバー4(1+3=4)と天王星に支配されています。ナンバー4に支配される人は、何をするにも独特の方法を用い、少し風変わりです。天王星は、独創性や反抗精神、また急激な変化や思いがけない行動をつかさどります。

12月13日は、射手座を支配する木星の影響も受けます。木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的です。この性格は、問題を解決するための方法を建設的に検討し行動する力を後押しするでしょう。

これらの性質を受ける12月13日生まれは、他人の人生をかき乱し、自分の生活を激変させる恐れがあります。また、人生の節目に感情をうまくコントロールすることが出来ず、精神的に不安定になるようです。注意すべきは、目先の事に一喜一憂すること。計画の上の実行を心掛けてください。

ちなみに、13は不吉な数字だと考えられていますが、正確には強い力をもつ数字というべきです。人がその力を賢く使えばいいのですが、その逆なら身の破滅をもたらすような数字だということに要注意です。

タロットが導くカード

13日の大アルカナ・カ-ドは死神。しかし、死神のイメージで、このカ-ドを解釈することは滅多にありません。自分の限界を超えて成長して行くために、過去に別れを告げることを意味しているのです。

死神とナンバー4の組み合わせは、落胆、幻滅、悲観、憂鬱(ゆううつ)に注意せよと告げています。また、12月13日生まれの人に対して、落胆や幻滅と闘わなければならないことを示しています。

健康について

体調を気にし過ぎるようです。体のどこが悪いか、それをどのように治療するかについて、妙な考えをもっている場合もあります。そのため回復するどころか、余計に悪化させてしまうことも。

最新の治療法や、怪しげなニューエイジ療法(霊的神秘的な療法)を売り物にする健康法などには慎重になったほうがよさそうです。一番いいのは、医師やカウンセラーに相談することです。

食事と運動は、細かい部分にこだわって、気まぐれに変えてばかりいては何にもなりません。試して良かった調理法を続け、量とバランスを考えた食生活にすることが大事です。そして運動も適度に行いましょう。

12月13日生まれの方へ

一風変わっていて、とても個性的。それが仕事のうえでも、対人関係でも、家庭でも、トラブルの元になることがあります。時には妥協も必要。職場でも家庭でもその他の人間関係でも、その方が周囲もやりやすいはずです。そして何より、細かいことにこだわったり、厳し過ぎる態度をとったりして、人の神経を逆なでしないように注意してください。

自分で自分の足を引っ張ってはいけません。前進あるのみ。磨き過ぎて、すり減ってしまうことだってあります。人の短所や風変わりな点も受け入れましょう。寛容さは誰もが望むものです。

【瞑想の言葉】

「木を見て森を見ず」ということもある。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link