11月7日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月7日【さそり座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

11月7日生まれの人は、あらゆることに興味津々です。自分の携わっている技術や職業であればなおさら興味が尽きません。何かを分解し、また元通りに組み立て、仕組みを調べるのが大好きな人です。指導やマニュアル無しにそれをやってのけることもあります。その意味では、独学好きで、常に腕を磨き続けるため、最終的には技術を極めるでしょう。一方、楽しいことが好きで、実に愉快で魅力的な存在でもあります。


Sponsored Link


11月7日が導く運勢

【好奇心旺盛な発見者】

前代未聞の体験をする可能性があります。しかし、それは単なる偶然からではありません。未知の世界を探り、丹念に調査して、最終的に何かを発見し体験するでしょう。まさに、この日生まれの人の生きがいは、好奇心と探究心のようです。そのため、ささやかな事から大規模な事まで、妥協せずにひたすら全力を尽くします。

実験や試行錯誤を重ねることに苦はないのですが、目標が高いため、(自分にも他人にも)完全に満足できる結果が出せない限り成功とは認めません。この点、実に厳しい要求をするため、周囲の人たちを困惑させるでしょう。

【長 所】

  • 好奇心旺盛
  • 冒険好き
  • 技術に秀でる

【短 所】

  • 落ち着きがない
  • 気難しい
  • 人を傷つけがち

心理/性格

若いうちは、他のことに心を奪われがちですが、35歳を過ぎた頃からは、ゆっくりと自分自身を見つめる時間を持つことが大事です。心配なのは年齢とともにものぐさになって、何事にも無頓着になってしまうことです。とりわけ問題なのは、だんだん自信を失って、自分自身や自分の能力について否定的な考えを持つようになることです。自分でも気づかないうちに、自分自身が最大の敵になってしまうこともあります。常に明るい気持ちを持ち、世の中や自分の立場を前向きに捉えることが特に必要です。

張り合いのある生活を求めます。そのため、代わり映えのしない仕事やつまらない家庭生活、世の中の退屈な雑事に明け暮れるのは、苦痛そのものと考えています。にもかかわらず、やりがいを求めて引き起こすトラブルを怖がり、結局、退屈な生活に甘んじる場合があります。精神的な成長を目指して自分なりの目標を設定することで、目指すところの、張り合いのある生活が実現できるでしょう。注意しなければならないのは、誘惑に負けないことです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蠍(さそり)座(10月23日~11月21日)の特徴

蠍座は、人の一生を星座の12期に分割すると第8期(49歳~56歳)に当たります。このため蠍座の人は、落ち着いた中年の力が働き、周りの人の人生を指導し支配する能力を備えています。この能力は、職場の長となったり、創造の頂点を極めたりすることも含まれます。ただし、過剰な支配欲や固執した考えなど、周囲への配慮に欠けた執着には要注意です。

重苦しく激しい印象のある蠍座は、暗黒の惑星である冥王星に支配されることもあり、「裏切り者」「陰険」「淫乱」など不当なレッテルを貼られ、評判の悪い星座と思われがちです。
しかし、実のところ、この星座に生まれた人は、無意識の世界に深い関わりがあり、死と再生のテーマによって、ダイナミックな生を与えられているのです。

このため、蠍座生まれの人は「力強さ」「性的な魅力」「宿命的で深みのある面」などが強調されます。また、副支配星に火星をもつため、ダイナミズムと指導力、そしておそらくは闘争性も付与されます。ただし、基本姿勢は生真面目で、ことさらに対立を求めず、家族や身を守るとき以外に、蠍の針を使うことはないでしょう。

蠍座生まれの人は、人生の深刻な側面や悲劇的な性質を本能的に理解しています。そのため、「楽観的なプラス思考」「万能薬」「楽観論」「皮相的な態度」「金ピカ趣味」などを、うさん臭いと感じて疑いの目を向けます。その一方では、ユーモアのセンスに優れ、人生の皮肉に対して大人っぽい理解を示します。また、その気になれば人との接触を断ち、重大な問題を果敢に処理する力を発揮するでしょう。ただ、苦悩をともなう困難なプロセスを通じて、気質や性格が変化しやすく、周囲が困惑することもあるようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

7日生まれの人は、ナンバー7と海王星に支配されています。ナンバー7に支配される人は、変化や旅行を好み、一か所に落ちつきません。また、物事が中途半端になりがちで、非現実的なところがあります。海王星は、想像、夢、神秘的な現象をつかさどります。海王星に支配される人は、知的で深みがあり、不思議と人を魅了し、どんな垣根も取り払うことが出来ます。しかし一方で、まわりくどく、態度がハッキリしないという特徴もあります。

11月7日は、蠍座を支配する冥王星の影響も受けます。冥王星は金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事をあらわします。

これらの性質を受ける11月7日生まれは、海王星と冥王星の組み合わせにより、宗教観や家族のイメージを、自分なりの哲学で解釈しようとします。つまり、答えのないものに、無理矢理にでも答えを見つけ出さなければ気が済まないのです。この性質は、見つからない答えを求めるあまり、スピリチュアル的なものを強く信じる傾向にあるため、悪質な思想や宗教活動に要注意です。大事なことは、結果(答え)は分からないけど、信じて努力すること。そして、目的が達成されたら、感謝の気持ちで祈ることです。人生は、この繰り返しと心得てください。

タロットが導くカード

7日の大アルカナ・カードは戦車。意気揚々たる戦士が、自分の存在を力強く誇示しながら進んでいきます。正しい道が、いかに狭く危険であっても前進しなければならない、と解釈することもできるでしょう。

このカードのもつ良い面は、成功、才能、有能です。悪い面は傲慢。方向を見失いやすいという面もあります。

健康について

男女ともに非常にドライで、自分の立場が脅かされたり、権力がらみの問題に直面したりすると激しく対立するところがあります。この情け容赦ない性格は、人を傷つけ、自分をも苦しめてしまうことがあります。特に男女間の問題は、一言発する前に、一呼吸おきましょう。

消化器官、排泄器官などの病気に要注意。女性は妊娠によるトラブルに十分気をつけること。男性は慢性的な尿道や前立腺の症状に注意してください。

食べることが大好きなので、料理が上手だったり、ワインの専門家だったりすることもあるでしょう。食への興味から、さらに新しい料理法を開拓しようとしますが、肥満やアルコール依存には気をつけること。中高年になってからは生活習慣病が心配されます。定期検診は必ず受けてください。

11月7日生まれの方へ

自分を見直してみましょう。ふさぎ込んではいけません。目標を掲げ、積極的に取り組むこと。気分が落ち込むことは避け、衝動的な行動ををコントロールするようにしましょう。

【瞑想の言葉】

予言が的中しやすのは、自己暗示のせい。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link