10月29日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月29日【さそり座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

10月29日生まれの人は、家族や友人に対して非常に面倒見がよく、理解があります。いつも大切な人を守り、家族に対しても細やかな心配りを見せるでしょう。しかし、好きな人に対しては愛情や配慮を見せ、それ以外の人には、冷たい態度をとりがちです。この、あからさまな態度のおかげで、自分自身のみならず、家族をも世間から孤立させる恐れがあります。家族を守りたいのであれば、見ず知らずの他人に対しても親切に接することが大事です。


Sponsored Link


10月29日が導く運勢

【新しい発想の考案者】

どんな分野に携わっていても、自分の仕事に新しいアプローチや斬新なアイデアを取り入れようとします。そして、より良い方法を見つけることが喜びでもあります。建設、インテリ、会社員、工場勤務など、どんな立場の人でも論理的で、組織への適応力があり、特に、その組織の考案者が自分であるときは非常に良く働くでしょう。大抵の場合、周到にプランを練り、必要に応じて再考を重ねます。この準備の周到さと、適材適所に配置する力が、成功を約束する大きな要因になるでしょう。

【長 所】

  • 説得力がある
  • 徹底している
  • 影響力が大きい

【短 所】

  • 夢中になって我を忘れる
  • 打ち解けない
  • 隠し事をしたがる

心理/性格

男女を問わず政治に関心を寄せ、家庭、社会組織、国などの機能に興味を持ちます。そのためか、権力がどういうものなのか、それをどう行使すべきかに関心を抱きます。ただし、権力を求めすぎると、同僚や部下から怒りや反感を買うことにもなりかねません。あまりに完璧な権力や権威を求めると自滅する恐れがあります。周囲の人には、謙虚に接することが大事です。

初対面で強烈な印象を与えるにはどうすべきか、また、自分のほしいものを手に入れるにはどうすればよいかを本能的に知っています。その能力の使い道しだいで、周囲の人々に様々な印象を与えます。愛する相手を翻弄したり、支配者としての立場を悪用したりなど、能力の使い方には注意しなければなりません。魅力的で、他人を説得するのが上手なことを利用して、横柄になったり、盲目的な野望にとらわれたりしないよう注意する必要があります。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

蠍(さそり)座(10月23日~11月21日)の特徴

蠍座は、人の一生を星座の12期に分割すると第8期(49歳~56歳)に当たります。このため蠍座の人は、落ち着いた中年の力が働き、周りの人の人生を指導し支配する能力を備えています。この能力は、職場の長となったり、創造の頂点を極めたりすることも含まれます。ただし、過剰な支配欲や固執した考えなど、周囲への配慮に欠けた執着には要注意です。

重苦しく激しい印象のある蠍座は、暗黒の惑星である冥王星に支配されることもあり、「裏切り者」「陰険」「淫乱」など不当なレッテルを貼られ、評判の悪い星座と思われがちです。
しかし、実のところ、この星座に生まれた人は、無意識の世界に深い関わりがあり、死と再生のテーマによって、ダイナミックな生を与えられているのです。

このため、蠍座生まれの人は「力強さ」「性的な魅力」「宿命的で深みのある面」などが強調されます。また、副支配星に火星をもつため、ダイナミズムと指導力、そしておそらくは闘争性も付与されます。ただし、基本姿勢は生真面目で、ことさらに対立を求めず、家族や身を守るとき以外に、蠍の針を使うことはないでしょう。

蠍座生まれの人は、人生の深刻な側面や悲劇的な性質を本能的に理解しています。そのため、「楽観的なプラス思考」「万能薬」「楽観論」「皮相的な態度」「金ピカ趣味」などを、うさん臭いと感じて疑いの目を向けます。その一方では、ユーモアのセンスに優れ、人生の皮肉に対して大人っぽい理解を示します。また、その気になれば人との接触を断ち、重大な問題を果敢に処理する力を発揮するでしょう。ただ、苦悩をともなう困難なプロセスを通じて、気質や性格が変化しやすく、周囲が困惑することもあるようです。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

29日生まれの人は、ナンバー2(2+9=11➡1+1=2)と月に支配されています。ナンバー2に支配される人は、良き同僚、良きパートナーとなりますが、リーダー向きではありません。また、月の支配を受けることで、協調性は強くなりますが、自分で物事を決め行動する気持ちが抑圧されます。

10月29日は、蠍座を支配する冥王星の影響も受けます。冥王星は金と権力をつかさどり、人生を支配する非情な力や出来事をあらわします。また、月と冥王星の組み合わせは、人間の否定的な面に対する洞察力に優れるため、周囲の反対意見や不都合をいち早く察知し、用意周到に計画する能力があります。

これらの性質を受ける10月29日生まれは、周囲の人々と同調することで絆を深めようとするため、基本的にイニシアチブを取ったり個人的な行動を優先させたりすることはなく、組織の一員としては理想的な人です。その一方で、属する組織に不満が募ると、冥王星の強いエネルギーが表面化し、リーダー的存在になる場合もあります。しかしこの場合、表立ったリーダーではなく、陰で支えるご意見番的な存在になるようです。

タロットが導くカード

29日の大アルカナ・カ-ドは女祭司。玉座につき、冷静で何事にも動じない姿が描かれています。女祭司は秘められた力や謎を超自然的な能力で解き明かし、その知識をもって人間に力を授けます。

このカードがもつ良い面は、沈黙、直観、慎み、思慮分別。悪い面は、誰にも打ち解けず、人を信頼しないこと。また、すべてに無関心で、ものぐさなことです。

健康について

新しい健康法に興味をもつことが多いようです。しかし、一時的なブームやいかがわしい健康法には要注意。時間やお金の無駄遣いであるばかりか、自分自身や家族にも害を及ぼすかもしれません。信頼できる従来の療法を守る方がいいでしょう。

食事に関しては、食わず嫌いの食材も多々あるようです。各種の美味しい料理や変わったものを試して、好みの幅を広げるといいでしょう。運動は他人と競う必要のない、中程度のものがおすすめです。(もちろん、スポーツマンやプロの運動選手はこの限りではありません)

秘密主義の傾向があるため、周囲の人々には動機がつかめず、真意を測りかねることもあるようです。もう少し、オープンに、想いをはっきりとさせたほうが、気持ちが楽になりストレス軽減にも有効です。

10月29日生まれの方へ

あまり欲張りすぎないことが肩の荷を下ろすコツです。分かち合うことの大切さを学びましょう。他の人の話にも耳を傾けて、なるべく希望にそうようにしてあげること。心を開きましょう。自分の殻に閉じこもるのは時間の無駄です。

【瞑想の言葉】

人それぞれが信じるものを尊重し、大切にしよう。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link