9月7日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月7日【乙女座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

9月7日生まれの人は、成功そのものよりも、むしろ、それを手に入れるための闘いを求める人です。計画を立てると、それを遂行することに熱中し、必要ならライバルや敵を叩きのめしてしまいます。この時は容赦なく、徹底的に相手を攻撃するため、敵に回すと厄介な存在です。その一方で、自分が気に入った人々に対しては頼もしい味方、すばらしい友人となるでしょう。ただし、この日生まれの人に気に入ってもらうには、同じ主義主張を持ち、常に忠実でいなければなりません。


Sponsored Link


9月7日が導く運勢

【成功を追い求める人】

9月7日生まれの人の、成功へのあくなき追求は、一遍の小説に値します。その人生は、まさに波乱万丈。道のりは長く、さまざまな危険や困難が付きまといますが、ひとたび何事かを決心すれば、それを到達するまでは死の間際まであきらめようとしません。

世間の人々からはなかなか理解してもらえませんが、並外れた意志の強さと、創造性あふれるアイデアを持ち合わせているので、結局は受け入れてもらえる存在になるでしょう。

【長 所】

  • 勤勉
  • 目標を立てて努力する
  • 決然としている

【短 所】

  • ライバル意識が強い
  • 無神経
  • 人を許さない

心理/性格

技術者や、専門性の高い職業に関わっている人の場合、完全に熟練したといえるようになるまでは、休まず努力を続けます。その仕事振りは完璧そのものです。リーダーとして人を引っ張っていく立場にあれば、従えている人々、部下や従業員などを団結させ、円滑な組織に仕立て上げ、ボスである自分にも目指す目的にも自信を持って前進するでしょう。さらに成功するための鍵は、肩の力を抜いて、ほかの人々と責任を分かち合い、チームワークを大切にすることです。最高の結果を出すことばかりにこだわらないほうが、自分自身にとっても、グループ全体にとっても、いい結果が出るものです。

まだ年若いうちに比較的簡単に、自分が興味を示した分野のトップに上り詰める場合があります。しかし、そうなると不思議なことに、成功への闘志をそがれたような気分になってしまうかもしれません。中には自分が築き上げたもののすべてを捨てて一から出直し、家族や友人を仰天させる人もいます。年齢とともに角が取れることもありますが、競争心を失うことはまずありません。この日生まれの人にとって、もっとも理想的なのは、人生が残りわずかになったとき、やっと目標を達成するという人生なのかもしれません。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

乙女座(824日~922日)の特徴

乙女座は、人の一生を星座の12期に分割すると第6期(35歳~42歳)に当たります。このため乙女座は、中年期にありがちな、避けることのできない重要な問題に直面しても解決できる「成熟した大人」に例えられます。この「成熟した大人」とは、道徳心の強さでもあり、乙女座に真面目なイメージを与えています。事実、乙女座の人に、あまりユーモアは通じません。また、注意深く几帳面な上に、鑑識眼が鋭すぎるため、何かにつけて厳しく選り好みするでしょう。

基本的に、乙女座は秘密主義で、何を隠し、何を(いつ、どのように)明らかにするかに気をつかいます。ですから、乙女座の内面は、分析、解決、評価に没頭しています。また、乙女座にとっては未来に焦点があり、目標を設定して計画的に働こうとします。例えば、休暇のときも、「旅行資金を積み立てる」「用意周到に準備を整える」「スーツケースや車のスペースを完璧に利用する」などはお手のものです。だからといって、偶然や即興を楽しまないわけではありません。ただ、その楽しみ方は、ちょっとしたアクシデントでは揺るがない、しっかりした土台があってこそと考えています。つまり、自らの真面目で几帳面な部分を土台とすることで、自分と仲間の為の安心安全を得たいのです。言い換えると、ちょっとした心配性でもあります。

これまで乙女座は控えめな、あるいは取り澄ました姿に描かれるのが普通でしたが、因習的な道徳を振り捨て、自らの感情や欲望をはばからず口にする人も少なくありません。とはいえ、一線を越えるようなことはなく、家族や職場の同僚として最高で、それぞれの集団に大きな貢献をします。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

7日生まれの人は、ナンバー7と海王星に支配されています。海王星は、想像、夢、神秘的な現象をつかさどります。また、知的で深みがある一方で、まわりくどく、態度がハッキリしないのが特徴です。しかし、不思議と人を魅了し、どんな垣根も取り払うことが出来ます。

ナンバー7に支配される人は、変化や旅行を好み、一か所に落ちつきません。また、物事が中途半端になりがちで、非現実的になる傾向があります。

9月7日は、乙女座を支配する水星の影響も受けます。水星は頭の回転の速さとコミュニケーションをあらわします。また、ゲームやパズルが大好きで、細部に注意を払い、立ち直りが早いこともこの惑星の特徴です。

これらの性質を受ける9月7日生まれは、事の進め方がゲーム感覚なところがあり、スピーディーですが、容赦ないところが心配されます。また、海王星のもつ不思議な魅力で人をあおり、多くの協力者を得ることが出来ますが、逆に多くの敵をつくる場合もあります。
この日生まれの人は、敵と味方に別れることを好みますが、勝っても負けても、心が晴れることはないでしょう。勝ち負けよりも、誰が幸せになるかを、よく考えることが大事です。

タロットが導くカード

7日の大アルカナ・カードは戦車。意気揚々たる戦士が、自分の存在を力強く誇示しながら進んでいきます。正しい道が、いかに狭く危険であっても前進しなければならない、と解釈することもできるでしょう。

このカードのもつ良い面は成功、才能、有能です。悪い面は傲慢。方向を見失いやすいという面もあります。

健康について

健康に無関心になりやすいので、定期的に検診を受けることを是非おすすめします。食べ物の好き嫌いが激しいので、出来るだけ早くから自分で料理をする習慣をつけるといいでしょう。

運動に関しては、それほど重視することもないでしょうが、スポーツ観戦は、精神的にものすごくいい刺激になるはずです。特にオリンピックなどの国際競技は自国選手の活躍に感動し、いい気分転換になりそうです。ただ、刺激を受けすぎて、自ら激しい運動に挑戦をしようとします。この場合、年齢と体力を考慮して、決して「年寄りの冷や水」にならないよう注意してください。

9月7日生まれの方へ

寛容さを身につけること。むやみに闘うばかりが人生ではないはずです。楽しむことを覚え、その楽しみを周囲の人々と分かち合いましょう。自分自身や周囲の大切な人々に厳しすぎてはいけません。融通のきかない態度は反感を買うもとです。

【瞑想の言葉】

2度あることは3度ある。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link