1月14日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月14日【山羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

1月14日生まれの人は、一度こうと決めたら、あくまでそれを貫きます。情に流されず、それが自分の義務だと思えば、妥協することなく徹底的に責任を果たそうとします。一方で、一致協力することが大切だと考えていても、協力するかどうかは個人の自由だと考えています。このため、自分から強い支配者になろうとは考えません。基本的に、リーダー的資質はありますが、自分には責任が重過ぎると考えれば、無理にリーダーになろうとはしないでしょう。


Sponsored Link


1月14日が導く運勢

【人生の統合にこだわる人】

生活や仕事の様々な要素を調和させ、ひとつに統合します。細部にこだわる人とは対照的に、きちんと系統だて全体像を捉えることができる人です。また、精神力が強く、人生の様々な糸を力強く編み上げ、立派な布に仕立てます。

我が道が正しいと信じればとことんそれに従います。そうした行動が実りをもたらしますが、それと同時に反感を招くことは百も承知の上で、社会のルールをあえて無視する危険なところがあります。

【長 所】

  • 負けじ魂がある
  • 勇気がある
  • 組織に順応できる

【短 所】

  • 甘えを許さない
  • 譲ることを知らない

心理/性格

危ない橋を渡るのが嫌いではないため、危険に惹かれるようです。ただし、スリルを味わうことが目的で冒険をすることは滅多にありません。そんな冒険はたいてい自分の生きがいに一途に取り組む過程で否応なしに出会うでしょう。ですから、トラブルの多い波乱に満ちた人生になるようです。

この日生まれの人にとって危険は大きな困難を克服するチャンスであると同時に、死をもたらす試練でもあります。自分に力があることを知りながら、あえて抵抗や障害、フラストレーションを感じさせるものに立ち向かい、さらにそれを試そうとする人です。個人の自由を何より重んじており、必要とあらばプレッシャーに負けずにはっきり意見を述べる貴重な存在となるでしょう。

大きな戦いや賭けによってすべてを失い、助けを求めたときに自分が孤立無援だと悟って失意のどん底に突き落とされることがあるかもしれません。

他人の助けが欲しければ、対人関係や社交にもっとエネルギーを費やす必要があります。たとえ思いやりからではなく損得勘定からであっても、人生の様々な場面で分かち合い、譲り合うだけの知恵を身につけることが大切です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

山羊座(12月22日~1月20日)の特徴

山羊座は、人の一生を星座の12期に分割すると第10期(63歳~70歳)に当たることから、成熟した真面目な大人の時期と考えられています。ですから、倹約、省エネ、慎重なアプローチなどは、山羊座の責任感ある態度の典型です。

山羊座の山羊は、おとなしく草原で草を食べているだけのように思えますが、やがて、より見晴らしのよい地点を求めて山を登ります。この元気な山羊は、「野心」「意欲」「成功への努力」などを象徴しています。

山羊座生まれの人は、土星に支配されることから、真面目さ、責任感、そして制限への欲求が強まり、一見すると保守的に感じられますが、それは必ずしも向上を求めないということではありません。忍耐強く着実に高みを極めようとする人です。ですから、信条として、ゆっくりと丹念に取り組み、途中で投げ出すことは滅多にないでしょう。また、自由意志と自己主張の重要性を忘れることがないため、頂上を極めて、そこに留まる能力もあります。

一方で、権力とその効用について本能的に理解しており、独裁的になりがちです。人に何かを命令するどころか、やり方までいちいち指図し、言うことをきかせるために、圧倒的な知識をひけらかすことも珍しくありません。この、やや神経質な性格のおかげで、物事が容易に運んだり、上手く行きすぎたりすると、かえって疑わしい気持になるようです。

山羊座は非常に多様なタイプが見られるので、性格の判断が難しい星座です。しかし共通しているのは、土星の影響による宿命の感覚です。この感覚は、試練や困難や苦しみさえも、人生に包まれた一部として考え、縁あって巡ってきた、あらゆる役割を受け入れるでしょう。しかし、このような真面目な性格は、変化に対応できる柔軟性を欠くため、間違いや失敗をなかなか認めないところが心配されます。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

14日生まれの人は、ナンバー5(1+4=5)と水星に支配されています。ナンバー5に支配される人は、辛いことがあっても復帰する力が強いため、長くは落ちこまず、すぐに立ち直るでしょう。一方、水星は、頭の回転の速さとコミュニケーションをあらわします。水星は、先読みして行動することを好むため、トランプやマージャン、パズルなどのゲームが得意なこともこの惑星の特徴です。

1月14日は、山羊座を支配する土星の影響も受けます。土星は縮小・制限を意味し、制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。また、責任感が強く、限界を知り、慎重ですが、諦めやすいのが特徴です

これらの性質を受ける1月14日生まれは、あらゆることに耐え得る、潜在的な強い精神力が与えられます。この力は、一つの事だけに集中してしまいバランスを失うこともあるようですが、得るものは大きいでしょう。ただ、失うものも、それ以上にあることを覚悟しなければなりません。失う前に、本当に大切なものを見極めることが大事です。

タロットが導くカード

14日の大アルカナ・カードは節制。14日生まれの人には、バランスと節度が必要です。
描かれている守護天使は人間を守り、心の平穏をもたらします。このカードは自分本意な振る舞いを戒めているのです。

節制のカードがあらわすプラスの面は、燃え上がる情熱を適度に抑え、生きてゆくのに必要な、新しく学ぶべき真実を見極められること。そして、それを生活に活かすことです。
一方、マイナス面は、時代の雰囲気に流されやすく、流行を追って目まぐるしく変化することです。

このカードは、1月14日生まれの人に対して、自分なりの道徳観を確立すべきことを示し、誘惑にとらわれ私利私欲のために道を誤らないよう警告しています。

健康について

頭痛や潰瘍(かいよう)、不眠症その他のストレスからくるトラブルに悩まされがちです。これは頑張り過ぎてしまうのが原因です。また、我が身を危険にさらすことが多いため、怪我や事故に見舞われることもあるでしょう。健康を維持するためにも、攻撃的で争い好きな性格をコントロールしてください。

リラックスして楽しく食事をすること。様々な味の料理を楽しむとよいでしょう。同様に恋愛や夫婦生活においても激しさや情熱だけでなく、感覚的な情緒的なものを求めるべきです。

考え事が多くなりそうです。自動車の運転には十分注意してください。考え事は、散歩など軽度の運動をしながらがおすすめです。

1月14日生まれの方へ

誠実かどうかはあなた個人の問題ではありません。社会的な価値や他人の感情にも目を向け、妥協することを覚えましょう。侮辱や不正に無関心ではいけません。自分の弱さや傷つきやすさを受け入れること。

【瞑想の言葉】

チェスの盤上では、たった一手が勝利への突破口になる。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link