12月12日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月12日【射手座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

12月12日生まれの人は、満ち足りてリラックスした雰囲気を、その体から漂わせます。それは、見る人にもハッキリと伝わります。また、特別に体を動かさなくても、そこにいるだけでその場を圧倒する力があります。意識せずに他を圧倒できるその力を、無理やり何かに役立てる必要はありませんが、自分の存在や仕事を周囲にアピールするのには確かに有利です。この持って生まれた雰囲気は、見た目の容姿や体型に関係なく変わりません。


Sponsored Link


12月12日が導く運勢

【肉体派のパフォーマー】

精神状態によって体はどう動くのか、体を使って何ができるかを常に考えています。決して精神面を軽視しているわけではなく、ただ体のほうにより興味があるだけのようです。実際、人のボディーランゲージを読み取るのが得意です。特に、友人や仕事の相手など、交流のある相手の精神状態や感情を体の動きで察知する能力があります。また、自分でステージを用意し、役を演じ、効果的な演出をすることができます。体だけに興味があるのではなく、物事に柔軟に対応し、積極的に動ける健全な人です。

【長 所】

  • 肉体による表現が豊か
  • 冷静沈着
  • 朗らか

【短 所】

  • 物欲が強い
  • 頭ごなしになりやすい
  • こだわりを捨てられない

心理/性格

肉体的に目立つ特徴(身長、たくましさ、プロポーションなど)を自分のために活用します。
しかしながら、世間一般に言われている、格好がいい、素敵だと思われている容姿からかけ離れていても(例えば太りすぎていたり、背が低かったり、プロポーションが悪かったりしても)、うまく役立てる方法を見つけるでしょう。

身体的な特徴といえば声も重要です。他の人と比べても、声の質に本当の個性が現れるようです。話の内容や語り手の気持ちよりも、声そのものの方が重要かもしれません。また、声を効果的に使って相手を惹きつけることも出来るでしょう。

この日生まれの人は、しばらく一緒にいることで、それまで隠されていた本当の姿が不思議なことに見えてきます。そのとき初めて、この人にとっては体こそ本性であり、外見と声と人格が重なっているのだと周囲の人は理解するでしょう。

人生につき物の誘惑や困難に直面しても、人に頼ったり影響されたりすることなく、自分らしさを失わなければ、大きく成長できるでしょう。物質にとらわれず、宗教や哲学など精神的なものを追求することがプラスになるようです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

射手座(11月22日~12月21日)の特徴

射手座は、人の一生を星座の12期に分割すると第9期(56歳~63歳)に当たります。この年齢から得られる、射手座のパーソナリティは、家族や仕事の責任を離れて、個人的または普遍的な関心事に専念し始める有力な大人に例えられます。また、巨大な惑星である木星に支配される射手座は、人間精神における鉄人的な態度(何ものにもとらわれない楽天的なところや細部にとらわれずに全体が見られる能力)の増大を象徴します。

射手座のシンボル射手は、半人半馬の賢者ケンタウロスです。射手座の哲人が放つ矢は、ものごとの核心を射貫くことで、人間を高い精神に引き上げ、星の世界までも連れて行きます。この射手座の精神世界は、目標を遠くにおきすぎて、挫折することもありますが、一方で、人が下劣な卑しい行為に陥ることを防ぎます。

射手座を支配する木星のエネルギーは、本人だけでなく他人にも、物事の良い面を見るようにしむけます。また、木星から豪放さや楽天性、全体像を見ようとする欲求などが与えられます。ところが、理想主義的な意見が災いして論争に巻きこまれることもあります。
射手座生まれには、より高い真実を求めて現実社会の価値観を否定するところまで行ってしまう人も少なくありません。自分と異なる信念をもった人をあまり非難しないよう気をつける必要があります。

射手座生まれの人が移動と旅行を好むことはよく知られていますが、居心地がよければ、同じ場所に留まって、思索の世界を探求することに満足することもあります。基本的に、退屈することは滅多になく、常に新たな自己表現の方法を求めています。また、世界をもっとよく知ろうと努めますが、人間が見習うべき理想として、自然や動物に特別の関心を示すでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

12日生まれの人は、ナンバー3(1+2=3)と木星に支配されています。ナンバー3に支配される人は、自分のテリトリーでのトップを目指します。このため、自由でいられるフリーランスの仕事や自営業で生計を立てたいと思うでしょう。

木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的です。この性格は、問題を解決するための方法を建設的に検討し行動する力を後押しするでしょう。また、木星の性質は、やや非現実的なところもありますが、ナンバー3の影響を受けることで、精神面でも肉体面でも様々なことに集中して取り組むでしょう。

12月12日は、射手座を支配する惑星も木星であるため、木星の楽天的なところが強く影響します。このため、12月12日生まれは、常にプラス思考で行動し、対処するでしょう。ただし、危機管理がおろそかになるようです。また、独立心が強く、自由を求めるため、組織内で横暴な振る舞いになりがちです。たとえ独立したとしても、謙虚な気持ちを忘れてはなりません。
良い結果をもたらすためには、「準備段階はマイナス思考」で、「実践はプラス思考」を心掛けることが大事です。

タロットが導くカード

12日の大アルカナ・カードは吊された男。一本の足で、逆さ吊りになっている男が描かれています。体は自由になりませんが、吊された男は、強い意志をもち深い思索にふけっています。

このカードがあらわす良い面は、自分の限界を知り、克服すること。また、飾りのない、ありのままの人間でいることも意味しています。悪い面は、心が狭く、広い視野をもたないところです。

健康について

限界を知り自制することを学びましょう。日常生活で睡眠、食事、運動、休養のバランスを取る習慣をつけることは、自信を持ち、安心感を得るのに非常に役立ちます。神経を興奮させる食物(糖分、カフェインを含むもの)は控え、気分を落ち着かせる食品(パン、肉、野菜など)を多く取り、穀類(米、小麦、トウモロコシなど)を主体にすること。

激しい運動を好みますが、本来は太極拳やヨガなど、穏やかで優雅な動きをともなうものが合っているようです。

12月12日生まれの方へ

体を使うことばかり重視せず、精神面も鍛えましょう。物であれ人であれ、とらわれ過ぎないように。もう少し現実的になることが大事。

精神的な成長を望むなら、自分の深い部分まで探求しなければなりません。体の特徴や容姿、財産、名誉ばかりにこだわると危険です。また物欲にとらわれず、他人の評価ばかり気にしないよう注意すること。

【瞑想の言葉】

物質は不変に見えるかもしれないが、実はエネルギーが様々な形をとって存在しているだけだ。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link