11月2日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月2日【さそり座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

11月2日生まれの人は、何らかの変化に遭遇しながら忙しく過ごします。その変化は自分の身に起こることもあれば、周囲の状況に起こることもあります。そのため、関わる人の、運勢も大きく左右されます。他人の人生ですら、良い方にも悪い方にも変えてしまう存在なのです。ですから、自分が周囲に影響を与えることを十分に自覚することが大事です。そうでないと、自分を支配する何かの力に流され、取り返しのつかない結果を招く恐れがあります。


Sponsored Link


11月2日が導く運勢

【変える力を持つ人】

改善すべき点があると思えば、自分の力でそれを変えようとしますが、周囲にとっては迷惑千万ということが「無きにしも非ず」です。変化をもたらす力があることをしっかり自覚し、その力の使い道を誤らないように注意してください。状況を考え、自らの影響力を抑えられるようになれば、精神的に成長した証拠です。辛抱強く、待つべき時に待つことができると、パートナーや子供を最良の方向へ導くことができるでしょう。

【長 所】

  • 影響力がある
  • パワフル
  • 順応性がある

【短 所】

  • 人に気詰まりな思いをさせる
  • 人を操りたがる
  • もったいぶっている

心理/性格

自らがもたらす変化の影響は計り知れないものがあり、企業や社会的な組織、宗教団体などの構成、方針、目的さえも左右します。ただし、自分自身の人格を変えるという究極の課題を果たせないと、全ては徒労に終わります。自分自身を変え、自分に何が必要なのかを知ろうと懸命に努力すれば、その後の人生で成功する可能性は大いにあります。

自分自身を変えるべき時にそれができないと、やがて行き詰って、欲求不満や怒りを抱き、落ち込みます。自分の力を有意義に生かし、人々のために尽くせば、周囲に大きく貢献できるはずです。

基本的な流れとして、28歳前後、44歳あるいは56歳のときに人生の岐路に立たされ、大きな方向転換を迫られます。この時期は特に、金銭や権力などに釣られて、自分を見失ってはいけません。むしろ出来るだけ身軽でいるように心がけ、遊び心や楽しみを忘れないようにすることをおすすめします。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蠍(さそり)座(10月23日~11月21日)の特徴

蠍座は、人の一生を星座の12期に分割すると第8期(49歳~56歳)に当たります。このため蠍座の人は、落ち着いた中年の力が働き、周りの人の人生を指導し支配する能力を備えています。この能力は、職場の長となったり、創造の頂点を極めたりすることも含まれます。ただし、過剰な支配欲や固執した考えなど、周囲への配慮に欠けた執着には要注意です。

重苦しく激しい印象のある蠍座は、暗黒の惑星である冥王星に支配されることもあり、「裏切り者」「陰険」「淫乱」など不当なレッテルを貼られ、評判の悪い星座と思われがちです。
しかし、実のところ、この星座に生まれた人は、無意識の世界に深い関わりがあり、死と再生のテーマによって、ダイナミックな生を与えられているのです。

このため、蠍座生まれの人は「力強さ」「性的な魅力」「宿命的で深みのある面」などが強調されます。また、副支配星に火星をもつため、ダイナミズムと指導力、そしておそらくは闘争性も付与されます。ただし、基本姿勢は生真面目で、ことさらに対立を求めず、家族や身を守るとき以外に、蠍の針を使うことはないでしょう。

蠍座生まれの人は、人生の深刻な側面や悲劇的な性質を本能的に理解しています。そのため、「楽観的なプラス思考」「万能薬」「楽観論」「皮相的な態度」「金ピカ趣味」などを、うさん臭いと感じて疑いの目を向けます。その一方では、ユーモアのセンスに優れ、人生の皮肉に対して大人っぽい理解を示します。また、その気になれば人との接触を断ち、重大な問題を果敢に処理する力を発揮するでしょう。ただ、苦悩をともなう困難なプロセスを通じて、気質や性格が変化しやすく、周囲が困惑することもあるようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

2日生まれの人は、ナンバー2と月に支配されています。ナンバー2に支配される人は、良き同僚、良きパートナーとなり、仕事や人間関係を円滑にするでしょう。しかし、月の影響を受けることで、主導権や自主的な行動が抑制されるため、リーダー的な存在にはなりにくいようです。また、月のもつ思慮深さが消極性を強めるため、フラストレーションが溜まるでしょう。

11月2日は、蠍座を支配する冥王星の影響も受けます。冥王星は金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事をあらわします。

これらの性質を受ける11月2日生まれは、冥王星が強く影響することで、支配的になり人を操りたいという感情が生まれます。そして、人の人生に大きな影響を及ぼすでしょう。また、常に変化を求めるため、周囲の人々は振り回されることが多々あるようです。とにかく、向かうべき道を間違わないためにも、目先の利益や欲望には要注意です。

タロットが導くカード

2日の大アルカナ・カ-ドは女祭司。玉座につき、冷静で何事にも動じない姿が描かれています。女祭司は秘められた力や謎を超自然的な能力で解き明かし、その知識をもって人間に力を授けます。

このカードがもつ良い面は、沈黙、直観、思慮分別。悪い面は、誰にも打ち解けず、人を信頼しないこと。また、すべてに無関心で、ものぐさなことです。

健康について

肉体的に辛くなると、周囲の人々に対し思慮深さが欠けてきます。こうなると、空回り状態が続き、ストレスから心身ともに疲れてきます。基本的に、肉体的なトラブルや病気に対抗する力をもっていますが、内省的な性質を生かして自分の心を見つめるだけでなく、体内の変化も察知することが大事です。特に排泄や消化の機能が弱いので要注意です。

偏った食事は避けること。エキゾチックなものやスパイスの効いた肉料理中心の取り合わせだけで、レパートリーを広げないように。いずれは体重が増え、生活習慣病を招くことになります。その意味でも、自分に合った運動を見つけることが大切です。

11月2日生まれの方へ

変化することが、いつもプラスになるとは限りません。せっかちに行動しないで、時期を見計いましょう。他の人の要求にも耳を傾けること。何かを得るためには諦めることも必要です。

【瞑想の言葉】

水差しを満たすには、一度、空(から)にしなければならない。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link