12月10日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月10日【射手座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

12月10日生まれの人は、信仰が重要なテーマになります。そのため、人格や知恵、倫理観など、人間に備わった最高の部分を崇拝の対象にしがちです。また、人間以外のものに信仰心を向けることもあります。この場合、生身の人間では崇高な理想を達成できないことを、直感的に察しているのでしょう。ですから、信仰の対象は神だけでなく、自然や宇宙、科学の法則、万物をつかさどる見えない力など様々です。

自然界そものにも強く惹かれるため、動物や植物など、人の手が及んでいないものに興味を示します。そして、「存在」について深い思索を巡らし、時間をかけて考えます。その結果、神と科学は、必ずしも矛盾するものではないとも考えるようになるでしょう。


Sponsored Link


12月10日が導く運勢

【秘密の情熱家】

感情を表に出さず、自分の価値を謙虚に評価しています。また、よほど言いたいことやしたいことがある場合でなければ、自分のことは後回しにします。自惚れたり、威張ったりして他人をぞんざいに扱うようなことはなく、人の役に立ちたいという気持ちでいっぱいです。

その反面、残念ながら繊細すぎるので、権力を得るのに必要な駆け引きは苦手です。ストレス解消も不得手でしょう。ただし、常に落ち着いた状態を保ち、快適な生活と必要なプライバシーが確保できれば、強い力のある地位につく可能性もあります。

【長 所】

  • 心の平静を保っている
  • 良いものを見分ける力がある
  • 精神を重んじる

【短 所】

  • 不可解
  • 世の中のことに興味を持たない

心理/性格

心の奥底の思いを、人に分かってもらおうとはしません。そのため、プライベートなことなど容易には明かさないでしょう。実際、自分の内面を人に見せることは滅多になく、もし、それがあるとすれば相手に対して大きな信頼を言葉や態度で表すでしょう。

地に足がついていない印象があります。単調で悩みの多い現実の生活を離れ、どこか別の世界で暮らしているような感じです。社会生活の義務や責任にはあまり興味がなく、またどこまでも理想を追う姿勢に共感してくれる人を見つけるのは、なかなか難しいでしょう。

思いやりがあって物分りの良いリーダーになるでしょう。また、同僚とうまくやってゆけるだけでなく、成功の見込みがない挑戦は避け、無駄な労力を使わないコツも知っています。そのため、この日生まれの人の部下として働く人たちは幸運です。また、子供の成長を気にかけ、子育てに真剣に取り組む良い親になるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

射手座(11月22日~12月21日)の特徴

射手座は、人の一生を星座の12期に分割すると第9期(56歳~63歳)に当たります。この年齢から得られる、射手座のパーソナリティは、家族や仕事の責任を離れて、個人的または普遍的な関心事に専念し始める有力な大人に例えられます。また、巨大な惑星である木星に支配される射手座は、人間精神における鉄人的な態度(何ものにもとらわれない楽天的なところや細部にとらわれずに全体が見られる能力)の増大を象徴します。

射手座のシンボル射手は、半人半馬の賢者ケンタウロスです。射手座の哲人が放つ矢は、ものごとの核心を射貫くことで、人間を高い精神に引き上げ、星の世界までも連れて行きます。この射手座の精神世界は、目標を遠くにおきすぎて、挫折することもありますが、一方で、人が下劣な卑しい行為に陥ることを防ぎます。

射手座を支配する木星のエネルギーは、本人だけでなく他人にも、物事の良い面を見るようにしむけます。また、木星から豪放さや楽天性、全体像を見ようとする欲求などが与えられます。ところが、理想主義的な意見が災いして論争に巻きこまれることもあります。
射手座生まれには、より高い真実を求めて現実社会の価値観を否定するところまで行ってしまう人も少なくありません。自分と異なる信念をもった人をあまり非難しないよう気をつける必要があります。

射手座生まれの人が移動と旅行を好むことはよく知られていますが、居心地がよければ、同じ場所に留まって、思索の世界を探求することに満足することもあります。基本的に、退屈することは滅多になく、常に新たな自己表現の方法を求めています。また、世界をもっとよく知ろうと努めますが、人間が見習うべき理想として、自然や動物に特別の関心を示すでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

10日生まれの人は、ナンバー1(1+0=1)と太陽に支配されています。ナンバー1に支配される人は、たいへん個性的です。また、人の意見に惑わされることは滅多になく、何事にも1番を目指します。一方、太陽は、創造エネルギーと情熱を象徴し、人々に活力を与える存在です。しっかり方向を定めて、力を継続して使うことが大事です。

12月10日は、射手座を支配する木星の影響も受けます。木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的です。この性格は、問題を解決するための方法を建設的に検討し行動する力を後押しするでしょう。

これらの性質を受ける12月10日生まれは、野心が強く、成功のための独特の考えを持ち、融通が利かない頑固者です。大きな目標を達成するためには、木星の性質を上手く利用しなければなりません。つまり、1番を目指すよりも、目標達成を目指すのです。そして、目標を誰か(仲間や家族)と共有することが大事です。一人では、なかなか事が進まないことを知りましょう。

タロットが導くカード

10日の大アルカナ・カードは運命の輪。この輪の中では良いことも悪いことも必ず逆転し、変化のみが永遠であることをあらわしています。また、このカードは、成功も失敗も終わりなく続くものではないことを意味しています。つまり、悪い事の後には、良い事があり、またその逆があるということです。

ナンバー1と10に支配される人は、いつもチャンスを掴もうとしています。注意しなければならないのは、巡り合わせです。カードが示すように、良い事(悪い事)だけが巡ってくるわけではありません。

たとえチャンスを逃すことがあったとしても、諦めず次に期待することが大事です。期待し、信じて行動することで、運命の輪が好転するはずです。

健康について

自分の気持ちを隠しすぎないよう注意。外の世界とのつながりを保つべきです。内向的になりすぎて、人と話せなくなったり、一緒に行動できなくなったりする恐れがあります。少数でも仲の良い友人を持ち、出来ればよく理解してくれるパートナーを見つけること。ただし、相手がどんなに親切で頼りになる人でも、甘えてしまってはいけません。

人に何かを与えたいという強い欲求があるので、料理や子育て、心地の良い家庭を作ることが心の健康のためにもプラスになります。特にバランスのとれた食習慣を守り、大勢で食卓を囲みながら、新鮮な食材を使った美味しい料理を楽しめば、現実の生活に前向きに取り組めるでしょう。また、屋外でのウォーキングやガーデニングなど、穏やかに体を動かすことがおすすめ。自然の中で楽しんでください。

12月10日生まれの方へ

積極的に外の世界とのつながりを持ち、人との交わりを大切にすること。神や自然に劣らず、人間も素晴らしいものです。人から拒絶されるのを怖がってはいけません。必要とあらば、認めてもらうまで頑張りましょう。

【瞑想の言葉】

神はすべてに宿る。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link