11月23日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月23日【射手座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

11月23日生まれの人は、世の中は、持ちつ持たれつと普段は思っているのですが、腹を立てた途端に豹変します。ある種の問題には非常に敏感で、不幸にも誰かがその怒りのボタンを押した途端、感情を抑えられず爆発するでしょう。怒りを抑えられるようになること、つまりボタンを押されてもされてもカッとならないようにする精神修養が必要です。


Sponsored Link


11月23日が導く運勢

【不遜だけれどユーモラス】

不遜(ふそん)=思い上がった態度。

権威や抑圧に対する不満を即座にはっきりした形で表します。また、成り行きで何かを信じることはありません。これは、正当な理由があって、正しさが証明されなければ信じないということです。自分に突きつけられたルールを尊重する気になれない場合は、沈黙したり、口数が少なくなったり、内心の気持ちがハッキリとわかる態度で応えるでしょう。

ウイットに富み、冴えたユーモアのセンスがあります。人を笑わせるセンスは、たとえ、今までの人生で出番がなかったとしても、大いに磨いておきましょう。緊張をはらんだ状況も和ませる力があるからです。自分を笑い飛ばすことを覚えると、どんどん良いほうへ進んでいけます。また、不遜な気質を利用して、堂々たる権威を備えた存在になる可能性もあるでしょう。

【長 所】

  • 個人主義的
  • 自由な精神をもっている
  • ユーモアがある

【短 所】

  • 喧嘩っ早い
  • 孤立しがち
  • 衝動的

心理/性格

成長過程で、少なくとも両親のどちらかと大きな軋轢(あつれき)を経験する人が多いはずです。こうした反抗的な子供時代の性格は大人になってもしっかり残り、軋轢を避けられるよう自己改善できるまでには長い年月がかかるでしょう。争ってばかりで、ろくに尊敬などしてなかったとしても親の死はショックなものです。親と疎遠になっている人は、グズグズせずに何とか関係の改善を図ることです。

対決の場で譲歩することはまずありません。実際のところ、問題はその「喧嘩っ早さ」なのです。我慢ならない人が側にいると、争い好きな性格がすぐに出てきます。ですから好きな人や愛する人、少なくとも尊敬できる誰かが同席しないときは、人前には出ずに一人でいたほうが無難でしょう。

仕事や家族生活の場で地位を確立するのは、成長していく上で欠かせません。仕事や家庭を取り巻く環境を整備していくことで、荒々しい本能が抑えられ、落ち着きが身につくでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

射手座(11月22日~12月21日)の特徴

射手座は、人の一生を星座の12期に分割すると第9期(56歳~63歳)に当たります。この年齢から得られる、射手座のパーソナリティは、家族や仕事の責任を離れて、個人的または普遍的な関心事に専念し始める有力な大人に例えられます。また、巨大な惑星である木星に支配される射手座は、人間精神における鉄人的な態度(何ものにもとらわれない楽天的なところや細部にとらわれずに全体が見られる能力)の増大を象徴します。

射手座のシンボル射手は、半人半馬の賢者ケンタウロスです。射手座の哲人が放つ矢は、ものごとの核心を射貫くことで、人間を高い精神に引き上げ、星の世界までも連れて行きます。この射手座の精神世界は、目標を遠くにおきすぎて、挫折することもありますが、一方で、人が下劣な卑しい行為に陥ることを防ぎます。

射手座を支配する木星のエネルギーは、本人だけでなく他人にも、物事の良い面を見るようにしむけます。また、木星から豪放さや楽天性、全体像を見ようとする欲求などが与えられます。ところが、理想主義的な意見が災いして論争に巻きこまれることもあります。
射手座生まれには、より高い真実を求めて現実社会の価値観を否定するところまで行ってしまう人も少なくありません。自分と異なる信念をもった人をあまり非難しないよう気をつける必要があります。

射手座生まれの人が移動と旅行を好むことはよく知られていますが、居心地がよければ、同じ場所に留まって、思索の世界を探求することに満足することもあります。基本的に、退屈することは滅多になく、常に新たな自己表現の方法を求めています。また、世界をもっとよく知ろうと努めますが、人間が見習うべき理想として、自然や動物に特別の関心を示すでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

23日生まれの人は、ナンバー5(2+3=5)と水星に支配されています。ナンバー5は、どんなに激しく打ちのめされても罠にはまっても、すぐに気を取り直す精神力をあらわします。水星は頭の回転の速さとコミュニケーション、また、目まぐるしい変化をあらわします。

11月23日は、冥王星(蠍座の支配星)と木星(射手座の支配星)の影響を受ける蠍座~射手座カスプ(11月19日~24日の蠍座と射手座が混じりあう場所)に当たります。冥王星は金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事をあらわします。一方、木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的な性質をもたらします。

これらの性質を受ける11月23日生まれは、水星・冥王星・木星のそれぞれの性質を無理に活かそうとするため、精神的に過剰反応してしまい、整理されている環境を変えたがる傾向が強くあらわれます。また、23という数字は偶然の出来事を暗示し、ワクワクする体験やスリルを招きます。注意しなければならないのは、お金の扱いです。一瞬にして大金を失うようなスリル(ギャンブルや投資など)は避けるようにしてください。

タロットが導くカード

23日の大アルカナ・カードは祭司。神聖な秘密を明かす存在であり、人間の知恵と信仰の象徴です。祭司は奥義に通じ、目に見えないものを支配しています。

このカードから導かれる良い面は、自信、完璧、適切な判断。一方で、他人への説教、誇張、独断的な態度などの悪い面があります。

健康について

気に病むタイプで、孤独を感じ、拒絶されているような気分に陥りがちです。理性的にも感情的にも平静を保つことが必要です。また、他の人と協力して、答えを出すことに挑戦することも大事です。出来るだけ批判を受け入れるようにしましょう。望もうと望むまいと批判はやって来るものです。自分をしっかりもち、最終的に自分の人生に哲学的、宗教的、精神的な基盤を見つけられれば、精神面での健康は安定するでしょう。

美味しいものを求めるところがありますが、濃厚で脂っこい料理ばかりでは栄養が偏ります。中高年になると生活習慣病が心配されますので、野菜を食べる習慣をつけましょう。また、生活の中に規則的にプログラムした運動は難しいかもしれませんが、できるだけ運動はすること(ただしやりすぎは禁物)。

11月23日生まれの方へ

自分をコントロールしましょう。他人の言動で簡単に腹を立ててはいけません。客観的になること。つまり一歩下がって自分を見つめるのです。死ぬまで、たゆまず自分を成長させるよう努力しましょう。

【瞑想の言葉】

不遜はそれほど深刻にとらなくてよい。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link