4月5日生まれの運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月5日生まれの人は、生涯を通して職業や信条、基本的な考え方を変えることはないでしょう。人の評価を気にはしますが、人が自分に注意を払ってくれなくても、仕事をやり遂げることができます。周囲で何か起きていようと、脇目をふらず、集中力を発揮するタイプです。

意外に謙虚なところもあります。気取らない、ごく普通の人のイメージが自分にぴったりだと思っていて、そのように振る舞うからでしょう。ただし、周囲の評価が高くなり、それなりの立場になってくると、謙虚な態度も嫌味っぽく感じられる場合もあります。あまりに謙虚さをアピールするとマイナスイメージになることに注意してください。


Sponsored Link


4月5日が導く運勢

【結果を出す人】

心は容易に動かされず、説得に応じることは滅多にないでしょう。また、口論を嫌うため、人とじっくり話し合うことを避けようとします。一方で、人の注目を集め、自信にあふれた落ちついたイメージでありながら、エゴの強さをあまり感じさせません。そして、成功を収めるだけの粘り強さをもっています。

【長 所】

  • 言行一致
  • 働き者
  • 成功できると信じている

【短 所】

  • 夢中になり過ぎる
  • 他を顧みない
  • 感情を素直に出せない

心理/性格

この日生まれの人にとって、その場の雰囲気を感じて、演じているときも、本当の自分なのですが、演じている事を他人に分析されたり、詮索されたりするのを嫌い、見透かされたと思ったときには不機嫌になります。見透かされるような演技は止めて、もう少し素直に感情表現するといいでしょう。

少しひねくれた遠慮のない態度に反感をもたれることも珍しくありません。しかし、たとえ経済的な圧力をかけられても、信念は決して曲げようとしないでしょう。お金より大事なものがあるからです。自分の計画をあくまで遂行すること、力に屈さずに理想を持ち続けることが大事と考えています。

基本的に、いったんのめり込むと、止められなくなる性格なので、一生をかけられる仕事に恵まれるでしょう。しかし、さほど向いていない仕事でも、頑固な性格が災いして止められなくなることがあります。そのため定期的に人生を見つめなおし、必要なら、苦労してでも思いきって転身をはかるべきです。

結婚運には恵まれています。しかし、幸せな家庭を築くのは難しいかもしれません。この日生まれの人は、自分の落ち度をなかなか認めようとしないため、争い事は絶えないようです。また、もめ事はなるべく避けようと、正直さや潔白さをアピールしますが、この言動は火に油を注ぐ形となってしまうでしょう。自分の保身のためだけの言動には要注意です。もめ事を回避するには、相手の気持ちに寄り添うことが大事です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

占星術が導くナンバーと惑星

5日生まれの人は、ナンバー5と水星に支配されています。ナンバー5に支配される人は、辛いことがあっても長くは落ちこまず、すぐに立ち直るでしょう。また、水星は、頭の回転の速さや目まぐるしい変化をあらわします。
4月5日は、牡羊座を支配する火星の影響も受けます。火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。
これらの性質を受ける4月5日生まれは、火星が有り余るほどのエネルギーを水星に与えるので、変化に対応する強いエネルギーを生涯持ち続けるでしょう。注意すべきは、スリルという究極の変化を求めるところです。4月5日生まれの人は、たとえ家庭や仕事の状況に満足していても、一方でギャンブルや向こう見ずな運転、不倫などの危険を犯してしまうところがあります。一つの行動が悪い方向に変化することに要注意です。


Sponsored Link


タロットが導くカード

5日の大アルカナ・カードは祭司。神聖な秘密を明かす存在であり、人間の知恵と信仰の象徴です。祭司は奥義に通じ、目に見えないものを支配しています。

このカードのもつ良い面は、自信と洞察力。悪い面は、他者への説教、誇張、独断です。

健康について

仕事に没頭するだけに、オフタイムに破目を外す癖があります。暴飲暴食や事故に用心し、体を酷使しないように注意すること。お酒はほどほどに。スパイスの効いたエスニック料理を好むようですが、健康面にも留意した食事をとること。

基本的に、丈夫で長生きするはずなので、無茶をしてもすぐ病気になるようなことはないでしょう。しかし、食事や趣味、仕事以外の活動でも、仕事のときと同じように常識を忘れないことが大切です。

楽しい時ほど、自制心をもって行動しないと、取り返しのつかない事態を招きかねません。大事なことは、加害者にならないことです。暴力沙汰や飲酒運転など、とにかくお酒の飲み方には十分注意してください。

4月5日生まれの方へ

物事に対して、表面的な部分に気をとられ、洞察力に欠けるところがあります。ですから、行動を起こす前に、一度踏みとどまって、見えていない部分をよく検討することが大事です。

何事も引き際が大切。ときには、思いきって立ち止まることも必要です。夫や妻に思いやりを示し、相手の立場になって考えましょう。健康を過信しないこと。人には成功話だけではなく、失敗談も話し、喜びと悲しみを分かちあってください。

【瞑想の言葉】

生きている限り走りなさい。走らない言い訳を探していると、いつの間にか人生は終わっている。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link