6月2日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月2日【双子座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

6月2日生まれの人は、自分に対する厄介な要求と衝動を満足させるために、絶え間ない変化を必要とします。つまり、退屈とは無縁の人です。ですから、新たな計画や、これまでにない試みを山ほど抱える人生になりがちです。

非常に挑戦的ですが、失敗してもなんのその。我慢強く、決してめげません。その内だんだん物に動じなくなり、失敗を始めとして、あらゆる苦難に耐えられるようになります。
そうした、小さな災難が山積みした毎日を送っているうちに、決定的な精神的打撃というものを感じなくなるでしょう。このため、とても頼りがいがあり、どんな危機も乗りこえてしまうので、会社組織や職場では貴重な存在となります。


Sponsored Link


6月2日が導く運勢

【困った時の救い主】

常に、問題や困難をたくさん抱えています。でも、傍から見るほど本人は辛くありません。難題に取り組むのが人生だと思っているのでしょう。物事が簡単に運び過ぎると、新たな問題を探してキョロキョロしてしまいます。それどころか、自分でトラブルを作り出すことさえあります。このため、人が困難を克服するのを助ける仕事に就くことも多いでしょう。

【長 所】

  • 創意工夫の才がある
  • 順応性がある
  • 問題を解決が好き

【短 所】

  • 小さなことにこだわる
  • トラブルメーカー

心理/性格

女性の場合、単純で分かりやすい人と結婚することは滅多にないでしょう。波乱万丈の人生を欲しがるため、苦労は尽きないと分かっていながら、問題のある人と結婚する可能性があります。しかし、このような女性はパートナーを見限ったり、自分の夢を断念したりすると、途端に元気がなくなり深刻な不満を抱える恐れもあります。「面白くないから不満」という考えは捨ててください。

自由を尊重するものの、実は人との関わり(結婚や会社組織など)で生じる束縛を好みます。ですから、誰かに縛られて、自分の自由を諦めることも多いでしょう。このとき、実際はお互いを不幸にしているだけかもしれないのに、あくまでも本人はよかれと思っているようです。

ある意味で当然かもしれませんが、内面は大きく揺れています。感情はとても複雑で、一言では言い表せません。危機に直面しても落ちついて対処しますが、その落ち着きはあまり長くは続かないようです。大きな変動に何度も見舞われるでしょう。そのうえ、衝動を抑えられないため、安全や幸福が遠のいて不安定な状況になりがちです。しかしながら、経験を積み人間的に成長してくると、良いまとめ役になり、あらゆる困難を乗り越えて、それなりに安定した人生を送るでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

双子座(522日~621日)の特徴

双子座は、人の一生を星座12期に分割すると、第3期(14歳~21歳)に当たることから、大人になろうと もがく思春期に例えられます。
この時期(第3期)は、社会に溶け込もうとする一方で、親や社会の権威から逃れたいという願望がみられます。

水星に支配される双子座は、思ったことをストレートに表現し、気持ちを伝えることが出来ます。また、頭の回転の速さとコミュニケーション能力に優れていることもあり、「活気」「多様性」「変化」などといった、慣習にとらわれない 立ち向かう気持ちを周囲に与えるでしょう。しかし、大局的な全体像よりも細部にこだわるため、進むべき方向がブレやすく、唐突に方向転換することもあります。

双子座の人は、思春期の頃と同じで、興奮と変化に心惹かれます。ですから、飽きっぽく、家の中で のんびり単純な喜びにふけるよりも、何かおもしろいことを探しに出かけることを好みます。

基本的に、燃えるような神経エネルギーを備えていますが、飽きやすく、長期の取り組みを求められると、すぐに諦めるか方向転換したくなるようです。この点に、双子座を支配する高速の惑星である水星の影響が感じられます。

水星に影響されると、舞い上がるような高揚感を与えてくれる活動に惹かれます。特に、何よりの楽しみは、仲間とつるんで うろつき回り、もめ事に首をつっこむことです。
このような、思春期を思わせる無遠慮なところはありますが、本質的に反抗的なわけではありません。単に個性を謳歌し、個人の自由に無上の価値をおいているのでしょう。

集団に属することを好み、あふれるアイデアと話術で社交の場を活気づけることでしょう。
一方で、考えが変わりやすいこともあり、気まぐれ屋、ことによると薄っぺら、と非難されることがあります。しかし、当の本人は考えを変えることに、まったく罪悪感がありません。
執着をもたないことは、双子座生まれの人のモットーであり習性なのです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

2日生まれの人は、ナンバー2と月に支配されています。
ナンバー2に支配される人は、良き同僚、良きパートナーとなり、仕事や人間関係を円滑にするでしょう。
月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。この月の影響を受ける人は、主導権や自主的な行動が抑制されるため、リーダー的な存在にはなりにくいようです。また、月のもつ思慮深さが消極性を強めるため、フラストレーションが溜まるでしょう。

6月2日は、双子座を支配する水星の影響も受けます。水星は、頭の回転の速さとコミュニケーションをあらわします。
水星に支配される人は、細部に注意を払い、先読みして行動することを好むため、トランプやマージャン、パズルなどのゲームが得意なこともこの惑星の特徴です。

これらの性質を受ける6月2日生まれは、月と双子座を支配する水星の相乗作用で、その場限りのいい加減な応答をしたり、気に入られたいという思いが強くなり過ぎたりします。
特に、自分より力の強い兄や姉に頭をおさえられて成長した第2子の多くが、こういった性質をもつようになるでしょう。

社会に順応することと、無理難題を抱え社会に貢献することを混同してはいけません。
出来ないこと、もしくは やりたくないことを無理に聞き入れてしまうと、トラブルを招くばかりです。確かに、周囲からは頼りにされますが、いいように使われてしまうばかりか、負う必要のない責任までも押し付けられそうです。こうなると、気の休まることがなく疲れるばかりです。たまには「出来ません!」と断りましょう。

タロットが導くカード

2日の大アルカナ・カ-ドは女祭司。

玉座につき、冷静で何事にも動じない姿が描かれています。女祭司は秘められた力や謎を超自然的な能力で解き明かし、その知識をもって人間に力を授けます。

このカードがもつ良い面は、沈黙、直観、思慮分別。
悪い面は、誰にも打ち解けず、人を信頼しないこと。また、すべてに無関心で、ものぐさなことです。

健康について

社交的なため、パーティーやディナーの招待が重なって体重を増やしがちです。野菜料理で脂肪の摂り過ぎを抑えるようにしてください。家庭では料理の腕を磨いてカロリーの摂取量をうまく調整するといいでしょう。

中年以降は太りやすくなります。とにかく、体を動かすことを意識してください。ラジオ体操やストレッチ運動など定期的な運動を心掛けてください。

健康と食事については一家言もっていますが、あまりうるさく人に忠告するのは禁物。定期的に長い休暇を取りましょう。ヘトヘトになった神経には休養が必要です。

6月2日生まれの方へ

世界を背負って立とうと思わないこと。もっと自分のことを考え、自立心を養いましょう。いつも自分の計画に人を巻き込むのは止めて、ときには1人でチャレンジすること。積極的に幸福と安らぎを求めましょう。忠告はほどほどに。

【瞑想の言葉】

願い事が叶いすぎる。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link