11月12日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月12日【さそり座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

11月12日生まれの人は、仕事に対して誠実かつ献身的です。また、社会人として貴重な美点を備えています。公職につけば素晴らしい政治力を発揮するでしょう。こうした輝かしい側面と、その半面の暗い部分が しばしば せめぎ合いますが、実のところ、一生を通じてこの両面は絡み合っていきます。そのため、暗い部分が強く表に出る場合もあり、稀にですが、将来を期待された若者が、暗くパッとしない大人になってしまうこともあるようです。


Sponsored Link


11月12日が導く運勢

【セクシーなカリスマ】

セクシーさと人を惹きつける魅力が人生のテーマになります。セクシーな魅力は、その外見や仕事に生かされ、人を惹きつける力は、家庭やひそやかな恋愛関係、あるいは仕事や社交の集まりで発揮されます。

類稀な才能を持っていますが、自分勝手にならないよう特別の注意が必要です。日々の暮らしの中で「軌跡」を起こす力を持ち、賞賛されるばかりか、周囲からは崇拝される存在に映るかもしれません。しかし、このように崇拝されていると、人格的に少々困った傾向が育ちかねません。常に、己を知り、謙虚に学ぶ姿勢を示すことが大事です。

【長 所】

  • 周囲に人が集まる
  • 性的魅力がある
  • 人を惹きつける魅力がある

【短 所】

  • もったいぶっている
  • 耽溺(たんでき)しやすい
  • トラブルに巻き込まれやすい

心理/性格

有り余るエネルギーを制御する事が大きな試練になるでしょう。エネルギーを上手に使うためには、自分をよく知り、やりがいのある目的に向かって邁進することが大事です。才能豊かで道徳的にも優れた人物になろうと努力することで、周囲の人々に美と知識を広める力が備わるでしょう。

形は何であれ美を創造し、鑑賞することに関心を示します。それは子供だったり、芸術、家、スタイル、など、いろいろです。しかし、美しいものへ駆り立てられる衝動の影には、見た目だけではない、もっと根本的なものがあるようです。その根本的なものとは、魂に熱く訴えかける刺激です。この刺激を求めて本当に美しいものを生涯探そうとするでしょう。

人生は必ずしも安易なものではありません。幸せな人生の途中で、なぜか不意に悲劇や不運に見舞われてしまうこともあります。人生に安定をもたらし、力を失わないためのポイントは自分を知ることです。身の周りの豊かさや倫理にかなった人生を送るのも自分の責任次第だという自覚がもてれば、誰もが経験する「不運」をうまく乗り越えられるでしょう。そうでなければ、自分ではどうすることもできない力に翻弄されるだけです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蠍(さそり)座(10月23日~11月21日)の特徴

蠍座は、人の一生を星座の12期に分割すると第8期(49歳~56歳)に当たります。このため蠍座の人は、落ち着いた中年の力が働き、周りの人の人生を指導し支配する能力を備えています。この能力は、職場の長となったり、創造の頂点を極めたりすることも含まれます。ただし、過剰な支配欲や固執した考えなど、周囲への配慮に欠けた執着には要注意です。

重苦しく激しい印象のある蠍座は、暗黒の惑星である冥王星に支配されることもあり、「裏切り者」「陰険」「淫乱」など不当なレッテルを貼られ、評判の悪い星座と思われがちです。
しかし、実のところ、この星座に生まれた人は、無意識の世界に深い関わりがあり、死と再生のテーマによって、ダイナミックな生を与えられているのです。

このため、蠍座生まれの人は「力強さ」「性的な魅力」「宿命的で深みのある面」などが強調されます。また、副支配星に火星をもつため、ダイナミズムと指導力、そしておそらくは闘争性も付与されます。ただし、基本姿勢は生真面目で、ことさらに対立を求めず、家族や身を守るとき以外に、蠍の針を使うことはないでしょう。

蠍座生まれの人は、人生の深刻な側面や悲劇的な性質を本能的に理解しています。そのため、「楽観的なプラス思考」「万能薬」「楽観論」「皮相的な態度」「金ピカ趣味」などを、うさん臭いと感じて疑いの目を向けます。その一方では、ユーモアのセンスに優れ、人生の皮肉に対して大人っぽい理解を示します。また、その気になれば人との接触を断ち、重大な問題を果敢に処理する力を発揮するでしょう。ただ、苦悩をともなう困難なプロセスを通じて、気質や性格が変化しやすく、周囲が困惑することもあるようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

12日生まれの人は、ナンバー3(1+2=3)と木星に支配されています。ナンバー3に支配される人は、自分のテリトリーでのトップを目指します。このため、自由でいられるフリーランスの仕事や自営業で生計を立てたいと思うでしょう。一方、木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的な性質をもたらします。やや非現実的なところもありますが、ナンバー3の影響を受けることで、精神面でも肉体面でも様々なことに集中して取り組むでしょう。

11月12日は、蠍座を支配する冥王星の影響も受けます。冥王星は金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事をあらわします。

これらの性質を受ける11月12日生まれは、独立心が強く自由を求めるため、組織の中の仕事に疲れてしまうと、高い地位、もしくは安全な地位を捨てようという衝動に駆られるようです。注意すべきは、冥王星のもつ飽くなき野望です。組織での活動は、常に周りの目があり、自制が働きますが、一人になると自制が効かなくなり危険な方向に向かう恐れもあります。
大事なことは、視野を広くして、周囲の人々に優しく接すること。そうすることで、木星が勇気を与え、良い方向に導くはずです。

タロットが導くカード

12日の大アルカナ・カードは吊された男。一本の足で、逆さ吊りになっている男が描かれています。体は自由になりませんが、吊された男は、強い意志をもち深い思索にふけっています。

このカードがあらわす良い面は、自分の限界を知り、克服すること。また、飾りのない、ありのままの人間でいることも意味しています。悪い面は、心が狭く、広い視野をもたないところです。

健康について

良くないエネルギーを引き寄せるだけでなく、自らも発散しないように気をつけましょう。人を惹きつける力が強すぎて、招かざるものまで招いてしまい、それが健康にも悪影響を与えます。また、心理的な影響力も大きく、それがいったん外に出てしまうと、結局本人もその力に悩まされます。健康を保てるかどうかは、悪い生活態度や習慣を、意志の力でどれだけ抑制できるかにかかっています。あらゆる薬物、特に中毒性のあるものには気をつけること。カルト教団にも要注意です。観念的な熱狂は往々にして良い影響をもたらしません。しかし、宗教や祈りは重要で、健康のためには大いに役立つでしょう。

11月12日生まれの方へ

品性を高めることに集中してください。他人に対する優しさ、思いやりの心を養うことです。自分の心の葛藤は取り除きましょう。自分を知ることで自分の意志をサポートしましょう。

【瞑想の言葉】

水を求めるような知識への渇望は、すぐに満たそう。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link