6月10日生まれの運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月10日生まれの人は、浮き沈みの激しい人生を送りがちです。成功する人は、両極端のもの(喜びと悲しみ、躁(そう)と鬱(うつ)、おかしさと悲惨さ)をなんとか調和させます。どうもうまくいかない人は、「明」から「暗」への激しい揺れに気が動転し、さらに落ちこむかもしれません。

しかしながら、絶望に追いやられると返って勇気が湧いてくる人でもあります。とりたてて怖いものなどない、なにしろ周囲は怖いものだらけだからというわけです。実際、運を天にまかせて困難から抜け出そうとする人が多いようです。「ケセラセラ」または「苦あれば楽あり」というふうな印象を周囲には与えるでしょう。


Sponsored Link


6月10日が導く運勢

【笑いと涙の人】

男女とも、暗さに魅せられないようにすることが大事です。暗さに惹かれる気持を仕事に向ければ、充実感が得られ、成功もするでしょう。内面の暗さを抑えきれず、人に見せる陽気な仮面の下で自分を見失えば、人間性が破壊されて二重人格者のような状態を生みます。笑いと涙、つまりオペラ『道化師』の「泣き笑い」は、この日生まれの人の宿命かもしれません。

特に女性は、何がなんだかわからないまま神経過敏になりがちです。大抵は自分の周囲をうまく収めることに神経を集中します。例えば、完璧に仕事をこなそうとしたり、家には塵ひとつ落とさないようにしたり。このような状態は、意識のなかにある不安を抑えようとしているのかもしれません。

【長 所】

  • 大胆
  • 気が利く
  • 人間味がある

【短 所】

  • トラブルに巻き込まれやすい
  • 感情に溺れがち
  • 気まぐれ

心理/性格

経験を積み、人間的に成熟してくると、自分の体験を通して、この世の「明」と「暗」の相互関係を深く理解できるようになります。日常のなにげない出来事にも、成人式や結婚式や葬式といった人生の節目となる行事のなかにも、ユーモアと悲しみを同時に感じとれるようになるでしょう。

一方、未熟な人の場合、「明」と「暗」の激しい感情の起伏を味わうと、ただ、それを受け止めるだけで、気持ちの整理をつけることがなかなか出来ません。深い悲しみから、身を守る人生観をもつことが出来るまでに、少し時間が掛かるでしょう。

陰鬱(いんうつ)な冥王星や不吉な土星の力に妙に惹かれるところがあり、平気をよそおった顔の下には、人生の憂鬱(ゆううつ)が隠れています。また、身体、死、破滅、熱情、暴力に大きな関心をもち、病的に執着することさえあります。しかし、この執着心をうまく活かすと、厳密な調査や探求、実験、理論づけが大好きになるでしょう。

突き放される恐怖感を常に持っている人です。この恐怖によって、心の奥にある抑えきれない様々な、暗い感情が刺激されるようです。このため、ニコニコとはしゃいで見せて、この恐怖を気取られないようにする人も多いでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

10日生まれの人は、ナンバー1(1+0=1)と太陽に支配されています。ナンバー1に支配される人は、何事にも1番を目指す頑固者です。太陽の影響を受ける人は、活発で自分をしっかりともち、思いやりがあって、常に前向き。

6月10日生まれの人は頑固なくせに、なんとか従順(双子座は柔軟な風の星座)に見せていることが多いようです。また、太陽と水星(双子座を支配)の相乗効果で、精神が高揚しがち。ナンバー1に支配される人は野望を抱く傾向がありますが、6月10日生まれの人は、人知れず野望を燃やし、裏で人を指図します。

タロットが導くカード

10日の大アルカナ・カードは運命の輪。この輪の中では、良いことも悪いことも必ず逆転し、変化のみが永遠であることをあらわしています。輪は人生の浮き沈み、利益と損失、成功と失敗をあらわします。ナンバー1と10に支配される人は、やっきになって機会をつかもうとします。好機を捉えて行動するのが成功の秘訣。このカードは、成功も失敗も終わりなく続くものではないことを意味しています。

健康について

やけっぱちな衝動に要注意。しかし、その衝動が人に向けられることは滅多になく、もっぱら自分に向けられます。ふさぎ込む傾向があるので、抗鬱剤(こううつざい)の常用には気をつけること。解決策としては、明るい態度をとろうとするのではなく、「明」と「暗」の心理的なバランスを見つけることです。そのためには、自分の暗い面を認めるだけでいいのです。そうすれば、その暗い面を恐れなくなり、「明」と「暗」がうまく吊り合うようになります。

6月10日生まれの方へ

悩みの正体をはっきりさせましょう。世間と離れようと離れまいと、現実逃避はしないように。人に自分と正反対のものを求めるのは禁物です。夢を実現する努力をすること。

【瞑想の言葉】

芸術家とは?報酬の有無に関係なく、せっせと作品に取り組む人。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。