1月17日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月17日【山羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

1月17日生まれの人は、何が人々を動かすのかを、年若い時から考え、やがて「動機づけ」の大切さに気づきます。人々は何に行動を駆り立てられ、どんな働きを見せるのか。選択し決定するのは、その人が持つ欲求であることを学ぶでしょう。
その欲求は、人間の基本的な感情である愛、嫌悪、恐れ、恥、自責の念、などから生まれたものと理解します。そのため、自制心こそ自分を磨くものであり、成功のステップになるということに、早くから気づくでしょう。


Sponsored Link


1月17日が導く運勢

【一途な人】

常に明確な目標を持ち、自分の達成したいことをはっきり意識し、一途に努力する人です。また、過去の経験から手際よく成功の見込みをはじき出し、行く手に立ちはだかる難題を予測することもできます。

経験を重ねるごとに、自分の衝動や欲望を自覚します。そして、自分を繰り返し啓発しながら人生の難局に立ち向かうでしょう。

【長 所】

  • 独立心旺盛
  • 表現力が豊か
  • 力強い

【短 所】

  • 威圧的
  • 孤立しがち
  • 非協力的

心理/性格

見た目が堂々としているかどうかは別として、押しが強く、大抵は場を仕切ってしまいます。はっきりした目的を持ち、自制心が強いように見えるため、周囲の人々はなんとなく気後れするようです。

普通の人は自分の才能や衝動を見せることをためらいますが、この日生まれの人は堂々と自分らしさをアピールします。また、個人の功績に関心を寄せることが多く、あくまでも個人の権利を主張します。このため、チームワークを乱すことが多々あるようです。

何より危険なのは、他人の感情や関心事、考えに鈍感になってしまうことです。自分の方針に関しては絶対に妥協しないため、同僚や仕事仲間、それに友人さえ敵に回してしまうことがあります。ですから、出来れば個人で行動するほうがいいでしょう。また、その方が良い結果を出すようです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

山羊座(12月22日~1月20日)の特徴

山羊座は、人の一生を星座の12期に分割すると第10期(63歳~70歳)に当たることから、成熟した真面目な大人の時期と考えられています。ですから、倹約、省エネ、慎重なアプローチなどは、山羊座の責任感ある態度の典型です。

山羊座の山羊は、おとなしく草原で草を食べているだけのように思えますが、やがて、より見晴らしのよい地点を求めて山を登ります。この元気な山羊は、「野心」「意欲」「成功への努力」などを象徴しています。

山羊座生まれの人は、土星に支配されることから、真面目さ、責任感、そして制限への欲求が強まり、一見すると保守的に感じられますが、それは必ずしも向上を求めないということではありません。忍耐強く着実に高みを極めようとする人です。ですから、信条として、ゆっくりと丹念に取り組み、途中で投げ出すことは滅多にないでしょう。また、自由意志と自己主張の重要性を忘れることがないため、頂上を極めて、そこに留まる能力もあります。

一方で、権力とその効用について本能的に理解しており、独裁的になりがちです。人に何かを命令するどころか、やり方までいちいち指図し、言うことをきかせるために、圧倒的な知識をひけらかすことも珍しくありません。この、やや神経質な性格のおかげで、物事が容易に運んだり、上手く行きすぎたりすると、かえって疑わしい気持になるようです。

山羊座は非常に多様なタイプが見られるので、性格の判断が難しい星座です。しかし共通しているのは、土星の影響による宿命の感覚です。この感覚は、試練や困難や苦しみさえも、人生に包まれた一部として考え、縁あって巡ってきた、あらゆる役割を受け入れるでしょう。しかし、このような真面目な性格は、変化に対応できる柔軟性を欠くため、間違いや失敗をなかなか認めないところが心配されます。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

17日生まれの人は、ナンバー8(1+7=8)と土星に支配されています。ナンバー8に支配される人は、ゆっくりと着実に生活基盤やキャリアを築いていきます。このため、時間は掛かりますが、ある日突然、頭角を現すでしょう。
土星に支配される人は、責任感が強く、限界を知り、慎重ですが、諦めやすいのが特徴です。また、土星は縮小・制限を意味し、制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。

1月17日は、土星(山羊座の支配星)と天王星(水瓶座の支配星)の影響を受ける山羊座~水瓶座カスプ(1月17日~22日の山羊座と水瓶座が混じりあう場所)に当たります。
土星は17日生まれの支配星でもあるため、山羊座である1月17日生まれは土星の性質を受けやすいでしょう。
天王星は独創性や反抗精神、また急激な変化や思いがけない行動をつかさどります。

これらの性質を受ける1月17日生まれは、自分のやり方に固執し、他の意見や方法を寄せ付けなくなるようです。確かに、慎重で確実ですが、自己保身に走り過ぎないよう注意が必要です。自己保身的な態度は、自分が思っている以上に表に出るため、周囲の反感を買いやすくなります。あまりに真面目という鎧を着て身構えるより、人を向かい入れ、協力をお願いすることも覚えてください。

タロットが導くカード

17日の大アルカナ・カードは星。裸の美しい娘が、星の下にいます。彼女は1つの水差で乾いた大地を潤し、もう1つの水差しで、池のよどんだ水を生き返らせているのです。

娘が象徴しているのは、地上における生命の繁栄。しかし、彼女の肉体は、その繁栄の奴隷であることも示しています。

一方で、頭上の星は精神的な世界、見えざる力の存在を思い起させます。これは1月17日生まれの人に対して、高い目標ほど、力が湧いてくることを示しています。
高い目標ほど、一人で成すことは難しいものです。人との付き合いを大切にし、人の為に尽くすことで、おのずと目標到達に要する時間は短くなるでしょう。

健康について

攻撃的な衝動を前面に出し過ぎたり、逆にこれを抑え付け過ぎたりしないこと。感情を穏やかに保てば、活発な性格も人々に受け入れられ、精神的にも安定します。カフェイン、ニコチン、アルコール、砂糖、塩などは慎重にコントロールすること。バランスのよい食事を心がけ、スパイシーな食べ物は控え、穀類を主体にして、肉類は控えめに。

攻撃性を発散させるためにも激しい運動がおすすめです。競技、格闘技、徒手体操それにマラソンや水泳は特に向いていますが、骨を痛めないように注意。十分な睡眠、落ち着いた家庭環境、愛するパートナーの存在は健康を促進させるでしょう。

1月17日生まれの方へ

周囲の人々を無理にコントロールしようとする言動は慎まなければなりません。自分を社会の中で位置づけ、友人や家族との絆を強めることが何より大切です。孤立するような態度や、退屈で望まない役割を人に押し付けるようなことは特に禁物です。

他人にもチャンスを与えましょう。支配することを止めると自由になれます。謙遜の心を養い、時勢に遅れないように。

【瞑想の言葉】

天空には無数の星のために十分な空間がある。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link