11月3日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月3日【さそり座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

11月3日生まれの人は、何が何でも頑張り通すだけのスタミナと忍耐力を持った戦士です。競争心が強く、仮に誰かと競争することがなくても、自分なりの目標やゴールを達成しようと奮闘します。競争して勝つことで、自分の立場をよりよいものにしようとすることは、当たり前のことと考えています。ただ、勝者であると同時に苦労も多く、苦しみに打ちひしがれて黙り込み、落ち窪んだ目をした姿を人前にさらすこともあるでしょう。精神的に成長するためにも、我慢することを覚え、寛容性を養い、もっとオープンになることを心掛けましょう。


Sponsored Link


11月3日が導く運勢

【息の長い戦士】

待つことが得意です。何事にも急ぐのは嫌いで、時間を見方にします。グズグズと時間を引き延ばしているように見えるかもしれませんが、辛抱強く好機を狙う人です。そのため、衝動的になったり、早まってしくじったりすることは、まずありません。敵となる相手は、そのやり方にびっくりしますが、衝動や洞察力よりも、むしろ行動が細部にまで緻密に計算されている点に驚くでしょう。つまり、根っからの負けず嫌いということです。

【長 所】

  • 粘り強い
  • 集中力がある
  • 何が何でも勝ちたがる

【短 所】

  • 苦労性
  • 物事を先延ばしにしがち
  • すぐに落ち込む

心理/性格

プレッシャーを受けても平然としているように見えますが、内部に激情を宿していることは傍目にも明らかです。試練にぶつかると不気味な落ち着きを見せるでしょうが、これは敵にとっては嵐の前の静けさ。いざ相手を攻撃すると、男女ともに決して容赦しない人です。

ただし、運命が味方しない時まで、あえて勝ちに執着すると、大きな代償を払うはめになります。実際、感情面や金銭面で不運続きだと次第に良識がなくなり、ひどく落胆して、極端な場合には自殺を考えることさえあります。逆に機嫌がいいと(大抵は思い通りにことが運んでいるとき)、非常に陽気になります。気分がハイになると頭のねじが緩んでしまうこともありそうです。

集中力に優れ、心身ともに健やかな成長を遂げますが、感情表現は苦手です。考えや気持ちを根掘り葉掘り聞かれると嫌気がさしてしまい、プライベートな質問を拒絶します。一方で、他人の気持ちを察し、相手の立場に立つのは得意で、相手の抱える問題をたちどころに理解できる人です。基本的に、大変思慮深いのですが、自分ではそれに気がつかない人です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蠍(さそり)座(10月23日~11月21日)の特徴

蠍座は、人の一生を星座の12期に分割すると第8期(49歳~56歳)に当たります。このため蠍座の人は、落ち着いた中年の力が働き、周りの人の人生を指導し支配する能力を備えています。この能力は、職場の長となったり、創造の頂点を極めたりすることも含まれます。ただし、過剰な支配欲や固執した考えなど、周囲への配慮に欠けた執着には要注意です。

重苦しく激しい印象のある蠍座は、暗黒の惑星である冥王星に支配されることもあり、「裏切り者」「陰険」「淫乱」など不当なレッテルを貼られ、評判の悪い星座と思われがちです。
しかし、実のところ、この星座に生まれた人は、無意識の世界に深い関わりがあり、死と再生のテーマによって、ダイナミックな生を与えられているのです。

このため、蠍座生まれの人は「力強さ」「性的な魅力」「宿命的で深みのある面」などが強調されます。また、副支配星に火星をもつため、ダイナミズムと指導力、そしておそらくは闘争性も付与されます。ただし、基本姿勢は生真面目で、ことさらに対立を求めず、家族や身を守るとき以外に、蠍の針を使うことはないでしょう。

蠍座生まれの人は、人生の深刻な側面や悲劇的な性質を本能的に理解しています。そのため、「楽観的なプラス思考」「万能薬」「楽観論」「皮相的な態度」「金ピカ趣味」などを、うさん臭いと感じて疑いの目を向けます。その一方では、ユーモアのセンスに優れ、人生の皮肉に対して大人っぽい理解を示します。また、その気になれば人との接触を断ち、重大な問題を果敢に処理する力を発揮するでしょう。ただ、苦悩をともなう困難なプロセスを通じて、気質や性格が変化しやすく、周囲が困惑することもあるようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

3日生まれの人は、ナンバー3と木星に支配されています。ナンバー3に支配される人は、自分のテリトリーでトップを目指し、独立心が旺盛です。そのため、自主性を重んじ、一人でも十分にビジネスを営む力量があり、自営業やフリーの仕事で能力を発揮します。
木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的な性質をもたらしますが、やや非現実的なところもあります。

11月3日は、蠍座を支配する冥王星の影響も受けます。冥王星は金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事をあらわします。

これらの性質を受ける11月3日生まれは、基本的に、何かを一人でしている時が一番幸せな人です。ただし、冥王星の影響から、没頭すると周囲が見えなくなりエネルギーが暴走しがちです。そして、このエネルギーの攻撃的な部分が自分自身に向けられ、悲惨な結果を招くこともあるようです。何かに没頭し集中することは、悪い事ではありませんが、間違った方向にいかないよう、冷静になることを心掛けてください。

タロットが導くカード

3日の大アルカナ・カードは女帝。創造的な知性をあらわします。女帝は完璧な女性。あらゆる女性的要素を一身に備え、母なる大地を潤し、人間の夢や希望、憧れを体現しています。

このカードがもつ良い面は、魅力、優雅、絶対的な愛。悪い面は、虚栄、気取り、完全なものしか認めないことです。

健康について

他人も自分自身も、是が非でも感情をコントロールしようとする傾向があるため、注意が必要です。これが心身のあらゆるトラブルにつながります。精神面で危険ないのは、うつ状態や自殺の衝動などでしょう。肉体面では腹部の器官(特に消化器官)に悪影響が出ることがあり、ひどい場合は悪性の病気や腎結石、潰瘍を引き起こします。攻撃的な態度を抑えて、和やかに、やさしく感情を表現することで、精神的な負担は軽減され、病気も寄せ付けなくなるでしょう。

食べることが大好きで、体調を崩さなない限り、脂肪やアルコール、タンパク質の摂取には無頓着になるようです。腹八分目を心がけ、食生活に見合った適度な運動を心がけましょう。

11月3日生まれの方へ

時には成り行きに任せましょう。苦しみや怒りは、おのずと解消されるものです。熱中するあまり現実を見失わないこと。怠惰な生活には要注意。楽しむときは節度を忘れずに。

【瞑想の言葉】

良識ある敗北は立派な勝利。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link