1月28日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月28日【水瓶座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

1月28日生まれの人は、何かに興味を持ち挑戦しようとした時に、きわめて個性的な選択をします。精神的に成熟した人であれば、自分の能力を把握できるので、たとえ傍目には大胆で向こう見ずに見えても、きちんと自分自身をコントロールして正しい選択が出来るでしょう。
逆に、未熟な人の場合、自分の能力を過大評価し、自惚れや慢心が大きな失敗を招くでしょう。良い運命を招くためにも、何かを選択するときは、勇気をもって厳しい道を選ぶようにしてください。目先の「楽」を追ってはいけません。


Sponsored Link


1月28日が導く運勢

【素晴らしい業績を残す人】

目標を達成するには、相当な根性や決意で困難を乗り越えなければならないと考えており、精神的な面においては恵まれた人と言えるでしょう。また、行動力に結びつく並外れた意志の強さや決意に加え、目的意識がはっきりしているため、素晴らしい業績を残せるでしょう。ただし、驕った態度が目立ってくると、協力者を失い、いくら頑張っても運が開けないようです。若い時は、年長者から謙虚に学ぶことが大事です。

【長 所】

  • 根性がある
  • 意思強固
  • 精力的

【短 所】

  • カッとなりやすい
  • 目立ちたがり
  • 衝動的

心理/性格

普段は家でスリリングな本やテレビ番組を楽しむとか、たまにスポーツ、イベント、美術展、催し物などに参加することで十分に満足する人です。ただし、これは精神的に最も充実している時です。何か気持ちがスッキリしない時は、刺激的な場面を直に経験したいという気持ちが強くあらわれ、慣れないことに手を出してしまうようです。

日頃から、大胆に何か大きなことをやりたいと思っている節がありますが、必ずしも過度に興奮しやすかったり皮相的だったりするわけではなく、常に現実的な部分を持ち合わせています。基本的に、この日に生まれた人は、何かに着手する前に必ず周到な準備をします。そして、何が必要かを調べ、後はひたすら実行あるのみ、という人です。

求めてやまないのは、ユニークさ、個性、達成、そして名誉です。注意しなければならないことは、現実を見失ったり、自分に期待しすぎたり、日常の生活を単調でつまらないものに感じてしまったりすることです。何かをやり遂げるには、ある程度の大胆さと勇気も必要ですが、何もしない勇気も持ち合わせることが大事です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

水瓶座(1月21日~2月19日)の特徴

水瓶座は、人の一生を星座の12期に分割すると第11期(70歳~77歳)に当たることから、現世からの離脱の進行を感じさせます。このため、どこかハッキリしない夢見がちな(しかし賢明な)言動が特徴としてあらわれるでしょう。

水瓶座の人は、高貴な理想に邁進し、科学的・普遍的な真理を尊重します。ただ、客観性を重んじるため、冷たいとか感情がないなどと非難されることがあります。また、状況を敏感に察知し、素早く反応して、楽々と世渡りするため、調子のよい人間と見られる事もあります。

天王星に支配される水瓶座は、予測不可能で、エキセントリックかつ不安定な言動が生じやすく、いろいろな意味で変人という評判をたてられることが多々あります。水瓶座の行動を予測することは不可能かもしれません。その突発的な行動を阻止しようと、ルーティーンワークに縛りつけておいても無駄なことのようです。想像力を羽ばたかせる余地を十分に与え、制約は可能な限り取り除いてやらないと、せっかくの才能が埋もれてしまいます。

基本的に、陽気でオープンな態度で人生に向かいます。ただし、拒絶されると困惑し、急に閉鎖的になる場合もあります。また、他人と衝突したり、ストレスのかかる要求をつきつけられたりすると、逆上し突如攻撃に転じるか、黙って姿を消してしまうこともあるでしょう。
ちなみに、水瓶座の人は、不思議と本人とは対照的な、深く暗い側面をもった相手に、強烈に惹かれることが多いようです。

水瓶座を支配する天王星は不安定な軌道をもち、どんな抵抗も打ち砕くほど強力です。このエネルギーは、損なうことなく、適切な方向に導かなければなりません。
水瓶座は、科学および超感覚的な力を与えられており、まもなく始まろうとする新たな千年紀の象徴でもあります。この千年紀に、世界は変わることでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

28日生まれの人は、ナンバー1(2+8=10➡1+0=1)と太陽に支配されています。ナンバー1に支配される人は、たいへん個性的。また、他人の意見に耳を貸さず、何が何でもトップになりたいという気質の持ち主です。一方、太陽は創造エネルギーと情熱の象徴です。しっかり方向を定めて、力を継続して使うことが大事です。このエネルギーは、一気に燃え上がらせてコントロール出来なくなるよりも、少しずつ着実に燃やし続ける方がいいでしょう。

1月28日は、水瓶座を支配する天王星の影響も受けます。天王星は独創性や反抗精神、また、急激な変化や思いがけない行動をつかさどります。天王星は不規則な動きをすることから、単純な行動を嫌います。ただ、衝動的でありながら自然なエネルギーを出すため、周囲から極端に嫌がられることはないでしょう。

これらの性質を受ける1月28日生まれは、非常に大きな能力に恵まれます。しかし、何か心を奮い立たせる目標がないと、チャンスに恵まれず、その能力が活かされることはないでしょう。

太陽と水瓶座を支配する天王星の組み合わせは、興奮しやすく神経質で、突飛な性格を与えます。注意すべきは、突発的な行動とその場しのぎの考えです。苦境に立った時こそ、冷静に立ち向かわなければなりません。感情よりも理性を優先させ、現実を直視することで、持っている能力が活かされるはずです。

タロットが導くカード

28日の大アルカナ・カードは魔術師。知恵、コミュニケーション、情報、そして魔力をあらわしています。

魔術師の頭上には、無限大の記号。タロット・デッキによっては、帽子や光輪が描かれることもあります。一説には、魔術師は終わりなく巡り続ける生命の性質を知り、それによって力を得ているといわれています。

このカードがあらわす良い面は、鋭い洞察力と人の扱いがうまいこと。一方で、日和見主義や、何をしても良心の呵責を感じないなどの悪い性質も示されています。

健康について

興奮を抑えられるようになるまでは神経系のトラブルに見舞われそうです。意志の力と沈着さを養うことが大切ですが、そのためには自己主張の訓練、心を落ち着かせるヨガ、精神的あるいは宗教的な修養が効果的です。

特にエネルギーが暴走すると事故に遭いやすくなります。地に足のついた穏やかなパートナーや友人を持つことで、精神的に落ち着き、突飛な性格を補ってくれるため、事故を未然に防いでくれるでしょう。

「前人未踏」の記録を作りたがりますが、命に関わることに挑戦してはいけません。経験と実績を積み、周囲が賛同するまで、決して無謀な冒険はしないこと。

1月28日生まれの方へ

苦境にうまく対処することを覚えましょう。新しいことにあっさり目を奪われないように。冷静さ、忍耐、自分の能力に対する現実的な目を養うこと。飛びつく前によく見るべし。

【瞑想の言葉】

日常の中にも永遠に繰り返される奇跡がある。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link