12月2日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月2日【射手座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

12月2日生まれの人は、物事を判断する基準が、良くも悪くもかなり極端です。厳しく値踏みし、誠実なものに対しては正しい評価を下します。しかし、評価できない相手には悪意さえ抱きかねず、激しい怒りをぶつけます。この性格が災いし、周囲の賛同や忠誠を得るため、がむしゃらに行動し、自分も周りも傷つけてしまうことがあります。
自分こそ正しいという思い込みが捨てられず、間違っていても過ちをすぐに認めることが出来ない人です。


Sponsored Link


12月2日が導く運勢

【非凡な精神の持ち主】

非凡な精神の持ち主です。たとえ体が小さくても、周囲に及ぼす影響力は絶大。第一印象では、とてもそんな感じはしませんが、行動し始めると精彩を放ちます。まさに魔法か何かを使っているようで、その影響力に接した人はクラクラしてしまうほどです。

心の底では人間を信頼しているのが一番の特徴です。万華鏡のように変化に富んだ人間の感情、行動、思考、感覚など、すべての人間がもつ心理や性格に魅了されている人です。ですから、人はいつでも変われると信じています。

【長 所】

  • ダイナミック
  • 頭脳明晰
  • 人間味がある

【短 所】

  • 怒りっぽい
  • 黒白をつけたがる
  • 人を操りたがる

心理/性格

本人も強い個性を持っていますが、尊敬する相手の強い個性には崇拝の念さえ抱きます。羊のように従属的な人ではありませんが、力強い性格や理想を掲げる存在にはすっかり参ってしまうようです。

崇拝の対象は生命そのもの。それは、信念にあふれ、目標達成に向かって果敢に挑戦し続けている生命です。そのため、主義主張は滅多に撤回せず、逃げることを潔しとしない人です。ただし、挑戦されれば受けて立ちますが、決して攻撃的な性格ではありません。また、自分が卑怯な行動や、品格を失うような振る舞いをしたと気づいたら、ひどく後悔するでしょう。自責の念を持ちやすいのも特徴です。

人生の戦いで自分が勝利者になるべきだと信じています。ただしそれは、幸福を獲得するためばかりでなく、人間としての価値をかけて戦っているのです。そのため、人間の個性を尊重し、人を信頼し、その誠実さを高く評価されたいと願っています。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

射手座(11月22日~12月21日)の特徴

射手座は、人の一生を星座の12期に分割すると第9期(56歳~63歳)に当たります。この年齢から得られる、射手座のパーソナリティは、家族や仕事の責任を離れて、個人的または普遍的な関心事に専念し始める有力な大人に例えられます。また、巨大な惑星である木星に支配される射手座は、人間精神における鉄人的な態度(何ものにもとらわれない楽天的なところや細部にとらわれずに全体が見られる能力)の増大を象徴します。

射手座のシンボル射手は、半人半馬の賢者ケンタウロスです。射手座の哲人が放つ矢は、ものごとの核心を射貫くことで、人間を高い精神に引き上げ、星の世界までも連れて行きます。この射手座の精神世界は、目標を遠くにおきすぎて、挫折することもありますが、一方で、人が下劣な卑しい行為に陥ることを防ぎます。

射手座を支配する木星のエネルギーは、本人だけでなく他人にも、物事の良い面を見るようにしむけます。また、木星から豪放さや楽天性、全体像を見ようとする欲求などが与えられます。ところが、理想主義的な意見が災いして論争に巻きこまれることもあります。
射手座生まれには、より高い真実を求めて現実社会の価値観を否定するところまで行ってしまう人も少なくありません。自分と異なる信念をもった人をあまり非難しないよう気をつける必要があります。

射手座生まれの人が移動と旅行を好むことはよく知られていますが、居心地がよければ、同じ場所に留まって、思索の世界を探求することに満足することもあります。基本的に、退屈することは滅多になく、常に新たな自己表現の方法を求めています。また、世界をもっとよく知ろうと努めますが、人間が見習うべき理想として、自然や動物に特別の関心を示すでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

2日生まれの人は、ナンバー2と月に支配されています。ナンバー2に支配される人は、良き同僚、良きパートナーとなり、仕事や人間関係を円滑にするでしょう。しかし、月の影響を受けることで、主導権や自主的な行動が抑制されるため、リーダー的な存在にはなりにくいようです。

12月2日は、射手座を支配する木星の影響も受けます。木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的です。この性格は、問題を解決するための方法を建設的に検討し行動する力を後押しするでしょう。

これらの性質を受ける12月2日生まれは、自分より強い性格の人の影響を受けると、月のもつ思慮深く受動的な性格が強まります。ただ、このことが影響し、進むべき道から逸れてしまいがちです。とにかく、評価を気にせず、素直に考えて行動することが大事です。間違っている答えに、いつまでもしがみつかないこと。

ちなみに、兄や姉がいる12月2日生まれの場合、自己を確立するのに苦労するかもしれません。自分なりの考えを身に付ける前に、常に兄や姉の意見を聞き判断を任せようとする癖がつきやすく、なかなか自立できない恐れがあります。

タロットが導くカード

2日の大アルカナ・カ-ドは女祭司。玉座につき、冷静で何事にも動じない姿が描かれています。女祭司は秘められた力や謎を超自然的な能力で解き明かし、その知識をもって人間に力を授けます。

このカードがもつ良い面は、沈黙、直観、思慮分別。悪い面は、誰にも打ち解けず、人を信頼しないこと。また、すべてに無関心で、ものぐさなことです。

健康について

自分が健康だと思えれば何の心配もないでしょう。それでも、信頼のおけるかかりつけの医師のもとで、毎年健康診断を受ける必要があります。静脈のトラブルには要注意。特に心臓や下肢の血管の障害は、後で静脈瘤になる恐れもあります。小さな問題(感染症や頭痛、胃痛、そのほか軽い痛みなど)は治療もしないまま放置しがちです。我慢せず病院へ行きましょう。

料理に興味をもち、食欲をコントロールして、食生活のバランスを摂りましょう。過激な運動は避け、軽く体を動かすのがいいようです。睡眠は精神の健全さを保つため非常に大切です。この日生まれの人には、夢見る時間がたっぷり必要なようです。

12月2日生まれの方へ

癇癪(かんしゃく)を起こさないように。相手に何を言われても、勝つことがすべてではありません。本当に自信があれば、誉められたいという欲求は少なくなるものです。白黒ハッキリつけようとしたり、すぐに人を責めたりするのは止めましょう。まず、自分の欠点や弱い分部を知ること。

正しいものと正しくないもの、本当に意味があるものと幻想にすぎないものの区別をつけることが大事です。これは、ときに辛く複雑な人生において、最初に考え、そして絶えず自分に課すべきことと心得てください。

【瞑想の言葉】

本当に偉大なものは、一番、目につかないところにある。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link