7月5日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月5日【かに座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

7月5日生まれの人は、退屈している暇がありません。次から次へと興味の対象が変わります。一口かじって味を試したら、もう次へ行くといった具合です。人生における変化やきらめきを愛し、人、話題、カラーコーディネート、風景など、接するものは何でも奇抜なものが大好き。このため、体も精神も常にフル回転で、魅力をふりまき、周囲の人々の心を掴みます。


Sponsored Link


7月5日が導く運勢

【ショーマンシップに恵まれたカリスマ】

チャンスに敏感なだけでなく、自分から積極的に追い求めていく人です。巧みな説得力をもっているので、その才能を悪用しないように気をつける必要があります。常にそうだとは限りませんが、カリスマ性がありパワフルなので、周囲の人々をグッと引きつけ、熱狂の渦に巻き込んでしまいがちです。

人生に重大な局面が訪れたときは、あふれるエネルギーをコントロールして才能を発揮する手助けになるような、しっかりしたパートナーや仕事を見つけることが、最重要課題となるでしょう。

【長 所】

  • エキサイティング
  • 人の興味をひきつける
  • 想像力に富む

【短 所】

  • 気まぐれ
  • あてにならない
  • 不安定

心理/性格

思春期の頃は、特に扱いにくく奔放になるでしょう。はちゃめちゃな人間関係、しょっちゅう変わる趣味の対象、不安定な成績、行き当たりばったりな行動、などなど。それと同時に、想像力を縦横無尽に働かせ、ワクワクするような夢や空想を紡ぎ出します。このときに思い描いた夢や空想こそ、のちの人生の成功や失敗の原点になります。成功するには、それらを実現の方向へもっていけばいいのです。しかし、大それた夢だとおじけづいて、実現させようという勇気をもてなかったら失敗です。そうなると、自分だけの夢の世界に引きこもり、やりがいを感じられないような平凡な仕事につくことになるかもしれません。

ただし、退屈で決まりきった仕事をするようになっても、趣味の世界など余興の部分で創造力を発揮する場合があります。基本的に、はつらつとした華やかな人なので、友人や同僚を大いに楽しませます。着実さを身につけ、才能やエネルギーを無駄遣いしないよう努力することが課題といえそうです。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蟹(かに)座(6月22日~7月22日)の特徴

蟹座は、人の一生を星座の12期に分割すると第4期(21歳~28歳)に当たるため、人生を理解するための手段でもある、内省を身に付ける時期の星座と言えます。いうなれば、大人になったばかりの細やかな感情の発達の時期が蟹座です。
この蟹座は、深い感情と防御と家庭をあらわし、初めて子供を持つことで、強い保護本能が引き出されます。

月に支配される蟹座は、きわめて個人的な感情と潜在意識に関係します。月の作用で潮が満ち引きする海が、散漫な感情の世界をあらわすとすれば、蟹はそれらの感情が一つの存在のうちに結晶したものといえるでしょう。つまり、蟹の甲羅の中には、極度に敏感な内面が隠されているのです。

甲羅に守られて、時機を待つことを知っている蟹ですが、だからといって蟹座生まれの人を受け身の人間だと考えるのは間違っています。欲しいものを手に入れるためとなればきわめて積極的です。しかし、どちらかというと自分で要求するよりは、他人が自分の願望や繊細さや変わりやすい気分を察してくれることを期待します。理性や論理よりも、他人との強い共感の絆のほうがはるかに大事なのでしょう。つまり、青年期によく見られる、豊かな深い友情と、それにふさわしい信頼と分かち合いが何より大事と考えています。ただ、相互理解という個人的な絆を共有できない人とうまくやるのは難しいようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

5日生まれの人は、ナンバー5と水星に支配されています。ナンバー5に支配される人は、辛いことがあっても長くは落ちこまず、すぐに立ち直るでしょう。水星は、頭の回転の速さや目まぐるしい変化をあらわします。

7月5日は、蟹座を支配する月の影響も受けます。月は、内省的な性質をもち、夢の世界、無意識、強い感情などを象徴しています。

これらの性質を受ける7月5日生まれは、物事を大げさに考え過ぎたり、自分の考えやスタイルをクルクル変えたりしがちです。また、月の影響を強く受けるので、ナンバー5のポジティブな性質が打ち消され、ガッカリするようなことがあったり、失恋したりすると心が深く傷つき、なかなか立ち直れないかもしれません。

タロットが導くカード

5日の大アルカナ・カードは祭司。神聖な秘密を明かす存在であり、人間の知恵と信仰の象徴です。祭司は奥義に通じ、目に見えないものを支配しています。

このカードのもつ良い面は、自信と洞察力。悪い面は、他者への説教、誇張、独断です。

健康について

食べ物の好みが一風変わってます。まさに「蓼食う虫も好き好き」。好きにさせておいても、必要な栄養はちゃんと摂る人が多いので大丈夫です。食べ物の色合い、食感、外見について奇抜なものを好みがちです。本人は健全に楽しんでいるのですから、傍であれこれ心配することはありません。食べ物以外にも変わった趣味がありそうですが、健全とはいえ、そのせいで精神が不安定になるようでは考えものです。遊び心のあるゲームやスポーツで体を動かすとよいでしょう。

7月5日生まれの方へ

想像の世界を独り占めしないで、他の人とも分かち合いましょう。そうすれば、家族や友人も毎日楽しくなるはず。理解してもらえなくてもへこたれず、続けていくことが大事です。

【瞑想の言葉】

心を大きく解き放とう。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link