1月13日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月13日【山羊座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

1月13日生まれの人は、自分の考えにこだわる、頑固なところがありますが、決して退屈な人ではありません。徹底してこだわるのは、「裕福になること」「大金持ちになること」「満足すること」「安心感を得ること」です。ですから、退屈な人として生きていくのは無理なようです。

上昇志向というテーマは、この日に生まれた人にとって一種の哲学ともいえます。
広く深いレベルでの自己改善にこだわり、自分ばかりか家族や友人までも教育し、啓発するとともに知識を与えようとします。持ち前の優れた記憶力や楽天主義もこれに一役買うことになるでしょう。


Sponsored Link


1月13日が導く運勢

【安定と上昇を求める人】

高い社会的地位によって安定を得ようと努力します。もちろん、もともと裕福な家に生まれる人もいますが、大抵は出世、権力、安定、権威などを手に入れるため、生涯を費やします。経済的には中流から上流に属しているときが最も充実し満足感を覚えるでしょう。

貧困からのし上がった場合、自分の貧しい過去を非常に嫌います。このため、いったん高い地位を手に入れたら、低い地位に逆戻りするような行動や決断には必要以上に注意を払います。

【長 所】

  • 目標を立てて努力する
  • 誇り高い
  • 自立している

【短 所】

  • 衝動にかられやすい
  • 臆病
  • 孤立しがち

心理/性格

目に見えない大きな不安を抱えるでしょう。常に自分を向上させようとするため、どんなときも自分に満足できない場合があるようです。その結果、あらゆる面で自分が正しいと主張することによって自分を納得させ、自分の弱さや失敗をなかなか認められなくなってしまうことがあります。

これは、自分が完璧だと信じているというよりは、判断力のなさや無知を認めることが自分を貶(おとし)めるように感じられ、受け入れられないためです。誰よりも誇り高いので、他人よりも低い地位に甘んじるのが大嫌い。それが高じて強迫観念になってしまうことさえあるようです。

自分の本来の能力や成功について非現実的になってしまう恐れがあります。他人の意見にあまり耳を貸そうとしないため、ますます自分の判断に頼るようになり、しまいには外部の意見をまったく受け付けなくなることもあるでしょう。こうなると当然ながら孤立しがちになり、友人も減ってしまいます。反対に進んで自分の世界を他人と共有するようになれば、尽きることのない楽天主義が周囲にも広まって、「毎日がパーティのような人生」を送ることができます。無条件に与え、気兼ねなく何かを受け取れるようになることはとても重要です。何よりも自分の本質や人間としての原点を決して忘れないようにすることが大事です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

山羊座(12月22日~1月20日)の特徴

山羊座は、人の一生を星座の12期に分割すると第10期(63歳~70歳)に当たることから、成熟した真面目な大人の時期と考えられています。ですから、倹約、省エネ、慎重なアプローチなどは、山羊座の責任感ある態度の典型です。

山羊座の山羊は、おとなしく草原で草を食べているだけのように思えますが、やがて、より見晴らしのよい地点を求めて山を登ります。この元気な山羊は、「野心」「意欲」「成功への努力」などを象徴しています。

山羊座生まれの人は、土星に支配されることから、真面目さ、責任感、そして制限への欲求が強まり、一見すると保守的に感じられますが、それは必ずしも向上を求めないということではありません。忍耐強く着実に高みを極めようとする人です。ですから、信条として、ゆっくりと丹念に取り組み、途中で投げ出すことは滅多にないでしょう。また、自由意志と自己主張の重要性を忘れることがないため、頂上を極めて、そこに留まる能力もあります。

一方で、権力とその効用について本能的に理解しており、独裁的になりがちです。人に何かを命令するどころか、やり方までいちいち指図し、言うことをきかせるために、圧倒的な知識をひけらかすことも珍しくありません。この、やや神経質な性格のおかげで、物事が容易に運んだり、上手く行きすぎたりすると、かえって疑わしい気持になるようです。

山羊座は非常に多様なタイプが見られるので、性格の判断が難しい星座です。しかし共通しているのは、土星の影響による宿命の感覚です。この感覚は、試練や困難や苦しみさえも、人生に包まれた一部として考え、縁あって巡ってきた、あらゆる役割を受け入れるでしょう。しかし、このような真面目な性格は、変化に対応できる柔軟性を欠くため、間違いや失敗をなかなか認めないところが心配されます。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

13日生まれの人は、ナンバー4(1+3=4)と天王星に支配されています。ナンバー4に支配される人は、何をするにも独特の方法を用い、少し風変わりです。
天王星は独創性や反抗精神、また急激な変化や思いがけない行動をつかさどります。

1月13日は、山羊座を支配する土星の影響も受けます。土星は縮小・制限を意味し、制約を守る意識が高く、思慮分別をもつという特徴を備えています。また、責任感が強く、限界を知り、慎重ですが、諦めやすいのが特徴です

これらの性質を受ける1月13日生まれは、秘密主義、慎重、気性の激しさが強調されます。注意すべきは、募る不信感と激しやすい感情です。感情をうまくコントロールすることが出来ず、他人の人生をかき乱し、自分の生活さえも激変させる恐れがあります。とにかく、うまくいかないからといって疑心暗鬼にならないこと。落ち着いて、周りをよく見て、頼れる人を探し、もう少し先を見て行動しましょう。

ちなみに、13は不吉な数字だと考えられていますが、正確には強い力をもつ数字というべきです。人がその力を賢く使えばいいのですが、その逆なら身の破滅をもたらすような数字だということに要注意です。

タロットが導くカード

13日の大アルカナ・カ-ドは死神。しかし、死神のイメージで、このカ-ドを解釈することは滅多にありません。自分の限界を超えて成長してゆくために、過去に別れを告げることを意味しているのです。

死神とナンバー4の組み合わせは、落胆、幻滅、悲観、憂鬱(ゆううつ)に注意せよと告げています。つまり、このカードは1月13日生まれの人に、マイナス思考に立ち向かうよう示しており、過去の嫌な出来事に惑わされず、未来の明るい展望に期待するよう促しています。

健康について

特に後年、自分の健康に対して神経質になりすぎるようです。肉体的なトラブルを大げさに考えすぎてネットの情報や神秘的な言葉を信じ過ぎてしまう恐れがあります。そのため、奇跡的なことに期待を抱くようになりそうです。定期的な健康診断を受診して医師の診断に従いましょう。

年齢とともに関節のトラブルが多くなるでしょう。運動は柔軟性を保つためにおすすめですが、度を過ごして体を壊さないように注意。食事については、少量を1日数回に分けて取るのがベスト。野菜のほか、新鮮な食材を取り入れることが活力と長寿の秘訣です。

1月13日生まれの方へ

思いやりや寛大さを常に失わないように努力しましょう。気軽にギブ・アンド・テイクができるということは、特に後年になってから健全な精神を保てます。

100%の安定などありえません。絶えず成長し、学び続けましょう。思い切って挑戦し、自ら道を閉ざさないように。疑心暗鬼にならないよう注意。お金がすべてではありません。

【瞑想の言葉】

狂った人にとって正気は狂気。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link