11月5日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月5日【さそり座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

11月5日生まれの人は、世間に波風が立つことを恐れず、現実に敢然と立ち向かう強い人です。そのため、嫌われ者になる場合もありますが、大抵は大勢の人を味方にします。しかし、この「強い人」というイメージに縛られすぎて自分自身を見失わないように注意しなければなりません。家族や会社のために奔走して、かえって自分や他人に深刻な危害を与えてしまうこともありそうです。


Sponsored Link


11月5日が導く運勢

【真実を暴くリアリスト】

とにかく現実的です。自分なりに真実を語り、状況を具体的に説明することが一つの信念になっています。分からないことがあるとき、この日生まれの人に聞けば間違いないでしょう。もちろん何でも知っているというわけではありませんが、よく学び、的確にアドバイスできる人です。そのためか、作り話をすっぱ抜き、嘘偽りを暴露し、真相を突き止めようとすることもしばしばです。その行為自体は勇ましく、反骨精神にあふれていますが、詮索好きのおせっかい、などと後ろ指を刺されないように気をつけましょう。

【長 所】

  • 博識
  • 時流に乗っている
  • 現実的

【短 所】

  • 気難しい
  • 自己認識に欠ける

心理/性格

根本的に現実的な性格なので、時事問題に関心を持ち、新聞や雑誌や本を熱心に読み、ラジオやテレビのニュースも欠かしません。その日、世の中で何が起きているかを知ることが大事と考えています。そのためか、自分が話題を提供したいとも考えています。同時代の出来事に、少しでも関わることを生きがいとしたい人のようです。

謎を解明し、人間の不可解な部分を探り、真実を暴くことに熱中するあまり一番大事なものを忘れてしまいがちです。また、地位を失うことを恐れるようになると、反感や敵意を買うようになるでしょう。こうなる前に、周囲が作りあげた役割から逃れ、ときには1人になることも大事です。

経験の浅い若年者の場合、秘密主義になり、自分の本当の姿や他人に決して知られたくない部分を隠そうとするでしょう。しかしながら、秘密主義が自分の成長を妨げていること。恐れや不安を払拭する方が実はプラスになることに気がつけば、生まれ変わることができるでしょう。自分自身を知り考えに深みが増すと、家族、職業、社会的な組織などを象徴する存在となりえる人です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蠍(さそり)座(10月23日~11月21日)の特徴

蠍座は、人の一生を星座の12期に分割すると第8期(49歳~56歳)に当たります。このため蠍座の人は、落ち着いた中年の力が働き、周りの人の人生を指導し支配する能力を備えています。この能力は、職場の長となったり、創造の頂点を極めたりすることも含まれます。ただし、過剰な支配欲や固執した考えなど、周囲への配慮に欠けた執着には要注意です。

重苦しく激しい印象のある蠍座は、暗黒の惑星である冥王星に支配されることもあり、「裏切り者」「陰険」「淫乱」など不当なレッテルを貼られ、評判の悪い星座と思われがちです。
しかし、実のところ、この星座に生まれた人は、無意識の世界に深い関わりがあり、死と再生のテーマによって、ダイナミックな生を与えられているのです。

このため、蠍座生まれの人は「力強さ」「性的な魅力」「宿命的で深みのある面」などが強調されます。また、副支配星に火星をもつため、ダイナミズムと指導力、そしておそらくは闘争性も付与されます。ただし、基本姿勢は生真面目で、ことさらに対立を求めず、家族や身を守るとき以外に、蠍の針を使うことはないでしょう。

蠍座生まれの人は、人生の深刻な側面や悲劇的な性質を本能的に理解しています。そのため、「楽観的なプラス思考」「万能薬」「楽観論」「皮相的な態度」「金ピカ趣味」などを、うさん臭いと感じて疑いの目を向けます。その一方では、ユーモアのセンスに優れ、人生の皮肉に対して大人っぽい理解を示します。また、その気になれば人との接触を断ち、重大な問題を果敢に処理する力を発揮するでしょう。ただ、苦悩をともなう困難なプロセスを通じて、気質や性格が変化しやすく、周囲が困惑することもあるようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

5日生まれの人は、ナンバー5と水星に支配されています。ナンバー5に支配される人は、辛いことがあっても長くは落ちこまず、すぐに立ち直るでしょう。水星は、頭の回転の速さとコミュニケーションをあらわします。また、細部に注意を払う性質があるため、トランプやマージャン、パズルなどのゲームが得意なこともこの惑星の特徴です。

11月5日は、蠍座を支配する冥王星の影響も受けます。冥王星は金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事をあらわします。

これらの性質を受ける11月5日生まれは、水星と冥王星の影響で、考えに深みが増し好奇心が強くなります。一方で、この組み合わせは反感を生み、見えない敵をつくることもあるようです。全てを知っているからといって、人に厳しい態度をとるのは考えものです。仮に知っていても、知らないふりをして、相手に任せることも覚えてください。

タロットが導くカード

5日の大アルカナ・カードは祭司。神聖な秘密を明かす存在であり、人間の知恵と信仰の象徴です。祭司は奥義に通じ、目に見えないものを支配しています。このカードのもつ良い面は自信と洞察力。悪い面は他者への説教、誇張、独断です。

11月5日生まれの人は、独裁的になったり、知識をひけらかしたりして、反感や敵意を買わないよう注意してください。

健康について

精神的なバランスを保つことが第一。誰かの言いなりになったり、周囲に振り回されたりして、落ち着かない不安が生じます。この不安が胃腸に影響し、健康を害する恐れがあります。最新の健康法に興味を示しますが、手を替え品を替え、新しい流行を追うよりは、不安を解消する考え方や生き方を見つけることが大事です。心身の安定が健康維持につながります。自己発見には時間が必要ですが、セラピーが役立つこともあります。

基本的な食生活を大事にしてください。穀類、豊富な野菜、適度なタンパク質を中心とするバランスの取れた食事が健康の秘訣と心得てください。

11月5日生まれの方へ

あまり他人中心にならないように。自分に必要なものを意識すること。自覚を持ち、自分自身が成長したり変化することを恐れてはいけません。注目されない事でも、自発的に何かをしてみたいと思ったらまず行動。

【瞑想の言葉】

心を空にすることで真実が見えやすくなる。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link