1月20日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月20日【山羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

1月20日生まれの人は、実に生き生きとしていて、衝動に任せて行動するのが好きです。また、オドオドと生きるよりは、成り行き任せで人生を受け入れます。どんなに支離滅裂で波乱に満ちた人生でも、何とかなると考えているのでしょう。内面的には混乱していることが多いのですが、環境への適応力があるせいか、仕事は奇跡的にきちんとこなす人です。

感情や表現力が豊かで、思いやりがあり、いわば伝説的な存在ですが、それでも大きな欠点があり、判断を誤ることもあります。ただし、悪意はこれっぽっちもなく、あくまでも前向きな姿勢や勇気、粘り強さなどは人々の手本になるでしょう。


Sponsored Link


1月20日が導く運勢

【愛される楽天主義者】

この日に生まれた人の特徴は即断即決。そして、元気の源はユーモア。どんなにひどい状況も、当意即妙(とういそくみょう)のウイットで、その場を和らげ明るくします。しかし、センスの光る皮肉は内面の繊細さを守るためのものでもあります。冗談好きで、気が向けば自分でも馬鹿な真似をしますが、実はとてもプライドが高く、自分に対して非常に真面目です。

人生の様々な困難を克服していきます。いつでも信じがたいほどの楽天主義で何とか事態を切り抜けるでしょう。

【長 所】

  • 表現力が豊か
  • 立ち直りが早い
  • 心が広い

【短 所】

  • ハチャメチャ
  • 現実離れしている
  • 波乱を起こす

心理/性格

情に厚く、家族や友人から愛されます。意地悪をしたり、ズケズケ言ったりもしますが、悪意はありません。基本的に、ふざけるのが好きなため、あまり親しくない人たちからは軽々しいと思われるでしょう。

一方で、自分だけの密やかな人生を送り、夢や希望もほんの一握りの身近な人にしか打ち明けないこともしばしばです。それでも大抵は生まれつき心が広く、何のためらいもなく物事を分かち合おうとするでしょう。

他人(自分の子供も含む)に自分のルールを押し付けるのが苦手です。これは本人自身が自由気ままな態度でルールへの反発がうかがえるため、周囲の人々が命令を真剣に受け取られないせいかもしれません。大抵は弱者の見方に回って人々を守ろうとしますが、柄にもなく支配的になることには注意が必要です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

山羊座(12月22日~1月20日)の特徴

山羊座は、人の一生を星座の12期に分割すると第10期(63歳~70歳)に当たることから、成熟した真面目な大人の時期と考えられています。ですから、倹約、省エネ、慎重なアプローチなどは、山羊座の責任感ある態度の典型です。

山羊座の山羊は、おとなしく草原で草を食べているだけのように思えますが、やがて、より見晴らしのよい地点を求めて山を登ります。この元気な山羊は、「野心」「意欲」「成功への努力」などを象徴しています。

山羊座生まれの人は、土星に支配されることから、真面目さ、責任感、そして制限への欲求が強まり、一見すると保守的に感じられますが、それは必ずしも向上を求めないということではありません。忍耐強く着実に高みを極めようとする人です。ですから、信条として、ゆっくりと丹念に取り組み、途中で投げ出すことは滅多にないでしょう。また、自由意志と自己主張の重要性を忘れることがないため、頂上を極めて、そこに留まる能力もあります。

一方で、権力とその効用について本能的に理解しており、独裁的になりがちです。人に何かを命令するどころか、やり方までいちいち指図し、言うことをきかせるために、圧倒的な知識をひけらかすことも珍しくありません。この、やや神経質な性格のおかげで、物事が容易に運んだり、上手く行きすぎたりすると、かえって疑わしい気持になるようです。

山羊座は非常に多様なタイプが見られるので、性格の判断が難しい星座です。しかし共通しているのは、土星の影響による宿命の感覚です。この感覚は、試練や困難や苦しみさえも、人生に包まれた一部として考え、縁あって巡ってきた、あらゆる役割を受け入れるでしょう。しかし、このような真面目な性格は、変化に対応できる柔軟性を欠くため、間違いや失敗をなかなか認めないところが心配されます。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

20日生まれの人は、ナンバー2(2+0=2)と月に支配されています。ナンバー2に支配される人は、良き同僚、良きパートナーとなり、仕事や人間関係を円滑にするでしょう。しかし、月の影響を受けることで、主導権や自主的な行動が抑制されるため、リーダー的な存在にはなりにくいようです。また、月のもつ思慮深さが消極性を強めるため、フラストレーションが溜まり、些細なことで腹を立ててしまいがちです。

1月20日は、土星(山羊座の支配星)と天王星(水瓶座の支配星)の影響を受ける山羊座~水瓶座カスプ(1月17日~22日の山羊座と水瓶座が混じりあう場所)に当たります。

土星は縮小・制限を意味し、制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。ただ、慎重になり過ぎて、諦めやすいところがあります。
天王星は独創性や反抗精神、また急激な変化や思いがけない行動をつかさどります。

これらの性質を受ける1月20日生まれは、仲間と楽しく過ごす時間を大切にします。しかし一方で、情緒不安定なところがあり、真面目で複雑な印象を周囲に与えてしまうようです。考えがまとまらない時は、周囲の言葉に一喜一憂せず、黙って状況を見守りましょう。衝動的で感情的な言動は、事態を悪化させてしまいます。

タロットが導くカード

20日の大アルカナ・カードは審判、あるいは覚醒をあらわしています。
このカードは、肉体的な欲望を忘れ、高い精神性の追求と、人間の上にいる無限の見えない力に気付くよう促しています。

カードにはトランペットを吹く天使が描かれ、より大きな目的があることを気づかせてくれます。また、トランペットの音は、心の準備の大切さを思い起こさせるとともに、何気ない毎日が、奇跡の日の到来であることを告げています。つまり、大切な貴重な一日をどう過ごすか試されるのです。
その一方で、トランペットの音は、「狂気」「極度の興奮」「バランスを失うこと」「卑しい衝動に従い欲望を満足させること」などの過剰な行動には注意せよ、と警告しています。

健康について

健康面で悪いところがまったく無いといえば嘘になりますが、心身両面ですこぶる元気です。少々体調が悪くても、とにかくひたむきさで乗りきってしまいます。ただし、慢性病に発展する些細な症状や、重大な病気の兆候を見落としたりしないように注意。ストレスを紛らわせるための深酒や喫煙などは控えめに。

出来るだけ、穀類や野菜が中心の健康的な食事を心がけましょう。しっかり栄養を摂ることは、心の穏やかさやバランスを養うのに効果大です。また、カイロプラクティック、ヨガ、精神を鍛える修練などがおすすめです。

1月20日生まれの方へ

早まって決断しないこと。慌てずに、他人にも思いを表現させる余裕を与えましょう。もっと我慢強く。あまり人の関心を求めすぎてはいけません。

【瞑想の言葉】

「できない」という言葉は、なるべく口にしないこと。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link