7月6日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月6日【かに座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月6日生まれの人は、人間関係にしても職業にしても、常に自分の望んだものに引き寄せられていくようなところがあります。人生で、何かを決定する場合も、自ら選ぶというより、避けがたい運命に引きずられたかに思えることがあるでしょう。


Sponsored Link


7月6日が導く運勢

【願望に振りまわされる情熱家】

年若いうちは、特に、一度こうと決めたらひたすら情熱を傾けるタイプです。何かを思いたったら、じっくりと段取りを考えることもなく、すでに成し遂げたような気分になってしまいます。

【長 所】

  • 人を惹きつける魅力がある
  • 一途
  • 熱中できる

【短 所】

  • 執着が強すぎる
  • こだわりを捨てられない
  • 深入りしやすい

心理/性格

いても立ってもいられないような願望を抱いたら最後、その先には様々な危険が待ち受けています。まず、望んでいたものが手に入らなかったとき、そのショック、絶望、悲しみは、まるで世界の終わりが来たかのようになります。また、何かに熱中すると、もうそれしか目に入らず、愛情なり野心なりを傾けるのに、もっといいものが他にあっても、見ないふりで素通りしてしまいます。しかも、この状態は何年も続くかもしれません。

様々な経験を重ねたあげく、努力する価値や征服する価値があるかどうかをよく考え、行動に移すようになります。人間的に成長すれば、願望を抱くこと自体は建設的でも、それに執着して離れないのは身の破滅だと悟るでしょう。更に一歩進むと、人は常に前進すべきであり、感情にとらわれて、がんじがらめになってはいけないと分かってきます。そうすれば、何かに夢中になれるという才能を、さらなる成長に役立てることができるはずです。多くを学び、意識を高め、心の目を開くようにしましょう。

胸の奥に焦がれるような願望を抱えるその行く手には、大きな試練と責任が待ち受けています。何よりもまず、一日一日、一瞬一瞬を大切にし、出会った人すべてに優しい気持ちで接するようにしてください。欲望のおもむく一つの方向だけに全エネルギーを傾けないように。こだわりを捨てて、もっと軽やかになり、様々なものに目を向けていけば、ずっしりと重い荷物と引き換えに、新しい喜びを手に入れることができるでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蟹(かに)座(6月22日~7月22日)の特徴

蟹座は、人の一生を星座の12期に分割すると第4期(21歳~28歳)に当たるため、人生を理解するための手段でもある、内省を身に付ける時期の星座と言えます。いうなれば、大人になったばかりの細やかな感情の発達の時期が蟹座です。
この蟹座は、深い感情と防御と家庭をあらわし、初めて子供を持つことで、強い保護本能が引き出されます。

月に支配される蟹座は、きわめて個人的な感情と潜在意識に関係します。月の作用で潮が満ち引きする海が、散漫な感情の世界をあらわすとすれば、蟹はそれらの感情が一つの存在のうちに結晶したものといえるでしょう。つまり、蟹の甲羅の中には、極度に敏感な内面が隠されているのです。

甲羅に守られて、時機を待つことを知っている蟹ですが、だからといって蟹座生まれの人を受け身の人間だと考えるのは間違っています。欲しいものを手に入れるためとなればきわめて積極的です。しかし、どちらかというと自分で要求するよりは、他人が自分の願望や繊細さや変わりやすい気分を察してくれることを期待します。理性や論理よりも、他人との強い共感の絆のほうがはるかに大事なのでしょう。つまり、青年期によく見られる、豊かな深い友情と、それにふさわしい信頼と分かち合いが何より大事と考えています。ただ、相互理解という個人的な絆を共有できない人とうまくやるのは難しいようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

6日生まれの人は、ナンバー6と金星に支配されています。ナンバー6に支配される人にとって、愛は人生最大のテーマ。また、金星は美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴でもあるため、6日生まれは、愛情や尊敬の対象となります。

7月6日は、蟹座を支配する月の影響も受けます。月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。

これらの性質を受ける7月6日生まれは、金星と月の性質が女性的であるため、受け身になりがちです。また、女性的な要素が強く影響するためか、一人でいることを嫌がり、集団の中にいることで安心感を得られるようです。注意すべきは、誘惑です。とにかく、魅力的な話が来たら、即答は避け、よく考えることが大事です。

愛することで、欲望が満たされるのであれば、それは愛ではなく「エゴ」です。愛することを勘違いしないように。また、愛されることを当たり前と考えていると、いずれ破滅するでしょう。

タロットが導くカード

6日の大アルカナ・カードは恋人たち。このカードは、男性と女性がもつ、それぞれの性質を1つにすることによって、全人類を結びつける愛情をあらわしています。

このカードのもつ良い面は、精神的にも肉体的にも、そして道徳的観点からも高いレベルの愛情や願望。悪い面は、満たされない欲求、感傷、優柔不断などです。

7月6日生まれの人は、影響する「ナンバー6」「金星」「月」「タロット」の特徴すべてにロマンチックな愛が含まれ、不安定な状態になりがちです。注意すべきは、空想に捉われ過ぎること。また、愛や人間関係、美しさなどに対して自制心をもつことが大事です。

健康について

たまには仕事や世間のしがらみから解放される時間が必要です。暇ができたら、自制心を育て、自分を見つめ直すことです。なにごとにも溺れやすいところがあります。ですから、薬の常用などは避けた方がいいでしょう。食べ物や飲み物も、同じものばかりにならないよう気をつけてください。極端なダイエットをして必要な栄養を摂らないのはもっといけません。できれば、バラエティに富んだバランスのいい食事を心がけ、好きだからといって同じものばかり食べるのは止めましょう。

7月6日生まれの方へ

先に進み続けることを頭におき、新しい経験や変化にも柔軟に対応しましょう。自制心と洞察力を働かせて、悪癖に溺れそうだったり、危険をはらんでいたりする誘惑は断固、退けてください。リラックスして愉快に快活に過ごすよう努めてください。

【瞑想の言葉】

私は2本の線の交わる点

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link