4月4日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月4日【牡羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

4月4日生まれの人は、非凡な個性を人にアピールするだけの独創性をもっています。この資質のおかげで、たとえ不利な立場に立たされることが多くても、その都度うまく切り抜けて行けるでしょう。

苦況に陥る原因としては、型破りな性格に対する周囲の人々の反感もありますが、自分で自分を追い詰めてしまうことも一因になっています。どちらにしても、欲しいものは自分の手で勝ち取らなければ、次のステップに進めないようです。
ただ問題は、自分が求めていることや自分自身の本質について気づくのに時間がかかる点です。それを理解するまで、辛抱する必要があります。このことはまた、成功するためにも大切です。


Sponsored Link


4月4日が導く運勢

【進取の気性に富む人】
※進取=みずから進んで物事に取り組むこと。

進取の気性に富んでいることもあり、出世の機会を常にうかがっています。管理職としても優秀で、人のアイデアを実現することにも力を発揮します。また、期待に応えて仕事をやり遂げた人への評価が的確なので、一家の長やグループのリーダーとして活躍できるでしょう。ただし、短気な性格なので同じ事を繰り返し説明するのが大嫌いです。結局のところ、自分ですべてを手掛けた時に最大の喜びを感じる人のようです。

【長 所】

  • 革新的
  • 快活
  • 大望を抱く

【短 所】

  • 衝動に駆られやすい
  • 不安定
  • 反抗的

心理/性格

ときに間違った方向へ進んでしまうこともありますが、それに気づきさえすれば、自分で方向転換し、計画を立て直してから、再び進み続けるだけの勇気と決断力をもっています。頑固になることもありますが、大抵は理由あってのことです。ただし、それに付き合う仲間やパートナーは苦労することになるでしょう。

自分の仕事や生き方が評価されるだけでなく、高い地位を得ないと満足できないところがあります。しかしながら、それは人にチヤホヤされたいからではなく、とにかく重要な地位に就いて、物事を先頭に立って仕切りたいのでしょう。

注意しなければならないのは、漠然と計画を立てるだけでなく、それが実現されるまで見届けることです。見届ける根気があるかないかで、運命が決まるといってもいいくらいです。ただし、何にでも限界はあるので、あまり欲張り過ぎないことも大事です。

目標が見つからないと、なかなか正しい方向に進めません。中年にさしかかる頃に間違った方向へ歩み出そうとした場合は、心から信頼できる友人に助言してもらうのが一番です。本人が自分で間違いに気づくのがベストですが、それでは手遅れになることもあります。結婚相手や親友なら、真摯な態度で客観的なアドバイスをしてくれるはずです。このアドバイスは聞き流さないようにしてください。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

牡羊座(3月21日~4月20日)の特徴

牡羊座は、人の一生を星座12期に分割すると、第1期(0歳~7歳)に当たることから、あらゆるものの始まりを意味し、何事も初めてという性質を持っています。このため、既に存在するものの分割や分析、説明を拒否します。
この牡羊座のパーソナリティは、世話されなければ生きられない存在から、一連の発達を経て周囲の環境を理解していく子供に例えられるでしょう。

エネルギーと、力の惑星である火星に支配される牡羊座は、激しい気性と圧倒的な精力の待ち主です。客観的な比較を通じて自らを理解するよりも、自分自身として存在することを望みます。このポジティブな存在は、最も純粋な自己表明 「私は~である」 に熱中します。ですから牡羊座は、誤解されたり、自分以外のものと取り違えられたりすることを嫌います。

牡羊座生まれの人は、幼い子供と同じで、のびのびして率直で開けっぴろげな半面、自己中心的でわがままです。また、無邪気な目で、畏れと驚きに満ちて世界を見つめます。
スターとして輝きたいという欲望と同時に、探求への衝動も強いものがあります。自我を支えるために、他人の承認を必要とすることはありませんが、むしろ注目されたいタイプです。

思考より、行動を重んじる傾向にあります。あれこれ思い悩まず、直観的に行動することが最善と考えているため、邪魔が入ったり、じらされたりすると、強い苦痛を感じるようです。
ときには生活から一歩退いて客観性を身につけ、距離を置いて問題を検討することを学ぶといいでしょう。

リーダーになりたいとの強い願望を見せることも少なくありません。ただし、一番になりたいという欲求をもちながら、それに必要な技量や度量を欠いた場合、欲求不満に陥り、くよくよ思い悩むことになりそうです。うまくいけば独創的で理想に溢れた開拓者となりますが、最悪の場合、目新しいものを追うばかりで無神経な利己主義者になってしまうでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

4日生まれの人は、ナンバー4と天王星に支配されています。ナンバー4に支配される人は、何をするにも独特の方法を用い、少し風変わりで、どちらかといえば、金儲けよりも名誉や権力に惹かれるようです。
天王星は独創性や反抗精神、また急激な変化や思いがけない行動をつかさどり、単純な行動を嫌います。しかし、衝動的でありながら自然なエネルギーを出すため、天王星に支配される人は、周囲から極端に嫌がられることはないでしょう。

4月4日は、牡羊座を支配する火星の影響も受けます。火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。この火星の熱いエネルギーは、仕事に関して良くも悪くも大きな影響を及ぼします。攻撃だけで、仕事をこなすことは難しいと知り、熱い想いはコントロールすることで、大きな成果が得られるはずです。

これらの性質を受ける4月4日生まれは、ナンバー4と火星の影響により、率先して物事に取り組みます。ただし、天王星が反抗を意味するため強調性に欠けるようです。
注意すべきは、全てを一人で出来ると、勘違いしないこと。常に誰かがサポートしてくれていることを忘れないで下さい。

タロットが導くカード

4日の大アルカナ・カ-ドは皇帝。その力の源泉である知恵を用いて、この世の事物を支配します。皇帝は賢く頼りになる存在で、その権力は絶対です。

このカードのあらわす良い面は、強い意志の力と衰えることのない活力。
悪い面には頑固、横暴があります。また、残忍を意味することも。

4月4日生まれの人にとって、このカードの意味する強い意志とは、安定のための決断力です。選択を誤り不安定な状態にならないためにも、正道を心掛けることが大事です。

健康について

衝動的にならないことが大事です。特に、方向転換をするときが要注意です。歩くときも自転車でも、事故にはくれぐれも気をつけてください。また、極度に緊張するような仕事や環境、物事などは避けたほうが無難です。

薬用の塩やハープを使ってリラックスするといいでしょう。エッセンシャル・オイル入りのお風呂や、マッサージやカイロプラクティック(特に頭や首から背中にかけて)も効果的です。また、野菜中止の食事を取ることで、精神的に安定するでしょう。変化のあるバランスの取れた食事を心がけてください。

4月4日生まれの方へ

一人になって沈思黙考(ちんしもっこう)し、何が大事かを考えてください。良きチームプレイヤーとなり人と分かち合うことを学びましょう。全てを出さずに抑制することも大切です。

精神を鍛えることで、その時々の選択が正しくなります。衝動にかられて暴力に傾きがちな面をコントロールしてください。

取巻き連中に囲まれて、いい気になっているようでは、いずれしっぺ返しを食うでしょう。現実をしっかり把握しておくことが、幸せの鍵です。

【瞑想の言葉】

「静止」これは人間にとって最大の課題。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link