12月11日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月11日【射手座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

12月11日生まれの人は、あけっぴろげな性格なので、心の中で考えていることが表に出やすく、相手にすぐ悟られます。当然ながら、感情を隠すのが苦手で、隠さなければならない感情も一目瞭然です。ただ、自分の考えが人に分かっても、まるで気にしない人のようです。この点は、もう少し注意しないと、失礼な人と思われてしまいます。神妙な面持ちで、人が集まるような場所では、あけっぴろげな性格を抑えてくれる、仲のいい友人や恋人と一緒に参加する方がいいでしょう。


Sponsored Link


12月11日が導く運勢

【こうと決めたら一直線】

本質的に真面目です。また、いつも真剣で、意志が強い人です。目標に向かって一直線に突き進み、ちょっと休んで考え直すといったことは苦手でしょう。

精神を重視していますが(口に出して言わなくても、心の中ではそうなのです)、体つきや見た目も人を惹きつける素晴らしいものを持っています。そのため、思考力と外見の組み合わせが大きな魅力になっています。

持ち前の活力で困難を切り抜けるでしょう。しかし、恩師や先輩、それに後輩から無視されたり、疎んじられたり、支持されなかったりすると、非常に大きいストレスを感じます。

【長 所】

  • 目的をもっている
  • 影響力が大きい

【短 所】

  • 自分のことで頭がいっぱい
  • 自己認識に欠ける

心理/性格

仕事を途中で放り出し、ひどく取り乱すかもしれません。幸運なことに、たとえひどい挫折を経験しても立ち直り、また活力を取り戻します。障害を乗り越えるたび、ますます回復力が強くなってゆきます。

大きな自信があるというわけではなく、もともと不屈のエネルギーが宿っているのです。そのエネルギーは、人格とは関係なく徐々に力をつけ、やがてそれ自身が命を持って、成功へと導くのです。そんなエネルギーは人に伝わり、周囲に大きな影響を与えます。言動だけでなく、考えているだけでも家族や友人、同僚の心を動かすでしょう。

責任の重い地位につくこともあります。とはいえ、人と人との間に入り、公正な仲裁者の役目を果たすのは、最良の道とはいえません。自分の仕事や考え、または自分の道徳観念や生き方について責任を持つ方がいいようです。

物事の是非を大変真剣に考えます。その真剣さが災いして、相手を追い詰めたり、事態を善悪だけで判断したりする危険もあります。そのため、情け容赦のない判断を下すこともあり、周囲の人々から、厳しい批判を受ける恐れがあります。何かを判断した時、その後どうなるか、よく考える必要があります。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

射手座(11月22日~12月21日)の特徴

射手座は、人の一生を星座の12期に分割すると第9期(56歳~63歳)に当たります。この年齢から得られる、射手座のパーソナリティは、家族や仕事の責任を離れて、個人的または普遍的な関心事に専念し始める有力な大人に例えられます。また、巨大な惑星である木星に支配される射手座は、人間精神における鉄人的な態度(何ものにもとらわれない楽天的なところや細部にとらわれずに全体が見られる能力)の増大を象徴します。

射手座のシンボル射手は、半人半馬の賢者ケンタウロスです。射手座の哲人が放つ矢は、ものごとの核心を射貫くことで、人間を高い精神に引き上げ、星の世界までも連れて行きます。この射手座の精神世界は、目標を遠くにおきすぎて、挫折することもありますが、一方で、人が下劣な卑しい行為に陥ることを防ぎます。

射手座を支配する木星のエネルギーは、本人だけでなく他人にも、物事の良い面を見るようにしむけます。また、木星から豪放さや楽天性、全体像を見ようとする欲求などが与えられます。ところが、理想主義的な意見が災いして論争に巻きこまれることもあります。
射手座生まれには、より高い真実を求めて現実社会の価値観を否定するところまで行ってしまう人も少なくありません。自分と異なる信念をもった人をあまり非難しないよう気をつける必要があります。

射手座生まれの人が移動と旅行を好むことはよく知られていますが、居心地がよければ、同じ場所に留まって、思索の世界を探求することに満足することもあります。基本的に、退屈することは滅多になく、常に新たな自己表現の方法を求めています。また、世界をもっとよく知ろうと努めますが、人間が見習うべき理想として、自然や動物に特別の関心を示すでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

11日生まれの人は、ナンバー2(1+1=2)と月に支配されています。ナンバー2に支配される人は、良き同僚、良きパートナーとなり、仕事や人間関係を円滑にするでしょう。しかし、月の影響を受けることで、主導権や自主的な行動が抑制されるため、リーダー的な存在にはなりにくいようです。

12月11日は、射手座を支配する木星の影響も受けます。木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的です。この性格は、問題を解決するための方法を建設的に検討し行動する力を後押しするでしょう。

これらの性質を受ける12月11日生まれは、気骨、高い理想、何かを育てようとする性質が与えられます。一方で、月のもつ思慮深さが影響し、マイナス思考になりがちです。無理にポジティブになる必要はないのですが、見たままの状況を把握し、深読みせず、素直に考えることが大事です。

ちなみに、11日生まれの人は、11という数字の形の影響を受け、対になっているものや対象になっているものに興味をもつことがあります。また、12月11日生まれの人は、外見(容姿)を重要視するので、服装や仕草に気をつかうようです。

タロットが導くカード

11日の大アルカナ・カードは正義。片手に秤(はかり)、もう一方の手には剣を持ち、静かに坐る女性が描かれています。意味するものは宇宙の秩序。そのバランスと調和は、人間の生のなかにも、常に存在することをあらわしているのです。

このカードのもつ良い面は、清廉潔白、公正、誠実、自制です。一方で、決断力に乏しく保守的すぎることや、冷淡、不平などの悪い面をもっています。

健康について

座りづめで体に負担をかけないように。太りやすい体質なので、なおさら注意が必要です。このため、運動と食事に留意することが重要です。肉、乳脂肪食品、糖分、過剰なデンプン、そのほか高カロリー食品は控え目に。その代わり、生野菜、果物、穀類をたっぷり取りましょう。また、家庭生活や恋人との関係を充実させ、夢を見る時間も大事にすること。

いつも何かを考えるのに忙しく、自分を見つめたり、穏やかな気分になったりするのは難しいことでしょう。しかし、動揺を抑え、ゆったりと構えることを意識してください。そうすることで、心身のバランスが良くなり、病気を寄せ付けず、健康を維持できるでしょう。

12月11日生まれの方へ

流れに身をまかせ、周囲の出来事を受け入れましょう。自分にとっても愛する人たちにとっても、ポジティブな態度は良い効果があります。健康のためにも、笑ってください。

深刻すぎると、楽しい気分に水を差してしまいます。生真面目なのは仕事だけにして、自分の時間はもっと楽しくすごしましょう。そうすれば、今とはまるで違う素晴らしい生活が送れるはずです。

【瞑想の言葉】

物事をうまく運ぶには、まずよく考えること。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link