2月24日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月24日【魚座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

2月24日生まれの人は、純粋な生き方を求めて、自分の欲望を抑え消し去ろうと考えます。ここで問題なのは、欲望という言葉に恐れて自分を偽ってしまうことです。しっかりとした目標が見えない時の、漠然とした夢や希望を欲望と思ってはいけません。また、欲望を消し去ることなど不可能です。この考え方ができないと、仕事や恋愛などで起こる不運は、自分を高めるための試練として、また避けられない運命と信じ、すべてを諦めてしまうようです。注意しなければならないのは、醜い欲望です。


Sponsored Link


2月24日が導く運勢

【犠牲がつきまとう人生】

人生の中心となるテーマは犠牲です。このため、両親の期待やパートナー、家族の希望などを優先し、自分の欲求を後回しにすることも多いでしょう。また、犠牲というテーマが抽象的、あるいは哲学的な次元になることもあり、人生をあるがままに受け入れて、自分のエゴを犠牲にするという例も見られます。

これが最善の形で現れると、真の意味で利己心を捨て、万人のために尽くしたいと考えます。こうなると、大きな目的を達成するために、グループの意向で自分を犠牲にしたとしても、その時抱く気持ちは、至福の喜びとなるでしょう。

【長 所】

  • 気前がいい
  • あけっぴろげ
  • 人の意見を素直に受け入れる

【短 所】

  • 自分のことだけに夢中になる
  • わがまま
  • 変化に乏しい

心理/性格

義務感から犠牲になった場合、強い道徳観や倫理的な信念から行動したにもかかわらず、自分のエゴを抑えたフラストレーションから深い恨みを抱くかもしれません。長年にわたって蓄積されてきたこのようなフラストレーションがある日突然爆発し、自分に課せられた責任を拒否することもありえます。このような事態にならないためには、自分の信念や願いと可能な妥協点を探りながら全体の利益を図り、親や社会を喜ばせる方法を探すことが大切です。

とりわけ自分の願いを明確にし、理解しようと努めることが大事です。妥協しすぎたり、理想からかけ離れたものを受け入れてしまったり、自分の才能に見合わない自己イメージを抱いたりすると、ネガティブな見通しや自己満足によって将来が捻じ曲げられてしまう危険があります。

妥協することに慣れてしまうと、いつの日か再び生活をコントロールしたいと思っても、それを実現するのは難しくなります。大きな犠牲を払う前に、意志の力や決然とした行動力を養う必要があります。着実に前進したいのであれば、弱者としてよりも、強者としての立場を目指した方がいいでしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

魚座(2月20日~3月20日)の特徴

魚座は、人の一生を星座12期に分割すると、最後の第12期(77歳~84歳)に当たります。この、魚座のパーソナリティは、地上の執着から離脱し、宇宙と一体化する精神によって特徴づけられます。

魚座は宇宙の至高の力への深い信頼をあらわします。魚座の2匹の魚は、宇宙の大海原を自由に泳ぎまわっています。これは友情の象徴であると共に、人生と物事の本質を深く洞察する能力を示しています。魚たちは深みに潜り、そこに隠された究極の謎を探ります。

海王星に支配されることから、魚座の人は夢想的でスピリチュアル、また非常に情緒的な性質を付与されています。実用的というよりは、むしろ抽象的な思考や体系を理解し、表現する能力に優れているのです。そのため、夢想家と呼ばれることもありますが、その想像力をもって人類のために働けば、大きな貢献を成すことでしょう。

魚座の人は所有物を気軽に分け与え、親密な友情と愛情を大切にする点で際だっています。その半面、1人で過ごす時間が重要であり必要な人です。ですから、隠遁者(いんとんしゃ)や一匹狼となって世間から遠ざかろうとする癖もあります。また、感受性がきわめて鋭いため、人と気楽に付き合うことができません。しかし、その感受性の強さから、優れた記憶力を持つ人が多いようです。

基本的に献身的であるため、宗教に限らず、その他の信念・信条に関しても、心からの信奉者となる素直さがあります。また、他人の苦難に対して敏感に共感するため、不運な人を見ると、つい同情してしまいます。したがって、他人からやたらに面倒を押しつけられたり、黙っているのをいいことに利用されたりしないよう注意する必要があります。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

24日生まれの人は、ナンバー6(2+4=6)と金星に支配されています。ナンバー6に支配される人は、愛が最大のテーマになるため、愛情や尊敬の対象となります。
金星は社交をつかさどる惑星です。また、美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴でもあります。

2月24日は、魚座を支配する海王星の影響も受けます。海王星は、想像、夢、神秘的な現象をつかさどり、知的で深みがありますが、まわりくどく、態度がハッキリしないところもあります。ただ、不思議と人を魅了し、どんな垣根も取り払うことが出来ます。

これらの性質を受ける2月24日生まれは、海王星と金星の組み合わせにより、極端にロマンチックになりがちで、それが人を惹きつける魅力になるでしょう。一方で、人の良さにつけこまれる、危うい面があります。また、賞賛を得たいという気持ちも強いようですが、この気持ちを自制しなければ、社会の現実に対する意識を弱め、いずれ破たんすることになるでしょう。
注意すべきは、「愛」を勘違いしないこと。犠牲になることで、賞賛を得ることよりも、いざという時のために、人知れず努力することが大事です。

タロットが導くカード

24日の大アルカナ・カードは恋人たち。男性と女性がもつ、それぞれの性質を1つにすることによって、全人類を結びつける愛情をあらわしています。

このカードのもつ良い面は、精神的にも肉体的にも、そして道徳的観点からも高いレベルの愛情や願望。悪い面は満たされない欲求、感傷、優柔不断などです。

健康について

一見真面目な生活を送りそうですが、健康的な生活とは程遠い、思いのままの生活を送りがちです。熱中するあまり、座ってばかりの生活からくる足や循環器系、リンパのトラブルには要注意です。また、食事の内容や量を制限し、感情面をもっと健康的で生産的なものにした方がいいでしょう。

自分を犠牲にしがちな性格と、悲観的な考えを抱きやすいことから、自分や他人に対して恨みや怒りを募らせてしまうこともあり、精神的な面が心配されます。また、愛情関係が最大の生きがいになってしまうこともありますが、自分がそれに依存していることに気付くことが大切です。もし気づかなければ、失ったときのショックは計り知れないものになるでしょう。

2月24日生まれの方へ

欲望を消すことで、幸運が訪れると思うのは大きな間違いです。欲望も将来の夢も、根本は同じことです。ただし、人生の落とし穴を避けるためにも、自分の長所を伸ばし、できるだけ客観的に自分を見ることが大事です。

本来の自分を守りなさい。他人の提案や希望にやすやすと応じてはいけません。自分の才能や意志の力を養うこと。エゴをくすぐる誘惑に負けては駄目です。

【瞑想の言葉】

悲劇は往々にして愛という名のもとに生まれる。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link