10月27日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月27日【さそり座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

10月27日生まれの人は、周囲に対して岩のように頼りがいのある存在に見せたいあまり、自分の本心を見過ごしがちです。また、印象的な外見が、驚くほど繊細な心を覆い隠してしまうようです。ここで危険なのは、頑張りすぎて限界を超え、心身ともに参ってしまうことです。見た目とは裏腹に、本心は友人や家族に受け入れられ、温かく支えてもらいたいと願っています。そのため、誰かに大切にされることが、何よりも必要な人でもあります。


Sponsored Link


10月27日が導く運勢

【ダイナミックな情熱家】

相当な気分屋です。そのため、ダイナミックで直情的ですが、その情熱は、楽しいことが好きな太陽のような明るさから、ひどく落ち込んだ陰鬱(いんうつ)な心情まで、さまざまな感情となって表れます。基本的に、力強さにあふれる人ですが、感情をうまくコントロールできなくなると、自分自身の人生や仕事に大きな打撃を与えることもあるようです。

【長 所】

  • 生き生きしている
  • エネルギッシュ
  • パワフル

【短 所】

  • すぐに落ち込む
  • やきもち焼き
  • 自滅的

心理/性格

陰と陽の2つのタイプがあります。陰気でな内向的な人の場合、逃避、憂鬱(ゆううつ)、破滅の衝動に走りやすくなります。中でも憂鬱な感情や破滅への衝動は特に危険です。すぐに形となって現れ、恋人でさえそれを阻止できません。逆に、陽気で社交的な人は、エネルギーを外部に向けて友人や仲間の輪を広げ、環境を建設的に改善します。どちらのタイプも、たまにではありますが、創造的なエネルギーを発揮し、仕事を盛り上げます。

相手に衝撃を与え、感情を変化させることができます。そのため、特に身近な人の感情を巧みに操作できます。ただし、支配的な態度や嫉妬には要注意。また、面倒くさがって他人との間に距離を置いてしまわないように気をつけましょう。

ほとんどの言動は、相手への衝撃を考えず、無意識にとっているため、自分の与える影響がいかに大きいかを自覚することが大事です。特に子供、パートナー、両親、親友、同僚、従業員など、義務や相互依存を伴う関係には十分気をつけること。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蠍(さそり)座(10月23日~11月21日)の特徴

蠍座は、人の一生を星座の12期に分割すると第8期(49歳~56歳)に当たります。このため蠍座の人は、落ち着いた中年の力が働き、周りの人の人生を指導し支配する能力を備えています。この能力は、職場の長となったり、創造の頂点を極めたりすることも含まれます。ただし、過剰な支配欲や固執した考えなど、周囲への配慮に欠けた執着には要注意です。

重苦しく激しい印象のある蠍座は、暗黒の惑星である冥王星に支配されることもあり、「裏切り者」「陰険」「淫乱」など不当なレッテルを貼られ、評判の悪い星座と思われがちです。
しかし、実のところ、この星座に生まれた人は、無意識の世界に深い関わりがあり、死と再生のテーマによって、ダイナミックな生を与えられているのです。

このため、蠍座生まれの人は「力強さ」「性的な魅力」「宿命的で深みのある面」などが強調されます。また、副支配星に火星をもつため、ダイナミズムと指導力、そしておそらくは闘争性も付与されます。ただし、基本姿勢は生真面目で、ことさらに対立を求めず、家族や身を守るとき以外に、蠍の針を使うことはないでしょう。

蠍座生まれの人は、人生の深刻な側面や悲劇的な性質を本能的に理解しています。そのため、「楽観的なプラス思考」「万能薬」「楽観論」「皮相的な態度」「金ピカ趣味」などを、うさん臭いと感じて疑いの目を向けます。その一方では、ユーモアのセンスに優れ、人生の皮肉に対して大人っぽい理解を示します。また、その気になれば人との接触を断ち、重大な問題を果敢に処理する力を発揮するでしょう。ただ、苦悩をともなう困難なプロセスを通じて、気質や性格が変化しやすく、周囲が困惑することもあるようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

27日生まれの人は、ナンバー9(2+7=9)と火星に支配されています。9は特別なナンバーです。あるナンバーに9を足すと各位の数字の和が必ず元のナンバーになり(例:5+9=14➡1+4=5)、また、9をかけた場合は各位の数字の和が必ず9になる(例:5×9=45➡4+5=9)というように、他のナンバーに強い影響を与えます。したがって、10月27日生まれの人も、周囲に対して強い影響力を振るいます。また、火星は力強い攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーを象徴します。

10月27日は、蠍座を支配する冥王星の影響も受けます。冥王星は金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事をあらわします。

これらの性質を受ける10月27日生まれは、強いエネルギーをもつ「ナンバー9」「火星」「冥王星」が組み合わさることで、ダイナミックで衝動的な性質が強まるでしょう。注意すべきは、エネルギーの空回りです。思いつくままにエネルギーを消費しているようでは、自滅するだけです。特に否定的な思考は、心身ともにエネルギーを無駄に消費するので要注意です。生まれ持った才能を活かすためにも、常に建設的な思考でいることが大事です。

タロットが導くカード

27日の大アルカナ・カードは隠者。通常はランプと杖をもって歩く姿が描かれています。隠者は瞑想、孤独、沈黙の象徴。このカードは、明確な知恵と究極の修行を意味しています。また、隠者は人々の良心を呼び覚まし、導く存在です。

このカードのもつ良い面は、粘り強さ、目的意識、知識の深さ、集中力。悪い面は、独断、心が狭いこと、不信、落胆です。また、時々は一歩下がって我が身を振り返ることの大切さを、このカードは示しています。

健康について

衝動的なエネルギーを大量に使うため、疲れ切ってしまうことがあります。この衝動的でダイナミックな経験が、嫌な喜ばしくない結果になると精神的にも肉体的にも疲れ、なかなか立ち直れない場合もあるようです。回復が長引くようであれば、早めに診察や治療を受けること。

相手から徹底的に拒絶されたり、愛する人を失ったり(特に若い時に)、嵐のような恋愛を体験したりすると、うつ状態に陥りやすくなります。この悪い精神状態を回避するためは、休日の充電期間であっても忙しく過ごした方がいいようです。出来れば何か目標のある激しい運動がおすすめです。

10月27日生まれの方へ

自分に対するのと同じように他人にも優しく、親切に。周囲の話をよく聞きましょう。物事が上手くいかないときは、エネルギーを建設的に使うこと。

【瞑想の言葉】

精神に限界はない。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link