12月1日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月1日【射手座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

12月1日生まれの人は、率直にものを言う人ですが、言葉だけでなく、行動に移すこともためらいません。その自由な行動は、目をキラキラ輝かせて無邪気に振舞い、周囲を味方につけてしまいます。しかしながら、体裁をつくろわず、気の向くままに社会規範を破り、礼儀を軽ろんじることが多々あるようです。特に、人生の深刻な問題に直面しているときに、その傾向が強いようです。
自分自身の性格を把握していなかったり、自分のしていることの意味を理解していなかったり、何か自分では抑えきれない力に突き動かされているかのような人です。


Sponsored Link


12月1日が導く運勢

【自由な魂】

あまり長い間、同じ仕事をしていると負担になり、精神面に深刻なダメージを請ける恐れがあります。ずっと檻に入れられていた獣は、野生の自由な本能を失ってしまいます。出来るだけ、自分を表現できる自由な環境に身を置くことで、いい仕事が出来るようです。ただし、良識のない振る舞いが許されないことも学ばなくてはなりません。あまり率直になり過ぎないようにして、手の内をすべて見せてしまわないほうがいいでしょう。

【長 所】

  • ウキウキしている
  • 外交的
  • エネルギッシュ

【短 所】

  • 消耗しやすい
  • 見当違いをしやすい
  • 不注意

心理/性格

自由な魂の持ち主でが、会社など、組織のために働く能力も十分あります。ただし、ここぞというとき自分で決定を下し、仕事を進めるほうが力を発揮できる人です。

何を考えているのか、傍目にはすぐわかるので、深みのない人間だと思われることがあります。しかし、そうではありません。性格は複雑で難解。ただその表現(大抵ユーモアに富んでいます)が、周囲の人間にわかりやすいというだけです。

このままで大丈夫だろうかと、本人でさえ疑問に思うことがあるかもしれません。しかし、独特の精神構造とはいえ、当人にとってはうまく機能しているようです。

気前がよく、自分の持っているものを周囲の親しい人と分かち合いたいと考えます。そのため、金銭面だけでなく、誰かと一緒に過ごし、手助けをすることを喜びに感じる人です。

異性に対して軽薄そうに見えます。しかし、それは必ずしも深刻な問題ではありません。愛嬌を振りまいていても、特別な人への深い愛情はきちんと持っている人です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

射手座(11月22日~12月21日)の特徴

射手座は、人の一生を星座の12期に分割すると第9期(56歳~63歳)に当たります。この年齢から得られる、射手座のパーソナリティは、家族や仕事の責任を離れて、個人的または普遍的な関心事に専念し始める有力な大人に例えられます。また、巨大な惑星である木星に支配される射手座は、人間精神における鉄人的な態度(何ものにもとらわれない楽天的なところや細部にとらわれずに全体が見られる能力)の増大を象徴します。

射手座のシンボル射手は、半人半馬の賢者ケンタウロスです。射手座の哲人が放つ矢は、ものごとの核心を射貫くことで、人間を高い精神に引き上げ、星の世界までも連れて行きます。この射手座の精神世界は、目標を遠くにおきすぎて、挫折することもありますが、一方で、人が下劣な卑しい行為に陥ることを防ぎます。

射手座を支配する木星のエネルギーは、本人だけでなく他人にも、物事の良い面を見るようにしむけます。また、木星から豪放さや楽天性、全体像を見ようとする欲求などが与えられます。ところが、理想主義的な意見が災いして論争に巻きこまれることもあります。
射手座生まれには、より高い真実を求めて現実社会の価値観を否定するところまで行ってしまう人も少なくありません。自分と異なる信念をもった人をあまり非難しないよう気をつける必要があります。

射手座生まれの人が移動と旅行を好むことはよく知られていますが、居心地がよければ、同じ場所に留まって、思索の世界を探求することに満足することもあります。基本的に、退屈することは滅多になく、常に新たな自己表現の方法を求めています。また、世界をもっとよく知ろうと努めますが、人間が見習うべき理想として、自然や動物に特別の関心を示すでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

1日生まれの人は、ナンバー1と太陽に支配されています。ナンバー1に支配される人は、たいへん個性的。また、他人の意見に耳を貸さず、何が何でもトップになりたいという気質の持ち主です。一方、太陽は、創造エネルギーと情熱を象徴し、人々に活力を与える存在です。しっかり方向を定めて、力を継続して使うことが大事です。

12月1日は、射手座を支配する木星の影響も受けます。木星は拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的です。この性格は、問題を解決するための方法を建設的に検討し行動する力を後押しするでしょう。

これらの性質を受ける12月1日生まれは、贅沢な生活を好むようです。贅沢が出来るほどに努力することは決して悪い事ではないのですが、経済的に豊かになるほど、気位が高く厚かましい性格になるようです。いつでも初心を忘れず事に当たることが大事です。また、裏付けのない、過信からなる突発的な行動に要注意。

タロットが導くカード

1日の大アルカナ・カードは魔術師。知恵、コミュニケーション、情報、そして魔力をあらわしています。魔術師の頭上には、無限大の記号。タロット・デッキによっては、帽子や光輪が描かれることもあります。一説には、魔術師は終わりなく巡り続ける生命の性質を知り、それによって力を得ていると言われています。

このカードがあらわす良い面は、鋭い洞察力と他人の扱いがうまいこと。また、日和見主義や、何をしても良心の呵責を感じないなどの悪い性質も示されています。

12月1日生まれの人は、富と名声を得るか、それとも内面を掘り下げ才能を伸ばすか、2つの選択肢があります。ただ、いずれも成功するには、豊富な実戦経験が欠かせません。解説者気取りで、日和見しているようでは、せっかくのチャンスを逃すことになるでしょう。

健康について

力を使い果たし、燃え尽きてしまわないよう注意が必要です。休息を取らなければ、遅かれ早かれそうなるでしょう。神経衰弱、頭痛、背中の痛み、ホルモン障害などの症状が現れたら、体を酷使していることへの警告です。

女性は体重の増加(臀部(でんぶ)と大腿部(だいたいぶ)に現れます)で悩むでしょう。男性は疲労のあまり、やつれることがあります。どちらの場合も、バランスの取れた健康的な食事が大切です。それには、美味しくて健康的な食べ物を見つけるのがポイント。また、あまり過激にならない程度に体を動かす習慣をつけましょう。

12月1日生まれの方へ

エネルギーの使い方をよく考えましょう。真の自由とは、自分を理解することで得られるもの。率直すぎる言動は、人を遠ざけてしまいます。駆け引きを覚え、もう少し慎重に。何事も諦めてはいけません。

真面目に受け止めてほしければ、自分が周囲からどれほど信頼されているか、もう少し考えてみる必要があるでしょう。

【瞑想の言葉】

人生ではシンプル・イズ・ベスト。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link